CIMdata 2005 PLM Vendor Forum


 PLM業界に於ける独立系トップコンサルティング並びにリサーチ組織であるCIMdata(日本代表:メタリンク)は昨年に引き続き、デトロイト(ミシガン)、シュトゥットガルト(ドイツ)、並びに東京に於いて2005年度のベンダーフォーラムを開催します。米国フォーラムは来る3月31日に開催され、欧州フォーラムは4月21日に、東京フォーラムは4月26日に開催します。

 この1日の年次ブリーフィングへの出席は、PLM市場のテクノロジー並びに(または)サービスのソリューションを提供している企業の皆さまに限定したものです。

 毎年、私どもは急速に変遷するPLM業界でサプライヤーが直面する最も適切な問題に的を絞っております。2005年度のベンダーフォーラムの焦点は、我々の業界が次のレベルにどのように効果的にPLMを持っていくことができるかについてです。

CIMdataベンダーフォーラムに出席を薦める理由:

  • 発展するPLM業界の将来の方向や変化が皆様のビジネスにどう影響するかについてCIMdataの見解を得る。
  • 2004年度の市場変動やエンドユーザーの投資決定の主な要因を理解する。
  • 2005年度以降のCIMdataの予測は勿論、2003年度の地域別の投資企業状況、業種別の投資がどのようであったかを知る。
  • 日本市場を中心にアジアに於けるPLMに対して企業がどのようにPLMに投資しているかそしてアジアに於けるダイナミックに拡大するPLM投資の最新の動向は何であるかを知る。
  • エンドユーザー企業に対して貴社が提供するPLMのバリューを高めるための機会を得るために新しくまた発展している注目すべきテクノロジーやソリューションに対する理解を深める。
  • 拡大するソリューションの中、まだ部門単位での投資に成り勝ちであるが、ビジネス上のインパクトは全体的な戦略から成し遂げられることの理解を深める。
  • 本フォーラムの親密な集まりにより参加者間の意見交換を深める。
  • フォーラムの締めくくりのネットワークタイム(懇親会)ではPLMソリューションのサプライヤーとPLMのビジネス動向並びにPLMビジネスについて語り合う機会を持つ。
全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社