ラティス、XVL Studio 強化で製造指示書作成の手間を大幅削減 (2018年10月16日)


– 3D で活用、指示用の絵作り工数を半減 –

ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥谷 浩志、以下 ラティス)は、指示書に必要となる指示図作成機能を強化したXVL Studioの最新バージョン「 Ver.17.0 」(以下、新バージョン)を、2018年10月16日(火)に販売開始します。

ラティスの軽量3Dフォーマット「 XVL 」は世界レベルの基本性能を持つことから、3D活用ソリューションとして国内外の多くの製造業に導入されています。特に生産技術や製造分野では、その生産性改善のために設計の 3D データをXVL 化し、3Dを活用した指示書作成が行われています。昨今では、顧客ニーズの多様化に伴う多品種少量生産に対応した高品質なモノづくりのために、製品の微妙な違いを詳細な指示図で的確に指示することが必要とされてきました。このため、製造指示書作成の大半を占める図の作成に膨大な工数をとられており、より効率的な作図へのニーズが増大していました。

新バージョンでは、指示図作成のための「工程スナップショット」※機能を大幅強化し、「工程スナップショット」 だけで作図作業を完結できるようになりました。3D の表示切り替えなどよく利用する機能を集約するとともに、指示書に必要な注記の一括作成に対応するなど、効率的に作成できるようにすることで、指示図の作成工数を約50%※削減に成功しました。 

※ 工程スナップショット 機能は XVL Studio Standard 以上でご利用いただけます。

2018101 Lattice 1


尚、新バージョンを検証いただけるパッケージ製品を特別価格でご提供するキャンペーンを、2018年11月1日(木)~2019年3月15日(金)の期間限定で実施いたします。

2018101 Lattice 2


キャンペーンに関する詳細は、XVL 販売代理店 または、ラティス・テクノロジー㈱(TEL 03-3830-0333 / E-mail casual3d@lattice.co.jp)にお問い合わせください。

ラティスは、生産技術分野への 3D 活用支援ソリューションを強化することで、製造業の高付加価値製品の開発に貢献していく考えです。

【ポイント】注記の一括作成
新バージョンでは、各工程・作業指示に必要となる注記の一括作成に対応することで、約75%*作成工数を削減しました。

2018101 Lattice 3


ポイント】強調表現が可能に
該当工程・作業で対象部品を強調する画像として、線画と面画を組み合わせた画像を簡単に作成できるようにすることで、約98 %*作成工数を削減しました。

2018101 Lattice 4


ポイント】角度指示作成に対応
作業に必要な角度指示作成機能を強化することで、約50%*工数を削減しました。

2018101 Lattice 5


キャンペーン情報

新バージョンを検証いただけるパッケージ製品を特別価格でご提供するキャンペーンを、2018年11月1日(木)~2019年3月15 日(金)の期間限定で実施いたします。キャンペーンに関する詳細は、XVL販売代理店 または、ラティス・テクノロジー㈱ (TEL 03-3830-0333 / E-mail casual3d@lattice.co.jp)にお問い合わせください。

キャンペーン期間:2018年11月1日(木)~ 2019年3月15日(金)

2018101 Lattice 6

キャンペーン特典:専用トレーニングマニュアルをもれなくプレゼント

(注意事項) 

  • すでに導入済みの XVL 製品と、キャンペーンパッケージ製品の統合はできません
  • 使用期間終了後も製品を利用される場合は、通常ライセンスを購入いただく必要があります。
  • ライセンスはスタンドアローン( 利用端末固定 )、1 ライセンスでの提供となります。
  • 利用期間中の製品サポート費用も含まれます。

製品情報

2018101 Lattice 7

(その他) 

  • 該当のXVL Studio製品を導入済みで、年間保守加入のお客様は新バージョンを追加費用なくご利用いただけます。
  • 価格は1ライセンス当たりの定価となります。 
  • 別途消費税が発生します。 
  • 別途、定価の20%の年間保守費用が必要となります。(保守内容:技術サポート、最新バージョンの提供、ユーザー専用サイトの利用、端末変更などによるライセンス再発行等) 
  • ライセンスはスタンドアローン(利用端末固定)となります。 
  • フローティングライセンス(同時に複数人が利用できるライセンス)は 3ライセンスからの対応となります。 
  • 32bit版/64 bit版の2種類をご用意しています。 
  • 新規購入/バージョンアップに関するお問い合わせは、XVL販売代理店 またはラティス・テクノロジー㈱にお問い合わせください。

動作環境

2018101 Lattice 8


会社情報
商号:ラティス・テクノロジー株式会社
本社 :〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10 階
代表取締役社長 :鳥谷 浩志
設立 :1997年10月
資本金 :7億円
事業内容:超軽量 3D フォーマット技術 XVL関連ソフトウェアの開発・販売
     コンサルティングなど、3D データ活用リューションサービスの提供
URL :http://www.lattice.co.jp

用語説明
XVL: 「XVL」 (eXtensible Virtual world description Language) は、XML(eXtensible Markup Language) をベースとした超軽量3D表現として、ラティスが提唱する表現形式です。XVLを用いることで、3D CADなどで生成されたデータを数百分の1にまで軽量化することができます。また、メモリが少ない環境で巨大な3Dデータを高速表示する技術の実装により、ネットワーク環境での3Dデータ共有に最適な形式です。
現在、干渉チェック機能を搭載したDMU や3Dビジュアル作業指示書を作成するソリューションが市場で高く評価されています。ラティスの XVLは世界中の自動車産業、航空機産業、電機産業等多くの製造業の企業で採用されています。3Dデータの精度と構成情報を保ちながら、軽量にデータ表現できるという特徴から、デザインレビュー、機構シミュレーション、工程設計、作業指示、部品表、イラスト作成などの用途に活用されています。製造業の大手では、3D CADの普及により蓄積された3D データの有効活用を目的に、XVL製品を全社規模で導入するケースが増加し、国内外で急速に普及が進んでいます。

「XVL」はラティス・テクノロジー株式会社の商標、または登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。


Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.