CIMdata 2006 PLM Vendor Forum


PLMスコープの拡大 - サプライヤー・チャレンジを提起
(PLM scope expansion - addressing the suppliers' challenges)


 毎年、私どもは変遷するPLM業界でサプライヤーが直面する最も適切な問題に的を絞っております。2006年度のベンダーフォーラムの焦点は、”PLM scope expansion - addressing the suppliers' challenges(PLMスコープの拡大 - サプライヤー・チャレンジを提起)”とし、業界の課題を共有し、我々の業界が次のレベルにどのように効果的にPLMを提供していくことができるかについて議論する所存です。

 PLMビジョンは企業(間)の総合的な製品ライフサイクルの全領域をマネージメントし、支援にフォーカスします。PLMに関連した投資の急成長の継続は、企業が統合されたPLM戦略のビジネスの価値を明確に認識し、彼らの将来に於ける重要な役割としていることを裏付けるものです。

 PLMが進化・成熟し、その範囲が全製品ライフサイクルを完全にカバーするために更に拡大しています。PLM戦略はデジタル・マニファクチャリング、販売後のサービス、製品ポートフォリオ・マネージメント、メカトロニクス、その他幅広いプログラムに於けるイニシャチブを取り込むために拡大しています。この広がっている範囲はエンタープライズ・コンテンツ・マネージメント(ECM)、カスタマ・リレーション・マネージメント(CRM),サプライ・チェーン・マネージメント(SCM)、エンタープライズ・リソース・プラニング(ERP)などの企業のITベースのイニシャチブへの影響が始まっています。

 PLMスコープの拡大が多大なチャレンジと共にPLMに関連したテクノロジー並びにサービスのサプライヤーに絶好の機会を創っています。新しい競合が異なった切り口で発生しつつあります。例として、非常に的を絞った機能にフォーカスしたソリューションのサプライヤー、PLMにオーバーラップしている分野からのサプライヤー、特定の業種または顧客サイズにフォーカスする既存サプライヤーなどです。この競争の激しいそして競合環境に於いて、PLMサプライヤーは自身の領域と差別化を明確に理解し、効果的な表現をしなければなりません。

 CIMdataの2006年度 PLM ベンダーフォーラムはPLMサプライヤーのチャレンジに対して効果的な戦略の議論を進め、PLM戦略の拡大が皆さんに引き起こすチャレンジのレビューをします。例年のように、PLM市場と動向の状況に於けるCIMdataの展望は、様々な業種並びに地域の市場成長性、主要PLMプロバイダーの業績(収益並びに市長シェア分析)に関した統計を含み、CIMdataの2005年度のPLM市場分析の最初の公開の場であると共に、詳細にレビューされます。

 CIMdataの2006年度のPLM ベンダーフォーラムは本業界のトレンド並びにそこでの利益享受を正しく理解されたい皆さまサプライヤーへの強固なバックグラウンドを提供するものです。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社