SAPジャパン、SAP(R) Leonardo のサービス提供でデジタルビジネスを促進 (2017年10月17日)


SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、デジタル・イノベーション・システムであるSAP(R) Leonardo(レオナルド)の導入を支援するための各種サービスを提供開始し、日本市場において本格的に展開することでお客様のデジタル変革を支援します。

デジタル変革の実現のためには、多くの最新のテクノロジーと機能がシームレスに連携して動作する必要があります。SAP Leonardo は、革新的なテクノロジーを統合し、クラウド上でこれらをシームレスに実行できるデジタル・イノベーション・システムです。テクノロジーには、IoT、機械学習(Machine Learning)、ビッグデータ、アナリティクス、ブロックチェーン、データインテリジェンスが含まれます。あわせて、デザインシンキングの方法論とSAPの専門知識を提供することで、新しい機能やビジネスモデルの速やかな導入を支援し、デジタル変革を推進します。

本日より提供開始するSAP(R) Leonardo Innovation Servicesは、3種類の新しいサービスで、新たなテクノロジーをユースケースシナリオにつなげ、企業による早期の価値実現を目的としています。

本サービスではいずれも、お客様が、ニーズに最も適したSAPソリューションを決定する前のデジタル化を進める段階で、革新的なテクノロジー、ビジネスモデル、プロセスを詳しく検討することができます。ツール、テクノロジー、および業務とITのSAPプロフェッショナルの専門知識を組み合わせることで、ニーズに応じてカスタマイズされたイノベーション戦略を推進できます。お客様は、デザイナー、ビジネス変革スペシャリスト、業種別エキスパート、テクノロジーコンサルタントなど、直接的・間接的にSAPのスペシャリストにコンタクトすることができます。ツールを使用するためのガイドおよびリソースとして、イノベーションコーチがお手伝いします。

お客様はSAP Leonardo Innovation Servicesを利用することで、投資する前に新しいテクノロジーを安全な方法で試行し、ビジネスに最適かどうかを見定めることができます。

たとえば、お客様は固有のニーズに応じて以下のエディションを選択できます。

  • SAP Leonardo Innovation Services, express edition - 消費財のライブ資産追跡、製造業の部品オンデマンド3Dプリンティングなど、事前定義された業種別および業務部門別のIoTアクセラレータを迅速に導入できます。express editionにより、お客様は8週間以内でのソリューション導入と固有の企業ニーズに応じたカスタマイズが可能なため、価値実現までの時間を短縮できます。
  • SAP Leonardo Innovation Services, open innovation edition - お客様固有のビジネス課題を解決するための新しいソリューションを、コンセプトからクリッカブルプロトタイプまで9週間以内で作成できます。open innovation editionでは、SAP(R) Cloud Platformへのアクセスが提供され、イノベーションに活用できます。イノベーションのすべてのフェーズで常にお客様が主体となるように、アジャイル設計プロセスとして、Digital Design Zoneサイトを通じて密接なコラボレーションがサポートされます。
  • SAP Leonardo Innovation Services, enterprise edition - open innovation editionの範囲が拡張され、お客様固有のビジネスに適したソリューションを同時に複数作成することができます。enterprise editionでは、SAP Cloud PlatformとDigital Design Zoneに加え、エンパワーメントセッションとSAP Leonardo Innovation Servicesショールームへのアクセスが可能です。

enterprise editionには、デジタル変革を推進するために設計されたコンポーネントがすべて含まれています。

  • ショールーム - お客様はイノベーションユースケース、テクノロジーモジュール、統合ビジネスシナリオを検討できます。
  • Digital Design Zone - イノベーションサイクルのどの時点でも、お客様にエキスパートによるガイダンスを提供します。
  • エンパワーメントセッション- 迅速に準備できるよう支援することで、お客様自身による構築を促します。
  • イノベーションプラットフォーム - イノベーションを加速します。

enterprise editionは、SAP Premium Engagementポートフォリオをご契約のお客様のみご利用いただけます。このポートフォリオには、SAP MaxAttention(TM)サービス、SAP ActiveEmbeddedサービス、SAP Value Assuranceサービスパッケージが含まれます。

SAP Leonardo Innovation Servicesのすべてのエディションの基盤は、サービスとしてのエンタープライズプラットフォームであるSAP Cloud Platformであり、包括的なアプリケーション開発のサービスと機能を備えています。SAP Cloud Platformは、標準のSAPビジネスソリューションと人、デバイスをインテリジェントにつなぎ、お客様がビジネスの敏捷性を実現するお手伝いをします。ユーザーは、オンプレミスのインフラストラクチャーのメンテナンスや投資を必要とせずに、真に統合され、最適化されたエンタープライズを創出し、ビジネス全体でデジタル変革を加速することができます。

また、SAPジャパンでは、SAP Leonardoを推進するサービスの提供開始と合わせて、IoTやアナリティクスなどの最新のテクノロジーを活用したデジタルビジネスを体験できる「カスタマー・エクスペリエンス・センター(以下、CxC)」のデモコンテンツを拡充しました。今回、パートナー企業との協業に基づいて新しくCxCに設置するデモは以下の通りです。

1. Connected Factory
富士通株式会社が提供する工場ライン模型、SAP Manufacturing Suite、SAP S/4HANA(R)によるつながる工場のデモです。製造現場におけるIoTと生産管理・製造実行の業務ソリューションとを連携し、生産進捗や設備の稼働状況をリアルタイムに可視化します。

2. Intelligent Retail
SBクリエイティブ株式会社のインテリジェントラベル、PepperとSAP Cloud Platformを組み合わせた小売店舗における顧客体験の向上のためのソリューションです。顧客が手に取った商品に合わせて商品棚の説明ラベル表示を変更しPepperが音声で説明します。センサーを通じて取得した顧客の興味動向、滞在時間、人数等の情報をSAP Cloud Platformに収集して分析・予測を行い、商品戦略・顧客
対応の高度化につなげます。

3. Connected Transportation Safety/Hitoe
SAPの自動車の挙動収集分析アプリケーション「CTS(シーティーエス:Connected Transportation Safety)」と心拍数などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe(R)(ヒトエ)」を活用して自公共交通機関や運輸業の安全な運行管理を実現するためにNTTグループと共同開発したソリューションの
デモを展示します。

今後もSAP Leonardoをはじめ最新のテクノロジーを活用したデジタルビジネスのためのソリューションを、パートナー企業との共同イノベーションを含めて提供していきます。

以上

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国355,000社の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
www.sap.com/japan

Copyright (C) 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.