PTC、自動車業界に対する次世代のライセンス契約形態の提供に注力 (2018年1月11日)


米PTC(本社:米国マサチューセッツ州、社長兼CEO:ジェームス・E・ヘプルマン、NASDAQ:PTC、以下PTC/―日本法人:PTCジャパン株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は、自動車業界向けに次世代のクルマづくりを支えるため、現在利用中のソフトウェア資産のサブスクリプション・ライセンスへの移行契約と、開発・生産業務システム基盤として、IoTアプリケーション「ThingWorx(R)」のライセンス契約の提供に注力すると発表しました。

PTCの考える次世代のクルマづくりの環境はこれまでとは比較にならない程のスピードと規模で変化しています。この次世代のクルマづくりを実現していただくために、サブスクリプション・ライセンス体系への移行により、環境や需要の変動といったさまざまな変化に対して適切に対応するとともに、情報システムのより効率的な活用を実現します。

PTCはトヨタ自動車に2002年より、エンジン・ユニットにおける開発・生産の効率化、品質向上を目的に、3次元CADソフトウェアであるCreo(R)および製品ライフサイクル管理ソフトウェアであるWindchill(R)を提供し、多くの成果を得ていただいており、いちはやくサブスクリプション・ライセンス体系へ移行契約を締結していただきました。

PTCは今後、トヨタグループにおける「仕事の進め方改革」の礎とすべく、トヨタ自動車および同社海外拠点、グループ企業に対しても、柔軟性が高く、変化対応に強いサブスクリプション・ライセンス体系の展開を進めていきます。

また、PTCは、価値観の多様化、ライフスタイルの変化、環境問題への早急な対応をはじめ、IoTやAIといった情報化技術のめざましい進歩などの環境変化に対して、企業が迅速に対応することが急務と考えます。これに対し、PTCはシステム間の連携を容易にするソリューションや生産設備の稼動監視・予兆保全システムのソリューションを提供する次世代のIoTアプリケーションThingWorxの自動車業界での活用を推進していきます。ThingWorxの評価を開始したトヨタ自動車へも強力に支援していきます。

インダストリアル・イノベーション・プラットフォームである「ThingWorx」は、システム間の連携を容易にするソリューションや生産設備の稼動監視・予兆保全システムおよびデジタルとフィジカルの融合を実現するARを包括し、インダストリアルIoTプラットフォーム(IIoT)に期待される以上のツールを提供しています。PTCは激しい変革の波にある自動車業界全世界で最も実績のある次世代のプラットフォームである「ThingWorx」の提供を推進していきます。

PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジム・ヘプルマン(Jim Heppelmann)は、次のように述べています。
「運営効率を向上させ、モノのインターネットの価値を享受するため、世界中のグローバル企業に、PTCのインダストリアル・イノベーション・プラットフォームThingWorxを活用頂いていることを嬉しく思います。PTCの持つこれら技術とリソースをもって、トヨタ自動車が目指す“もっといいクルマづくり”を継続的に支援します」

<関連情報>
・Creoについて
http://www.ptc-jp.com/cad/creo

・Windchillについて
http://www.ptc-jp.com/product-lifecycle-management/windchill

・サブスクリプションについて
http://www.ptc-jp.com/subscription

・ThingWorx Internet of Things Platformについて
http://www.ptc-jp.com/internet-of-things/technology-platform-thingworx

・ハーバードビジネスレビュー誌: “How Smart, Connected Products are Transforming Companies”; PTC 社長兼最高経営責任者(CEO)のジェームス・E・へプルマン(James E. Heppelmann)、ハーバード大学マイケル・ポーター教授共著
http://www.ptc-jp.com/internet-of-things/harvard-business-review

本プレスリリースについては、下記URLをご参照ください。
http://www.ptc-jp.com/news/2018/ptc-focuses-on-next-generation-licensing-for-the-automotive-industry

■PTCについて (NASDAQ: PTC)
PTCは、スマートでコネクティッドな世界において、企業によるモノの設計、製造、運用、サービス改革の支援を行っています。1986年、PTCはデジタル3D設計に革命をもたらし、1998年には初めてインターネットベースの製品ライフサイクル管理(PLM)ソリューションの提供を開始。今日では、PTCのインダストリアル・イノベーション・プラットフォームと実証済みのソリューション群により、フィジカルとデジタル世界の融合によって生み出される新たな価値創造を支援しています。PTCのソリューションにより、製造業のみならず、パートナーや開発者のコミュニティは、モノのインターネット(IoT)や拡張現実(AR)の技術を活用し、未来のイノベーションを実現できます。

■PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。

拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、インダストリアル・イノベーション・プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforia、産業用接続プラットフォームのKepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992年3月設立。国内4事業拠点。
Webサイト:http://www.ptc-jp.com

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。

PTCソーシャルメディア: http://ja.ptc.com/about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptc 、 http://twitter.com/PTC_Japan 
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc 、 https://www.facebook.com/PTC.JPN

PTCの社名、Creo、Windchill、ThingWorxおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

※PTCソフトウェアの選定に関する発表は、必ずしも選定した顧客からの売上計上の時期や特定期間における売上高を示すものではありません。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.