2019.4.10:SAP、工場業務をシンプルかつ安全にして生産性を高めるイノベーションでインテリジェントワーカーをサポート


(本リリースは、4月2日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE:SAP)は、SAP(R) Manufacturing SuiteやSAP(R) Startup Accelerator for Digital Supply Chainプログラムによって実現する製造技術のイノベーションについて発表しました。これにはAR(Augmented Reality:拡張現実)やAIを基盤とする管理システム、3Dビジュアル化、無人搬送車などが含まれます。

SAPのデジタルサプライチェーン担当プレジデントであるハラ・ゼイン(Hala Zeine)は次のように述べています。「今日の製造業者は、優秀な人材を惹きつけて快適に働いてもらうと同時に、顧客の期待を上回りたいと考えています。SAPは今回発表した最先端のイノベーションにより、業務をすばやく効果的に行うために必要なインテリジェントテクノロジーを提供します。エクスペリエンス重視のこの時代にスムーズな製造を行うには、人、資産、テクノロジーをうまく連携させることが不可欠です」

SAPの製造実行ソフトウェアを利用すると、オペレーターはスマートデバイスから3Dビジュアルの作業指示にアクセスし、複雑な組立手順を確認できるため、生産量の向上、無駄の削減、納期の遵守を実現します。業務効率の向上にはSAP(R) Digital Manufacturing Cloudソリューションを利用してスーパーバイザーがオペレーターに特定のシフトや作業区に割り当てるようにすることで、スキルと時間を有効活用できるようになります。

一方で、SAP Startup Acceleratorプログラムのスタートアップ企業が製造業務をさらに刷新し、これまでにない手法を生み出しています。4tiitoo社のアイトラッキング技術とKinemic(キネミック)社のリストバンドを用いたジェスチャーコントロール技術により、従業員は意思だけでタスクを実行したり、検査や製造業務をハンズフリーで実施したりできます。Arkite(アーカイト)社はARプロジェクションと3Dセンシングを組み合わせました。この斬新な手法により複雑な組立がシンプルになり、オペレーターにリアルタイムでガイダンスを提供することで、大きな損害につながるミスを最小限に抑えることができます。そして、Serva Transport Systems(ザーヴァトランスポートシステムズ)社の無人搬送車は、情報と物資の移動を加速すると同時に、倉庫から店舗に至るまで製品を適切な場所に適切なタイミングで到着させることができます。

以上

SAPについて

SAPは「cloud company powered by SAP HANA」としてエンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、42万5000の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com

Copyright(C) 2019 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社