オートデスク「設計・製造ソリューション展」出展のご案内 (2018年6月15日)


オートデスク株式会社は、6月20日(水)から東京ビックサイトで開催される「設計・製造ソリューション展」にブース出展します。

会場では、弊社ソフトウェアの紹介に加えて、ユーザー各社によるステージ講演を予定しています。なお、いままで発表していない新製品や新機能などのご紹介はありません。

  • ブース位置: 東2ホール  33−29
  • ブース展示:
    • 2次元図面を最大限に活用するための3次元へのステップを、「Autodesk AutoCAD」と「Autodesk Inventor」を使用しながらご説明します。
    • 3D CAD/CAM/CAE 「Autodesk Fusion 360」の最近の機能アップデートをご紹介します。
    • 建設設備、建材メーカー向けに、BIM(建築設計データ)を扱うポイントを、BIMソフトウェアとの連携とともにご紹介します。
    • フル3D設計 オール樹脂製車いす「モルフ」(松永製作所)
  • ユーザー講演:
    • 6/20 13:35 – 13:55、15:35 – 15:55
      株式会社日本製衡所(車両重量計など産業用はかりメーカー):2次元設計と 3次元活用。作業時間最大 8 割減、工数平均 5 割減を可能にした設計体制について
      http://www.nikko-scale.com/
    • 6/21 13:35 – 13:55、15:35 – 15:55
      デジプロ研(デジタル設計コンサルタント):2D/3D混在がカギ。立ち上げ成功のための3D CADの使い方
      https://autode.sk/2JEYcfB
    • 6/22 13:35 – 13:55
      いわてデジタルエンジニア育成センター(3D設計コンサルタント):中小企業での3D CAD活用
      https://kop.jp/ide/
    • 6/22 15:35 – 15:55
      株式会社ピエゾソニック(ロボット用超音波モーターメーカー):ファブレスメーカーによるスピード感あるものづくり
      https://www.piezo-sonic.com/

以上

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.