2019.6.13:次世代の要件管理ソリューションをAras プラットフォームでリリース


デジタル産業向け業務アプリケーションのためのレジリエント(しなやか)かつ唯一のプラットフォームを提供しているArasは、本日Aras PLMプラットフォームで動作する次世代の要件管理ソリューションを発表しました。 

製品構成や制御システムが複雑化し、対応を求められる規制やコンプライアンスが増加する中、ライフサイクルの全ての段階で全体製品構成の要件を管理できる技術への移行が求められています。要件管理に特化したツールや単一文書での管理では、デジタルトランスフォーメーションには対応できません。必要なのは、異なる要件タイプと関連する設計データ間のトレーサビリティの実現により、早期市場投入を実現し、単一プラットフォーム上で関連する製品構成を管理できる技術です。 

Aras の次世代要件管理ソリューションは、様々なタイプの構造化された再利用可能な要件を管理し、ドメインをまたがったエンドツーエンドなトレーサビリティを構築できます。全てのドメインにおいて、要件とPLMプラットフォーム上で管理される項目や階層構造へのリレーションを構築し保持する機能は、要件管理を行うための画期的な手法です。 

Arasの要件管理により、適時性、コストコントロール及び品質を改善することができ、様々な構成で要件や要素を再利用することができ、製品のライフサイクルにおける全てのドメインのまたがり、個々の要件と複数の設計データ間での双方向のトレーサビリティを行うことができます。 

“単一文書で管理された、サイロ化された要件管理では、今日の複雑な製品やシステムの設計に必要な真のトレーサビリティが可能で、協調的な業務プロセスへ移行することはできません。” Aras社プロダクトマネージメントシニアディレクターPawel Chadzynskiは述べています。”Aras の要件管理アプリケーションはAras Innovator プラットフォームで動作し、この障害を取り除きます。” 

入手方法 

要件管理アプリケーションは11 SP15対応で、サブスクライバーの皆様はAras FTPサイトより入手いただけます。Aras アップデートツールをお使いいただき、本ソリューションをインストールください。 

関連資料 

  • Aras 要件管理 
  • Linking Requirements to Your Product and Engineering Data 

Arasについて 

Arasは、デジタル産業アプリケーション向けのレジリエント(しなやかな)プラットフォームを提供しています。当社は、オープンかつローコードなテクノロジーにより、複雑な製品の設計、製造、保守部門を対象に、柔軟かつアップグレード性を備えたソリューションを迅速に提供しています。Airbus, Audi, GE, GM、マイクロソフト、村田製作所、富士フイルムおよび日立製作所等が当社のプラットフォームを採用し、複雑な変更やライフサイクルにおけるトレーサビリティの構築・管理に投資しています。詳細はwww.aras.com/ja-jp/、Facebook www.facebook.com/ArasPLMJapan、および Twitter @ArasJapan をご覧ください。 

ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社