2019.5.7:サンデンホールディングス、グローバルSCM基盤としてSAP S/4HANA(R)を採用決定、SAP HANA(R) Enterprise Cloud上に構築


サンデンホールディングス株式会社(本社:群馬県伊勢崎市、代表取締役 社長執行役員:神田 金栄)およびサンデン・オートモーティブコンポーネント株式会社(東京本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊東 次夫、以下、両社をサンデン)は、欧州地域における自動車向けコンプレッサー製造・販売のサプライチェーンマネジメント(SCM)基盤として、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)が提供する次世代ERPである「SAP S/4HANA(R)」と、そのインフラ基盤として「SAP HANA(R) Enterprise Cloud」の導入を決定しました。

サンデンは、「グローバル力と品質力を基礎に環境をコアにして次の成長を果たす」という経営方針を掲げています。長年取り組んできたサンデン独自の全社的品質改革活動STQM(Sanden Total Quality Management)により築き上げてきた「品質力」と、23カ国・地域、54拠点の「グローバル力」を基礎に、「環境」を軸とした技術開発と社会貢献を目指し事業を展開しています。

今回のプロジェクトの導入は、SAPの自動車業界向けコンサルティング組織のACS(Automotive Consulting Solutions)が支援します。ACSの活用により、欧州自動車メーカー向けテンプレートを用いた迅速な導入が可能となります。今後サンデンは、欧州拠点への導入後、欧州以外の地域においても「SAP S/4HANA」の展開を計画しており、グローバルレベルでSCM最適化に取り組んでいく予定です。

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、43万7000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan

Copyright(C) 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社