2019.2.26:日本特殊陶業、設計プロセスの「見せる化」による業務効率向上を目指しPTC の「Windchill」、「Cero」を採用


PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭、以下PTCジャパン)は本日、日本特殊陶業株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役会長兼社長:尾堂 真一、以下日本特殊陶業)が同社の機械工具事業部において、設計環境とデジタルデータの活用強化による業務効率向上を目指し、PTCのライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアである「Windchill®」と 3D CAD ソフトウェアである「Cero®」を採用したことを発表しました。

日本特殊陶業の機械工具事業部では、切削工具の特殊品の需要の高まりと顧客要求の高度化に対応するため、CreoとWindchillの導入に着手しました。Windchill を核に、製品に関するデジタルデータを製造や販売促進部門にも展開し、IoT/AR を活用した次世代型のモノづくりを確立することも将来的な狙いです。また、Windchill の導入により、全社で推進している「働き方改革」の実現に向け、在宅勤務、出張先、海外拠点などから、安全且つスピーディに製品データを活用できるような試みも進めています。

デジタル時代の新しい働き方を確立

設計は 3D CAD でデジタル化されているにもかかわらず、現状は 2D CAD でわざわざ図面化という「非デジタル化」作業をして図面中心の業務プロセスで運用していました。このため社内の様々な所で情報の再入力が発生しているだけでなく、後工程でデジタルデータの有効活用ができない最大の要因となっていました。また、従来の設計情報管理は 2D 図面しか扱えないため、設計情報管理の仕組みの面でも業務改革の足枷になっていました。

そこで、まず設計情報管理の仕組みを 3D データが正確に扱える Windchill に切り替え、Creo を導入し、今後は 3D 中心の運用に移行していくこととなりました。現在、 Windchill の導入により CAD データ管理の実現のみならず、デジタルデータを武器にした様々な業務の高度化が進んでいます。

例えば、従来は紙と Excel で管理されていた受注設計の進捗状況は Windchill で電子化され、タイムリー且つ正確に把握できるようになりました。また、今後は 3D データや BOM 情報を AR や IoT に展開し、製造や販売促進部門でも脱紙化・デジタル時代の新しい働き方を確立していく予定です。

日本特殊陶業株式会社 機械工具事業部技術部製品設計課 上川 弘二氏は次のように述べています。
「IoTが全盛の昨今、図面が IoT に有効活用されているかというとそうとは限りません。弊社の図面管理システムは旧態依然の「紙(.tiffなど)」情報の管理を前提としていたため、設計は 2D CAD の紙情報から脱却出来ず、IoT  化を描く事すらできませんでした。そこで今回、図面管理システム (ArcSuite) を PLM システム (Windchill) に作図ソフトウェア (Advance CAD) を 3D CAD ソフトウェア (Cero) にリプレースすることにしました。Windchill 導入により、図面管理だけでなく設計と営業の情報交換も可能になったため、Windchillをポータルとして営業が図面情報や設計業務進捗(グラフ化)などを海外からでもタイムリーに確認できるようになり、営業効率が向上しました。弊社ではこれを『設計業務の見せる化(見える化ではなく設計から積極的に見せる活動)』と呼んでいます。今後は 3D CAD 設計を定着させ、E-BOM の構築および M-BOM、BOP の展開を行い、真のIoTを目指します。Windchill の導入により「電子情報3D図面」を中心とした未来を描くことが可能になりました。Windchill は限りない IoT 実現の可能性を与えてくれました。」

PTCジャパン株式会社 代表取締役 桑原 宏昭は次のように述べています。
「今回、日本特殊陶業株式会社機械工具事業部様における Windchill の導入により、同社のIoT実現の一助となれますことを非常にうれしく思います。日本の製造業において、2D 図面が主体の設計・製造現場はまだ多くみられます。今回の日本特殊陶業機械工具事業部様における、図面管理システムのリプレースおよび 3D CAD 導入の流れは、今後2D 図面文化からの脱却を目指す製造業の皆様にとって、非常に有益な例であると考えております。」

<関連情報>

PLMとデジタルエンジニアリング
https://www.ptc.com/ja/products/plm

Windchill
https://www.ptc.com/ja/products/plm/plm-products/windchill 

CADソフトウェアソリューション
https://www.ptc.com/ja/products/cad 

プレスリリースページはこちら:
https://awstest.ptc.com/ja/news/2019/ngk-selects-windchill-and-creo 

日本特殊陶業株式会社について

1936 年に創業し、名古屋市に本社を構える総合セラミックスメーカーです。内燃 機関におけるスパークプラグ、排気酸素センサにおいては、世界トップシェアを有し、また、半導体部品におけるパッケージ、機械工具、医療用に用いられるバイオセラミックス、産業用セラミックスなど幅広いラインアップを提供しております。世界中に販売・製造拠 点を有し、約 15,000 名の従業員が世界の皆さまに新たな価値を提供できるよう取り組んで います。現在は、持続可能な社会における環境エネルギー、次世代自動車、医療などの製品開発にも取り組んでおります。今後も、「ナンバーワンかつオンリーワンのものづくり」 を目指し、変革と挑戦を続けてまいります。
詳細は、Web サイトをご覧ください。 https://www.ngkntk.co.jp/

PTCジャパンについて

米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) 、拡張現実(AR)の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、インダストリアル・イノベーション・プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforia、産業用接続プラットフォームのKepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。
1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:https://www.ptc.com/ja

※PTCの社名、Creo、WindchillおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社