SAPジャパン、通信企業向け初のSAP(R) Leonardo業種別アクセラレーターパッケージを発表 (2018年3月8日)


SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、通信企業向けにリスクを抑えながらイノベーションを加速できるように設計された新しい業種別アクセラレーターパッケージ、SAP(R) Leonardo for Telecommunicationsを本日より提供開始しました。これにより、企業は次世代のビジネスプロセスを導入でき、オペレーション全体でのマージンリスクの特定、顧客、製品、および資産の収益性の把握、会社固有のパフォーマンスデータに基づく成果の予測が可能になります。

SAP Leonardoは、設計サービス、業界をリードするクラウドプラットフォームとアプリケーション、ビジネスプロセスの深い専門知識、および最も革新的な新しいテクノロジー(アナリティクス、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、機械学習など)を組み合わせることにより、デジタルイノベーションへの迅速な道筋を提供します。SAP Leonardoの業種別およびIoTのアクセラレーターパッケージでは、特定の使用ケースに対応するためにSAPソフトウェアとデザイン思考手法を事前に統合し、ソフトウェアとサービスを固定価格で提供します。

通信企業は、規制、コモディティ化、主要企業のマーケットシェア拡大により、従来の業務部門が常に課題にさらされる一方、収益性を求める圧力にも直面しています。そのため、通信企業はビジネスプロセスを革新的テクノロジーを使用して競争優位性を得られるように適応させる必要性があります。このSAP Leonardoアクセラレーターは、SAPの業種別専門知識に基づいて、通信事業者が次世代のビジネスプロセスのブループリントを迅速に定義することに特化したソフトウェアを事前にパッケージ化したものです。

SAP Leonardo for Telecommunicationsは、通信企業がリアルタイムでのマージン主導型企業になるためのデジタル変革を可能にします。これには、高度なアナリティクスと機械学習を備え、SAP(R) Cloud Platform上に構築された業種別ソリューションである「SAP Big Data Margin Assurance」が含まれており、通信事業者は収益の向上とコストの削減のためにデータをより効果的に使用することができます。アクセラレーターによって、通信企業はユーザー1人あたりの平均売上金額(ARPU)に基づくビジネスモデルから、ユーザー1人あたりの個別マージン(IMPU)に基づくビジネスモデルへと進化し、収益性を重視したビジネス運営ができるようになります。

Deloitte(デロイト)社のグローバル通信コンサルティングリーダーであり、SAP Big Data Margin Assuranceの共同イノベーションおよび導入の推奨パートナーであるアンドレアス・ゲントナー(Andreas Gentner)氏は次のように述べています。「SAP Big Data Margin Assuranceによって、バリューチェーンに沿って収益性を把握しながらすべてのビジネス決定を行えます。これは今後5年間の通信業界にとって不可欠なことの1つになるでしょう。業種別アクセラレーターにより、お客様はリスクを抑え、価値提供までの期間を短縮しながらソリューションを導入することができます」 

<補足>
SAP for Telecommunicationsソリューション<https://www.sap.com/industries/telecommunications.html >は、オペレーションのデジタル化、顧客エンゲージメントの向上、新たな収益源の構築によって、通信事業者のデジタル経済での成長を支援します。世界中の主要な通信企業はSAPの業種別ソリューションを使用して、
クラウドイノベーションとデジタル・ビジネス・モデルを実現しています。

SAP Leonardo 業種別アクセラレーターパッケージ<https://www.sap.com/products/leonardo.html >は、通信のほかにも、小売、消費財、スポーツ・エンターテインメント、旅行・運輸、化学、公益事業、ライフサイエンス、石油・ガス、採鉱業向けがご利用いただけます。 

以上

SAPについて
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリ
ケーションやサービスは、世界各国およそ378,000社の顧客企業に利用されています。また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com (英語)をご参照ください。

Copyright (C) 2018 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.