PTC、新たなAR機能や空間認識を実現するCreo AR Design Shareを発表 (2018年4月10日)


簡単に使えるARソリューションで、設計・開発プロセス全体のコラボレーションをシンプルに

米PTC(本社:米国マサチューセッツ州、社長兼CEO:ジェームス・E・ヘプルマン、NASDAQ:PTC、以下PTC/日本法人:PTCジャパン株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は、製品のデザイナーや設計者の製品設計における拡張現実(AR)の利用をさらに拡大させるCreo(R) AR Design Shareソリューションを発表しました。製品設計者にとってARは、設計データのすばやい共有、製品の実寸大での体験、世界各国のメンバーとのコラボレーションを促進する、非常に重要な技術です。

Creoは、使いやすいAR機能を統合した、市場で唯一のCADソフトウェアです。ThingWorx Studio(TM)の機能を活用したCreo AR Design Shareを利用することで、ユーザは簡単にAR体験を作成、共有することが可能になります。

PTC ThingWorxプラットフォーム担当エグゼクティブバイスプレジデントのマイク・キャンベル(Mike Campbell)は、以下のように述べています。

「Creo AR Design Shareは、複雑な技術をすばやく簡単に利用でき、企業が設計開発の方法を大きく変化させることを可能にするツールです。ARを利用することで、実寸大の設計データが現実世界の環境に持ち込まれることになり、2D画面では通常失われてしまう視点を得ることができます。このようなAR機能は、最終的に時間、コスト、工数の節減につながります。」

Creo AR Design Shareでは、すべてのAR体験の作成と利用を、ユーザが完全にコントロールできます。Vuforiaエンジンを利用した空間認識(追跡)機能により、PTCが無償で提供するThingWorx View(TM) アプリを使用することで、リンク1つでAR体験をさらに簡単に共有することが可能になります。このようなCreoの拡張AR機能は、製品の市場投入期間短縮や開発コスト低減、品質と革新性の向上、知的財産の保護に貢献します。

Creo AR Design Share に関する詳細情報は、下記URLをご覧ください。
https://www.ptc.com/-/media/Files/PDFs/CAD/Creo/Creo-AR-Design-Share.pdf (英語)

<関連情報>
・PTC Industrial Innovation report series, including “The State of Industrial Augmented Reality”
https://www.ptc.com/en/resources/iot/white-paper/state-of-industrial-innovation-research-series

・ハーバードビジネスレビュー誌:“Why Every Organization Needs an AR Strategy”; PTC社長兼最高経営責任者(CEO)ジェームス・E・へプルマン(James E. Heppelmann)、ハーバード大学マイケル・ポーター教授共著
https://www.ptc.com/ja/industry-insights/harvard-business-review/article-3

*本内容は米PTCが2018年3月6日に発表した報道資料の翻訳です。
https://www.ptc.com/en/news/2018/ptc-introduces-new-ar-capabilities-and-spatial-tracking-with-creo-ar-design-share

このプレスリリースについては、下記URLをご参照ください。
https://www.ptc.com/ja/news/2018/ptc-introduces-new-ar-capabilities-and-spatial-tracking-with-creo-ar-design-share

■PTCについて(NASDAQ: PTC)
PTCは、スマートでコネクティッドな世界において、企業によるモノの設計、製造、運用、サービス改革の支援を行っています。1986年、PTCはデジタル3D設計に革命をもたらし、1998年には初めてインターネットベースの製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションの提供を開始。今日では、PTCのインダストリアル・イノベーション・プラットフォームと実証済みのソリューション群により、フィジカルとデジタル世界の融合によって生み出される新たな価値創造を支援しています。PTCのソリューションにより、製造業のみならず、パートナーや開発者のコミュニティは、モノのインターネット(IoT)や拡張現実(AR)の技術を活用し、未来のイノベーションを実現できます。

■PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。
拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、インダストリアル・イノベーション・プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforia、産業用接続プラットフォームのKepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992年3月設立。国内4事業拠点。
Webサイト:https://www.ptc.com/ja

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。

PTCソーシャルメディア: http://ja.ptc.com/about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptc 、 http://twitter.com/PTC_Japan 
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc 、 https://www.facebook.com/PTC.JPN

PTCの社名、ThingWorxおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.