ダッソー・システムズ、2018年度 第2四半期の決算を発表 (2018年7月25日)


2018年 7月 25 日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発プレスリリース 日本語参考訳

ダッソー・システムズ、2018年度 第2四半期の決算を発表

ダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は25日、2018年6月30日を期末とする2018年度第2四半期および2018年度上半期のIFRSベース、未監査の決算を発表しました。これらの決算は、2018年7月24日に同社の取締役会で確認されました。当社では、2018年1月1日より、IFRS 第15号を適用しています。本発表には、IFRS 第15号、以前に適用していたIAS第18号を反映した2018年度の第2四半期と上半期の決算と、その主な相違点に関する説明要旨を記載しています。また本発表には、補足資料 (Appendix) に記載された調整後の非IFRSベース (IFRS 第15号、IAS第18号) の決算情報が含まれます。

2018年度 第2四半期および上半期の財務ハイライトの概要
(未監査、IAS 第18号を適用した財務情報を参照、収入は恒常為替レート)

  •  ライセンスおよびその他のソフトウェア収入は、恒常為替レートで、第2四半期で8%、2018年度上半期で10%の自然増 (IAS第18号)
  • 第2四半期の目標 (IAS第18号、非IFRSベース) を達成。ソフトウェア収入が9%増、営業利益率が 30.2%、1株あたり利益が €0.72で16%増 (恒常為替レートで22%増)
  • 上半期の3DEXPERIENCEのソフトウェア収入が恒常為替レートで22%増 (IAS第18号)
  • CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、およびDELMIAの上半期のライセンス収入が恒常為替レートで2桁の自然増 (IFRS、および非IFRS の IAS第18号)
  • 上半期の営業キャッシュフローは6億4,500万ユーロで9%増 (IAS第18号)
  •  Centric ソフトウェアの株式の過半数を取得
  • 買収および為替レートによって、2018年度のIAS第18号、非IFRSの財務目標を確認、更新し、今年度の希薄化後1株当たり利益を €2.95 から €3.00、報告の通り10%から12%増 (恒常為替レートで 15% - 17%増) に上方修正
20180725 DS


ダッソー・システムズの取締役会副会長、最高経営責任者 ベルナール・シャーレスは次のように述べています。「ますます多くの企業が、自社のビジネスのプラットフォーム化のきっかけとなり、実現に向かわせるものが3DEXPERIENCEプラットフォームである、と理解しています。お客様が事業を展開し、ビジネスモデルを変革するためのオペレーティング・システムとして、3DEXPERIENCEプラットフォームは付加価値を創造するゲーム・チェンジャーとなっています」

「今年度上半期、ダッソー・システムズは様々な産業にわたる多くのグローバルリーダー企業に対して3DEXPERIENCEの提供を開始しました。フランス電力会社 (EDF) との20年間におよぶパートナーシップはその一つです。3DEXPERIENCE上に現在の、そして将来のプラントのデジタルツインを構築することで、当社はEDFに新たなエンジニアリング・エクスペリエンスを提供し、かつ原子力産業全体のデジタル変革をもたらします。現に当社のソリューションは世界の原子炉の 3 分の 2、そして現在建造中の原子炉の 5 分の 4 で、その複雑な工程を管理するために利用されています」

「戦略パートナーとの取り組みは、顧客ベースの増加に貢献しています。アクセンチュアとの業界特化型ソリューションのアライアンスやキャップジェミニとのEDFに関するパートナーシップがそうした取り組みの例です」

「デジタルの成熟化、ならびに当社の成長可能性の双方から見て非常に有望な市場には引き続き投資を行います。今期はファッションやアパレル、ラグジュアリー、小売といった領域で非常に良く練られた構成可能なPLMソリューションを提供しデジタル変革を推進しているCentric Softwareと手を結ぶことを決めました。両社は、商品をコレクションとして展開し、トレンドに敏感でオンデマンド対応を当然と考える消費者に対応するためのソリューションを欲している全てのビジネスに対して、イノベーションを加速させ、市場投入期間を短縮させることを目指します。この市場の規模 (total addressable market) は数十億ドルと見られます。かつてSOLIDWORKSで成功したように、Centric Softwareはこの市場セグメントをリードするでしょう」

訳注:本資料は仏Dassault Systèmes による英文プレスリリースをダッソー・システムズ株式会社が日本語訳 (抄訳) したものです。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先致します。予めご了承下さい。

(以上)

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3DEXPERIENCEカンパニーとして、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約22万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.