Autodesk® Fusion 360™のラインアップを高機能版に統合 (2018年9月7日)


ジェネレーティブ・デザインなどすべてのユーザーに提供へ

オートデスク株式会社は、クラウドベース 3D CAD/CAM/CAE「Autodesk® Fusion 360™」のラインアップを本年10月8日(月)より変更します。現在はスタンダード版と高機能版(Ultimate)を提供していますが、同日よりこのラインアップを1つに統合し、機能は「ジェネレーティブ デザイン」などを含むUltimate版と同じ機能を提供します。希望小売価格は56,000円(1年間サブスクリプションの場合、税抜)の予定です。

今回のラインアップ統合により、これまでUltimate版だけで提供してきたジェネレーティブ デザイン、非線形応力解析やシェイプ最適化などの高度なシミュレーション、そして3+2加工や同時5軸加工などの高度なCAM機能を、すべてのユーザーが新しい価格でご利用いただけるようになります。また、現在 Fusion 360を1年間または複数年でサブスクリプションしていただいているユーザーは、契約を更新していただく限り、現在の価格のまま全ての機能をご利用いただけるようにします。

さらに、Fusion 360は製造業向けパッケージ「Product Design & Manufacturing Collection」にも同梱されていますので、同Collectionユーザーも全機能をご利用いただけます。Fusion 360に搭載されている「AnyCAD」機能は、同Collectionに含まれる3D CAD「Autodesk Inventor®」をはじめ、他社の主要3D CADで作成されたデータを参照しながら編集することができますので、AnyCADを介してFusion 360の高度な機能を利用することもできます。なお、これらのジェネレーティブ デザインや高度なシミュレーション、CAMなどの機能を利用するには、クラウドクレジットが必要です。

AIをベースにしたジェネレーティブ デザインは、エンジニアリング上のゴールや条件を基に、最適な設計を探求・提案するという新しい手法のテクノロジーです。これにより製造方法や素材、性能などのバランスを比較しながら設計案を評価し、最適なものを選ぶことができます。ゼネラルモーターズやスタンレー・ブラック&デッカーなどの企業も利用を始めており、日本でも設計部門への導入を働きかけています。今後も開発を継続して新しい機能を追加していく予定です。

One Fusion Tier Consolidation-chart【ラインアップ統合のイメージ図、移行プラン】

one-fusion-tier-consolidation-chart

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.