IHIアグリテック、製品の3D CAD資産のAR化にPTCのVuforia Studioを活用開始 (2018年7月3日)


国際農業機械展における大型農機の展示にARを活用

PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は本日、株式会社IHIアグリテック(本社:北海道千歳市、代表取締役社長:宮原 薫、以下IHIアグリテック)が、3D CADで作成された同社製品の設計情報を拡張現実 (AR)で展開するにあたり、PTCのARプラットフォームである「Vuforia(R) Studio(TM)」の活用を開始したことを発表しました。

IHIアグリテックは、IHIグループのもと、芝草・芝生管理機器を扱うIHIシバウラと農業用機械を扱うIHIスターが統合され、2017年に誕生しました。現在は、肥料散布機、収穫運搬機をはじめとする農業用インプルメント、芝草・芝生管理機器、水冷小型エンジンなど幅広い技術をもって社会の発展に貢献する製品を展開しています。

IHIアグリテック開発部では、細断型ベーララッパおよび横幅12メートルにもおよぶジャイロテッダなどの大型製品を扱っており、主力売上げ製品であるにも関わらず、大型製品の実機展示に課題を抱えていました。

そこで、2018年7月12日〜16日まで開催される国際農業機械展における展示を機に、主力製品かつ、野外展示の搬入に課題のある細断型ベーララッパ、ジャイロテッダ、ハイドロマニュアスプレッダなどの超大型製品に関しARにて展示すべく、PTCのVuforia Studioの活用を判断しました。ARの活用に関しては、既に社内に存在したCreo(R)で作成された3D CAD資産をCreo IllustrateTMにより3Dアニメーション化し、Vuforia StudioでAR化しました。

細断型ベーララッパ

「細断型ベーララッパ」画像

AR表示された細断型ベーララッパ

「AR表示された細断型ベーララッパ」画像

PTCの代表取締役 桑原 宏昭は、次のように述べています。
「PTCは、世界において品質の高い企業向けAR技術の提供に注力してきました。日本におけるVuforia技術を使った企業のAR活用として、我々がIHIアグリテック製品のAR展示を支援できることを非常に喜ばしく思います」

IHIアグリテック 開発部 開発管理グループ 主査 櫛谷 陽一氏は次のように述べています。
「農作業機の展示では、どのように作業するかをお客さまに見てもらうことが重要ですが、特に大型の機械では、場所の確保や安全面の配慮が必要で、これまでは手軽に行えませんでした。ARならば、安全かつ手軽にお客さまに当社製品のアピールが出来るため、販促のツールとして期待しています。ARコンテンツの作成にあたっては、CAD資産を流用できることからVuforia Studioを選定しました。これにより、データ変換の手間がほとんどかからずに、CADデータをAR化することが出来ました。今後は、お客さまに提供するサービスの向上や品質向上など、販促以外へのAR/IoT適用にも取り組みたく考えております」

PTCは、今回のAR導入を機に、農家の作業を楽にするサービスを提供すべく、マーケティング活動へのAR活用だけでなく、設計製造およびアフターサービスにAR/IoTコンテンツを活用し、ICTのメリットを最大限に活用するIHIアグリテックの試みを支援していきます。

<関連情報>

・エンタープライズ向け拡張現実
https://www.ptc.com/ja/products/augmented-reality 

・Vuforia
https://www.vuforia.com/

・ハーバードビジネスレビュー誌:“なぜすべての組織で必要なのか AR戦略 拡張現実の並外れた可能性”; PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジェームス・E・へプルマン(James E. Heppelmann)、ハーバード大学マイケル・ポーター教授共著
https://www.ptc.com/ja/industry-insights/harvard-business-review/article-3

このプレスリリースについては、下記URLをご参照ください。
https://www.ptc.com/ja/news/2018/IHIAgritech-starts-utilizing-Vuforia-Studio

■株式会社IHIアグリテックについて
IHIアグリテックは、1942年に設立された、芝草・芝生管理機器を扱うIHIシバウラと1924年に設立された農業用機械を扱うIHIスターが事業基盤強化を目指した事業構造改革の中統合され、IHIグループのもと、2017年に誕生しました。それぞれの技術の融合、リソースの集約により新たなニーズに答え、より付加価値の高い製品、サービス、ソリューションを提供しています。
詳細は http://www.ihi.co.jp/iat/ をご覧ください。

■PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。

拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、インダストリアル・イノベーション・プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforia、産業用接続プラットフォームのKepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992年3月設立。国内4事業拠点。
Webサイト:https://www.ptc.com/ja

※PTCの社名、Vuforia、CreoおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

※PTCソフトウェアの選定に関する発表は、必ずしも選定した顧客からの売上計上の時期や特定期間における売上高を示すものではありません。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.