SAPジャパン、通信事業者の収益性向上を支援するSAP Big Data Margin Assuranceのクラウド版を発表 (2018年3月7日)


SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、通信事業者が顧客ごとの利益率を最適化できるよう支援するSAP Big Data Margin Assurance, cloud editionを本日より提供開始しました。

SAP Big Data Margin Assurance, cloud editionはSAP(R) Cloud Platform、

ビッグデータ、高度なアナリティクス、機械学習を組み合わせ、顧客、サービスの利益、収益性に関して、ほかに類を見ない有益なインサイトを提供します。このソリューションは、Cloud Foundryテクノロジー*を採用したSAP Cloud Platform上に構築されています。SAP Big Data Margin Assurance, cloud editionはSAP Big Data Margin Assuranceの全機能を備えているほか、クラウド版ならではの速度と価値を実現します。このソリューションは元々、Vodafone社とのCo-Innovation プロジェクトにより開発されました。

SAP Big Data Margin Assuranceは、通信事業者が顧客ごとの収益性をより深く、より詳細に理解できるよう支援してきました。このソリューションでは、SAP HANA(R)データベースによりデータが高速処理されるため、ビジネスユーザーは特定のサービスの提供に関して顧客ごとの影響を迅速に測定し、サービスにすばやく変更を加えることで、純利益に直接影響を及ぼすことができます。

通信事業者が利益を常に確保するためには、サービス、料金体系、そして投資の利益率を継続的に評価する必要があります。通信事業者が費用と収益を分けて分析している今の状況では、利益率の追跡が難しくなっています。ほぼリアルタイムのビッグデータアナリティクスに基づき利益を確保するアプローチを採用すれば、個々の契約における費用と収益を結び付けることで、利益の改善に役立つインサイトを獲得できる可能性があります。

SAPは、SAP Big Data Margin Assurance, cloud editionのホスト先としてアマゾンウェブサービス(AWS)と提携しています。今後、ほかのクラウドプロバイダーも追加予定です。AWSで提供されるこのクラウド版では、データおよび収益成長率に対するインサイトが最短時間で得られます。また、EUの一般データ保護規則(GDPR)をはじめとするデータプライバシー規則に対応するセキュリティ機能やデータ保護機能も備わっています。

SAP Big Data Margin Assurance, cloud editionには複数のプランが用意されており、SAP HANAのデータベース容量によって料金が異なります。たとえば、データセットが限られた128 GBのお試し用スターターパッケージなどがあります。このクラウド版は、SAPをクラウドサービス事業におけるトップ企業として位置付けると同時に、SAPが通信事業者にとって信頼できる提携パートナーであることを示すものです。

以上

*SAPは、Cloud Foundry Foundationの創設メンバーです。

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国378,000社の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
www.sap.com/japan

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.