PTCのCEOジム・ヘプルマン、ハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・ポーター教授とソート リーダーシップを進める共同研究を継続 (2017年12月5日)


全米製造業協会(NAM)のイベントで、
ハーバード・ビジネス・レビューに寄稿されたARに関する新たな論文を紹介

米PTC(本社:米国マサチューセッツ州、社長兼CEO:ジェームス・E・ヘプルマン、NASDAQ:PTC、以下PTC/日本法人:PTCジャパン株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は、2017年11月1日、同社最高経営責任者(CEO)のジム・ヘプルマン(Jim Heppelmann)とハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・ポーター(Michael Porter)教授が、「拡張現実(AR)がビジネスにもたらす意味を明確化し、ARが産業界で生み出す価値を探究する」論文を共著したことを発表しました。

ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)誌の11月および12月号に寄稿された本論文(「Why Every Organization Needs an AR Strategy」は、過去にHBR誌に寄稿された「スマート・コネクティッド・プロダクツの台頭がビジネスに及ぼす影響」に関する2つの論文に続き、へプルマンとポーター教授との共同研究の進展を示すものです。今回の論文では、企業がAR展開を進める際の研究成果に基づくロードマップが提示されるとともに、ARを事業の戦略や運営に組み込む上で必要となる重要な選択が議論されています。

拡張現実(AR)は、あらゆる業界の企業に影響を与え、我々の学習、意思決定、フィジカル世界とのやり取り、そして最終的には競争までを変革しようとしています。IoTデータは指数的に増加し続けており、IoTから得られる情報の活用と解釈を可能にするARの力も拡大しています。ARは、フィジカルの世界とデジタルの世界との架け橋になり、世界中に存在する数十億のスマート・コネクティッド・プロダクツから生まれる膨大な情報や洞察を活用することを可能にします。

PTCは、産業用途のARの潜在的可能性を早くから確信し、ARプラットフォームであるVuforia(R) の買収により、市場をリードするインダストリアル イノベーション プラットフォームであるThingWorx(R)の機能強化を進めてきました。PTCは、製品の設計、製造、サービスの分野での実績に基づき、さらにこれらの分野において、現実世界のモノとのやりとりの可視化、指示・指針の提供、そして改善に向けてARの技術を提供しています。

PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジム・ヘプルマン(Jim Heppelmann)は、次のように述べています。

「IoTによって生み出される豊富なデジタルデータと、我々が生活するフィジカルの世界で人間がそのデータを生かす能力との間には、根本的な分断が生じますが、ARによりそのずれに対応することが可能になります。顧客へのサービスの提供、従業員の教育訓練、製品の設計・製造、バリューチェーンの管理、競争に対するアプローチなど、ARはあらゆる場面で企業を変化させます。デジタル化が加速する世界との対話を人間が強化する上で、ARは強力でインタフェースとなるとも言えるでしょう」

ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)誌に寄稿された本論文は、以下よりダウンロードいただけます。
https://www.ptc.com/en/industry-insights/harvard-business-review/pre-register

なお、2017年12月9日にダイヤモンド社より発売されるハーバード・ビジネス・レビューに本論文の日本語版が掲載されます。

*本内容は米PTCが2017年11月1日に発表した報道資料の翻訳です。
https://www.ptc.com/en/news/2017/ptc-ceo-jim-heppelmann-continues-thought-leadership-collaboration

本プレスリリースについては、下記URLをご参照ください。
http://www.ptc-jp.com/news/2017/ptc-ceo-jim-heppelmann-continues-thought-leadership-collaboration

<関連情報>
・PTCのAR関連製品について
https://www.ptc.com/en/products/augmented-reality

・プレスリリース:PTC、ThingWorx Studioをアップデート、産業用途向けに高い没入感を生み出すAR体験を提供http://www.ptc-jp.com/news/2017/thingworx-studio-accelerates-the-availability-of-augmented-reality

・プレスリリース:PTC、ARプラットフォームVuforiaの新バージョン「Vuforia 7」を発表
http://www.ptc-jp.com/news/2017/vuforia-7

■PTCについて
PTCは世界で最も強力なモノのインターネット(IoT)技術を有しています。1986年にデジタル3D設計に革命をもたらし、1998年に初めてインターネットベースのPLMを提供開始しました。現在は最先端のIoT、ARプラットフォームと実績のあるソリューションによりフィジカルとデジタルの世界を融合し、顧客企業による製品の開発、運用、サービス提供の改革を支援する企業となっています。PTCのテクノロジーは、世界の製造企業やパートナー、開発者のコミュニティがIoTの可能性をすばやく生かす取り組みを支援し、イノベーションの未来を切り開くことを可能にします。

■PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。

拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、IoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforia、産業用接続プラットフォームのKepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992年3月設立。国内4事業拠点。
Webサイト:http://www.ptc-jp.com

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。

PTCソーシャルメディア: http://ja.ptc.com/about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptc 、 http://twitter.com/PTC_Japan 
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc 、 https://www.facebook.com/PTC.JPN

PTCの社名、Vuforia、ThingWorxおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.