Agenda - CIMdata 2005 PLM Market & Industry Forum


日時:平成17年4月26日(火)午前10時から終日(受付開始9時45分)
場所:明神開館 東京都千代田区外神田2丁目16番2号(神田明神境内)

  • State of PLM - PLM市場状況&最新動向(State of PLM - Today's Market and Leading Trends)
    本プレゼンテーションはPLMテクノロジーとサービスのサプライヤーに重大な課題と業界の動向について掘り下げてPLMの現状についてフォーカスします。市場の情勢は、ユーザー企業の投資と、PLMサプライヤー自身の期待するユーザー企業へのPLM領域で彼ら自身のポジションを模索し発展している様々のPLMサプライヤーの双方の投資に於いて明確な拡大を示しています。PLMサプライヤーの増大は、他業種からの主だったサプライヤーの参入、新たな特定領域のサプライヤーの増加、そしていくつかの既存のサプライヤーによる市場の再ポジショニングを含みます。重要課題は、中小規模の企業に於ける関心が増大していること、PLM成功のために「キー」としてユーザー企業は非常に異なる提案での様々なサプライヤーは彼ら自身を置いて行わければならないと言う困難な選択肢の増加です。PLMを統合したビジネスはもはや将来の概念ではありません。それは今日、主要企業の計画のための基本的な核になっています。ここではこれらの動向をレビューし、PLMを他のビジネス・イニシアティブと併合しCIMdataの展望を述べ、PLMソリューションサプライヤーのための新規または拡張されたビジネスの機会を含むPLMの次の2~4年で方向性を述べます。
  • 2004年市場分析結果(ワールドワイド)(2004 Market Analysis Results(ww))
    CIMdataのPLMベンダーフォーラムは伝統的にCIMdataが市場にいち早く我々の年次PLM市場分析の結果を披露するフォーラムとなって来ました。CIMdataのPLM市場分析は、PLM業界の進化と方向性への広範囲で正確な洞察により最高のソースとして長年に渡って認められて来ました。このセッションでは、様々な角度による2004年度のPLM市場の収益分布、PLMサプライヤーが現在サービスをしてる地域や業種の双方のパフォーマンスのレビューを含む様々な見方による2004年度のPLM業界分析を提示し、議論を行います。加えて、様々な見方による主要なPLMサプライヤーのパフォーマンスとポジショニングがレビューされます。
  • 2004年市場分析結果(日本&AP)(Market Analysis Results (Japan & AP))
    ここでは日本を中心にAPの2004年度に於けるPLM市場の収益、市場の成長、地理的また業種、リーディング・サプライヤーの状況について議論します。
  • プラットフォームとPLMの進展 - Platforms and PLM Evolution
    アプローチを可能にしている企業として、PLMは製品定義情報とプロセスに関連したビジネス・ソリューションを実現するための重要なプラットホームになりました。この「エンタープライズ・プラットホーム」は成長を続け、関連企業(Extended Enterprise)の各部分に更に関係して行きます。その結果、他のテクノロジーとコンピューティング環境とPLM関連のソリューションと統合の結合もまた重要性をもって発展しました。来たるべき年度に対してPLM戦略の計画を作成しようとしている会社に重要性が増している2つの主要領域は、次の通りとなります:Microsoftのコンピューティング環境並びにモバイルコンピューティング・サービス&デバイス。このセッションはますます増加している競争的なグローバル環境でビジネスのチャレンジに応ずる統合PLMソリューションのビジネスを更に可能にすることが出来る製品とサービス(彼らのテクノロジープラットフォーム)の開発の進展を述べます。
  • 全体を取り纏めて進める - Pulling It All Together
    PLMの範囲とビジネス領域は、ビジネス必要条件と技術的可能性のため、拡大し続けています。しかし、全社規模のビジネスを統合したPLMがしばしば目的であるとは言え、多くの現行イニシアティブはまだしばしば部門のプロジェクトとして取り扱われ、または独立した投資と扱われ、全体的なPLM戦略から外れます。これらのバラバラの努力は、しばしばPLMの本当の広がりとビジネス上の影響の理解の欠如の結果です。エンタープライズコンテンツマネージメント(ECM)、プロダクトデータマネージメント(PDM)、デジタル・マニファクチャリング(またはマニファクチャリングプロセスマネージメント ― MPM)、プロダクトポートフォリオマネージメント並びにその他広範囲に渡るイニシアティブは、あまりに全体的なPLM戦略の構成要素として明らかに十分理解されていることよりむしろ独立したイニシアティブとしてしばしば争い合っています。このセッションでは全体的なビジネス統合したPLMのアーキテクチャ、その構成要素とそれらが融合する方法、そして独立してバラバラなイニシアティブを通して成し遂げられることができたものよりはるかに効果的な全体的なソリューションに貢献する方法を議論します。
  • 懇親会(Networking Hour - Reception)
  • 担当:
    • ケン・アーマン(Ken Amann, Director of Research, CIMdata)
    • 江澤 智 (Satoshi Ezawa), CIMdata日本代表 (MetaLinc K.K.)
全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社