2019.6.10:Altair、基幹シミュレーションプラットフォームAltair HyperWorksの最新バージョンをリリース


設計、エンジニアリング、製造に関わる
各ユーザーの開発サイクルをさらに効率化

製品開発、ハイパフォーマンスコンピューティング、データインテリジェンスに関するテクノロジーをグローバルに提供するAltair(Nasdaq:ALTR)は、本日、シミュレーションおよびAI主導型製品開発プラットフォームの最新版となるAltair HyperWorks™ 2019をリリースしました。このリリースでは、設計者とエンジニアが単一のオープンアーキテクチャプラットフォームのもとで、すばやく意思決定を行い、開発期間を短縮するためのソリューションに注力しています。また、熟練解析者でもそうでなくても双方がプロダクトイノベーションを効率化できるよう、ユーザーエクスペリエンスと直感的ワークフローの改善・強化も行っています。

Altairの創業者でCEOのJames Scapaは次のように述べています。「我々は、ユーザーの皆様がより多くのアイデアを評価し、設計への理解を深め、収益を改善できるよう支援したいと願っています。そのために、HyperWorks 2019の開発で我々が重点的に取り組んだのは、あらゆる製造法に対応した最適化とマルチフィジックス解析のワークフローによって、製品開発のどの段階のソリューションに対しても、その解析スピードと機能を向上させることでした」 

今回のリリースのハイライトは以下のとおりです。 

  • 【新技術】複雑なアセンブリの高速シミュレーション 
    Altair SimSolid™では、簡略化されていないオリジナルのCADアセンブリを用いて数秒から数分で構造解析を実行できます。従来の構造シミュレーションツールでは数時間または数日間かかるような複雑なパーツや大規模アセンブリでも、SimSolidなら短時間で解析が可能で、設計者やエンジニアの生産性が向上します。
  • 【新製品】習得の容易な疲労寿命予測解析
    新しくHyperWorksに搭載されたAltair HyperLife™は、静荷重や過渡荷重、振動荷重下での疲労寿命を予測し、潜在的な耐久性問題を迅速に解明する習得の容易なソリューションです。直感的なユーザーインターフェースのおかげで、実験エンジニアでも、ほとんどあるいは全くトレーニングを受けることなく、シミュレーションを実行できます。製品の耐久性をわずか数時間で予測できるので、数か月かかる実物試験を補完できます。
  • 【追加統合】マルチフィジックス解析の効率的なワークフロー
     Altair SimLab™は、直感的なワークフローを搭載した、マルチフィジックス問題のためのシミュレーションプラットフォームです。フィーチャーとパーツの自動認識機能により、シミュレーションサイクルが5倍以上高速化します。また、主要なCADツールとの同期機能により、設計探索がより簡単になります。静的解析、動的解析、伝熱解析、流体解析、電磁界解析、流体と構造の連成解析、電磁場と温度場の連成解析など、各種のソルバーを緊密に統合しています。
  • 【新機能】モデリングツールHyperMeshをさらに強化
     HyperWorks 2019は、これまでで最もロバストなAltair HyperMesh™のバージョンを内蔵しています。HyperMeshの新しいモデル構築とアセンブリ用のツールにより、複雑かつ大規模なアセンブリの取り扱いがこれまで以上に容易になり、最も複雑で大規模な有限要素モデルでも忠実に作成できます。新しいパーツやアセンブリを既存モデルに適用して修正したり、多数の構成やメッシュバリアント、パートインスタンスの管理も可能です。また、中央面のダイレクト生成機能では、複雑な鋳造部品や射出成形部品のソリッドジオメトリから、直接シェルメッシュを作成することができます。
  • 【リニューアル】CAEプリポストツールの強化とGUI統合
    直感的で一貫性のあるユーザーインターフェースのHyperWorksプラットフォームでは、Altair Inspire™、Altair Activate™、およびSimLabを先駆けて提供していますが、今回のリリースで、CAEプリポストツールHyperWorks Xが追加されました。HyperWorks Xは、統一されたGUI、深いコマンド配置の撤廃、操作に迷わないよう工夫された様々なガイド、広範囲かつ複雑な課題に対する同一の操作環境など、進化した使いやすさと機能でユーザーを強力にサポートし、意思決定を迅速にします。
  • 【機能強化】OptiStruct最適化および非線形解析機能
    OptiStructを活用して業務プロセスを改善している企業が世界中で増えています。単一のモデルで剛性、強度、疲労寿命など複数の性能を考慮して解析や最適化を実施できるため、解析業務の時間とコストを削減し、設計上の意思決定を迅速に行うことができます。バージョン2019では新しいフリー形状最適化手法の追加など、最適化や非線形解析に関する様々な機能を強化しています。
  • 業界をリードする最適化と物理解析ワークフロー
    Altairは20年以上にわたりジェネレーティブデザイン分野のソフトウェア業界をリードしてきました。HyperWorksは、構造体や機構系、複合材パーツや積層造形パーツの設計を最適化します。HyperWorksを用いて、創造性、効率性を高め、革新的なだけでなく、どのような製法の製品であっても製造性にも優れた設計案を提案できるようになります。

Scapaは次のように説明しています。「HyperWorks 2019は、熟練の解析者であってもそうでなくても、双方のユーザーエクスペリエンスを高めます。今回のリリースでは、弊社の主力製品であるAltair HyperMeshの最新のワークフローが搭載された結果、高度な解析機能がさらに利用しやすくなりました。また、新しく追加された疲労シミュレーションツールAltair HyperLifeは、実験エンジニアにも最小限のトレーニングでご利用いただけるものです。」

詳細については、www.altairjp.co.jp/hyperworks-2019をご覧ください。

図1:設計者、エンジニア、CAE専門家など全員が、直感的で一貫性のある単一ユーザーインターフェースのもとで作業できるようになります。

Altairについて(Nasdaq:ALTR)

Altairは、製品開発、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、およびデータインテリジェンスの分野において、ソフトウェアやクラウドソリューションを提供するグローバル企業です。多種多様な業界におけるお客様が、持続可能な未来を創造しコネクティッドな世界において力を発揮するためのテクノロジーを提供します。詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社