アドビ、小中高校および教育委員会向けCreative Cloud新プランで教職員と生徒を支援 (2018年6月4日)


クリエイティブツールを低価格で提供し、創造的問題解決能力の育成を支援
N高等学校の採用と品川女子学院の試験導入が決定

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は、小中高校および教育委員会向けの新プラン「Adobe Creative Cloud小中高校向け/教育委員会向けユーザー指定ライセンス」を発表しました。教職員と児童生徒は、学校内だけでなく自宅からも、どのデバイスからでもすべてのCreative Cloudのアプリケーションとサービスが利用できます。このライセンスは年額1ユーザー当たり492円(税抜、メーカー参考価格)で提供され、小中高校では250本から、教育委員会では2,500本から購入可能です。アドビは、学校現場でのクリエイティビティと創造的問題解決能力の育成に最適なソフトウェアと情報の提供に尽力しており、今回の新たなCreative CloudライセンスやAdobe Sparkの無償提供は、アドビの教育に対するコミットメントの表れです。

創造的問題解決能力の育成における課題を解決
アドビが実施した「学校現場における『創造的問題解決能力』育成に関する調査」で、これからの社会では創造的問題解決能力が求められるため、このスキルを学校で育成することの重要性は教育関係者に広く認識されていることが明らかとなっています。しかしながら、学校現場では、教職員がこれらのスキルを育成するために必要なソフトウェアや知識習得機会が十分得られていないこと、また新たなテクノロジーの導入に際してのコストが課題になっています。新ライセンスの提供はこれらの課題を解決するためのツールとサポートを提供する取り組みの一環です。

アドビのCreative Cloudシニアプロダクトマーケティングマネージャーであるシャリフ カーマリー(Sharif Karmally)は次のように述べています。「アドビは、次世代のクリエイターを支援すべく、教職員と協業を続けています。Creative Cloudを低価格で提供し、場所を問わずに使用できるようにすることで、教職員と生徒はさまざまな方法で創造性を発揮できるようになります。今回の発表は、学校現場における創造的問題解決能力の育成のあり方を大きく変えるものになると期待しています。」

N高等学校が採用、品川女子学院が試験導入
学校法人角川ドワンゴ学園が設立した単位制/広域通信制のN高等学校では「Adobe Creative Cloud小中高校向けユーザー指定ライセンス」を採用し、6月から希望する全生徒(在籍生徒数は約6,600人)に向けて無料でライセンス提供することを決定しています。N高等学校 校長 奥平博一氏は次のように述べています。「Creative Cloudはプロクリエイター向けのソフトウェアとして実社会で活用されており、学校設立母体企業のKADOKAWA・ドワンゴも例外ではありません。プロが使用するソフトウェアを活用してクリエイティビティを発揮できる環境を学校現場でも実現するために、Creative Cloudを生徒の創造的な学習体験と能力育成を支援する標準ソフトウェアにしたいと考えています。」

また、中高一貫の私立女子校である品川女子学院は、すでに小中高校向けデバイスライセンスによりCreative Cloudを教育活動に活用していますが、加えて今秋からユーザーライセンスの試験導入をすることが決定しています。品川女子学院 情報科の竹内啓悟教諭は「本校はPCルームでのパソコン使用の他、中学1年次から1人1台iPadを所有しますので、学校と家、パソコンとタブレット端末をシームレスにつないでCreative Cloudを活用したプロジェクト制作ができることを期待しています」と述べています。

全国高等学校情報教育研究会の牛来峯聡会長(東京都立町田高等学校長)は、「2022年からの高校新指導要領ではすべての高校生が情報デザインを学ぶことが決定しており、Creative Cloudは学校でビジュアルプレゼンテーションやUI/UX*デザイン制作を学ぶ際の強力なツールとなり得ると感じています。教育現場では時間がかかることも多いので今から準備が進められることにも意義があります。」と述べています。

アドビは、New Education Expo実行委員会が6月7日〜9日(東京)、6月15日〜16日(大阪)に開催する教育関係者向けイベント「NEW EDUCATION EXPO 2018」に出展し、Creative Cloud 教育機関向け「小中高校向け/教育委員会向けユーザー指定ライセンス」の詳細についてご紹介する予定です。また、7月23日に東京大学伊藤国際学術研究センターで開催する「Adobe Education Forum 2018」においても、創造的問題解決能力を高めるための学校ICT環境について、各界の識者を招いてフォーラムを行う予定です。

価格と提供開始時期
Creative Cloud 教育機関向け 「小中高校向け/教育委員会向けユーザー指定ライセンス」は本日より受注を開始いたします。詳細はアドビの教育機関向けwebサイト https://www.adobe.com/jp/information/K12.html をご覧ください。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイト (http://www.adobe.com/jp/) に掲載されています。

* UI/UX 
UIは「コンピュータシステムあるいはコンピュータプログラムとユーザーとの間で情報をやり取りするための方法、操作、表示といった仕組みの総称」、UXは「 製品やサービスを使用する際の印象や体験」

(c) 2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.