PTCジャパン、「PTC Forum Japan 2017」を開催 (2017年11月9日)


〜フィジカルとデジタル融合の追求〜

【基調講演】

  • 米PTC 製品・マーケット戦略統括 エグゼクティブ・バイス・プレジデント
    キャスリン・ミットフォード「フィジカルとデジタル融合の追求」
  • 米PTC ThingWorx プラットフォーム製品担当 エグゼクティブ・バイス・プレジデント
    マイク・キャンベル「ThingWorx インダストリアル・イノベーション」
  • トヨタ自動車株式会社 エンジニアリング IT 部長
    細川 昌宏氏「エンジニアリングチェーンにおけるIoT活用の取り組み」
  • 株式会社電通国際情報サービス 取締役副社長執行役員
    福山 章弘氏「Connected な未来を!〜Connected Industriesに向けたIoT/リアルデータの活用〜」

PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、執行役員社長 [Country Manager]:宍戸 武士、以下 PTC)は、12月12日(火)、PTCジャパン主催の年次イベント「PTC Forum Japan 2017 〜フィジカルとデジタル融合の追求〜」をグランドニッコー東京 台場(港区台場)にて開催します。

フィジカル(物理)世界とデジタル世界は、今、一つの新しい世界に融合し、全てが一変しようとしています。この新しい世界によって数々の新しい可能性、新しいイノベーションの機会が生まれ、その結果、大きな価値を創造することが可能となります。PTCは、フィジカル世界とデジタル世界の融合によって創出されるビジネス機会を支援できる、独自の立場にあります。

本イベントでは、デジタル世界におけるモノの設計開発やサービスのソリューションをフィジカル世界に接続した、新たな世界をご体験いただくとともに、最新のPTCソリューション、先進企業の事例をご紹介することで、お客様各社の将来的な競争優位性の実現に向けた取り組みの一助となることを狙いとしています。

<「PTC Forum Japan 2017」開催概要>
日時:2017年12月12日(火) 9:00 - 19:00
場所:グランドニッコー東京 台場 東京都港区台場2丁目6-1
アクセス:「台場駅」直結(ゆりかもめ線) または 「東京テレポート駅」B出口徒歩10分(りんかい線)

基調講演:
■ご挨拶:
- PTC Inc. アジア太平洋地域 統括責任者 桑原 宏昭

■基調講演「フィジカルとデジタル融合の追求」:
- 米PTC 製品・マーケット戦略統括 エグゼクティブ・バイス・プレジデント キャスリン・ミットフォード

■基調講演「ThingWorxインダストリアル・イノベーション」:
- 米PTC ThingWorx プラットフォーム製品担当 エグゼクティブ・バイス・プレジデント マイク・キャンベル

■基調講演「エンジニアリングチェーンにおけるIoT活用の取り組み」:
- トヨタ自動車株式会社 エンジニアリング IT 部長 細川 昌宏氏

■基調講演「Connected な未来を!〜Connected Industriesに向けたIoT/リアルデータの活用〜」:
- 株式会社電通国際情報サービス 取締役副社長執行役員 福山 章弘氏

(基調講演: 講演順)

分科会顧客講演(現在公開セッションのみ記載):
■アズビル株式会社
■株式会社ジャパンディスプレイ
■株式会社 ヒロテック
■ブラザー工業株式会社 ほか、
(50音順)

※「PTC Forum Japan 2017」の詳細は http://ptc-forum.jp/ をご参照ください。
※参加申込方法:上記URL内「事前登録受付中!」よりご登録いただけます。

主催:PTCジャパン株式会社
後援:PTCジャパン・ユーザ会

協賛:
[プラチナスポンサー]
株式会社電通国際情報サービス、株式会社日立ハイテクソリューションズ

[ゴールドスポンサー]
キャップジェミニ株式会社、新日鉄住金ソリューションズ株式会社、デル株式会社/日本マイクロソフト株式会社、日本システムウエア株式会社

[シルバースポンサー]
アンシス・ジャパン株式会社、株式会社エリジオン、株式会社大塚商会、キャデナス・ウェブ・ツー・キャド株式会社、キヤノンITソリューションズ株式会社、株式会社構造計画研究所、サイバネットシステム株式会社、先端技研株式会社、Tacton Systems AB、ナレッジワークス株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、プロトラブズ合同会社、株式会社理経

[ブロンズスポンサー]
株式会社CAEソリューションズ、株式会社日立システムズ、株式会社日立ソリューションズ

(50音順)

このプレスリリースについては、下記URLをご参照ください。
http://www.ptc-jp.com/news/2017/ptc-forum-japan-2017

PTCについて
PTCは世界で最も強力なモノのインターネット(IoT)技術を有しています。1986年にデジタル3D設計に革命をもたらし、1998年に初めてインターネットベースのPLMを提供開始しました。現在は最先端のIoT、ARプラットフォームと実績のあるソリューションによりフィジカルとデジタルの世界を融合し、顧客企業による製品の開発、運用、サービス提供の改革を支援する企業となっています。PTCのテクノロジーは、世界の製造企業やパートナー、開発者のコミュニティがIoTの可能性をすばやく生かす取り組みを支援し、イノベーションの未来を切り開くことを可能にします。

■PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。

拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、IoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforia、産業用接続プラットフォームのKepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992年3月設立。国内4事業拠点。
Webサイト:http://www.ptc-jp.com

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。

PTCソーシャルメディア: http://ja.ptc.com/about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptc 、 http://twitter.com/PTC_Japan 
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc 、 https://www.facebook.com/PTC.JPN

PTCの社名、ロゴマークおよびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.