セーリングワールドカップ愛知・蒲郡大会におけるレース状況のリアルタイム公開をSAPのIoT技術が支援 (2017年10月20日)


SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、10月15日〜22日の期間で開催中のセーリングワールドカップ愛知・蒲郡大会におけるレース状況のリアルタイム公開をはじめとした情報提供をSAPのIoT技術が支援していることを発表しました。

2017年より、SAP SEは、World Salingの公式テクノロジーパートナーを務めています。このパートナーシップに基づき、World Sailing主催のワールドカップシリーズ大会に最先端の革新的なソリューションを提供しています。

セーリングワールドカップ愛知・蒲郡大会では、すべての出場艇に追跡装置を積み、海上から直接データを取得することで、リアルタイムなレース状況の表示と分析、レース結果とリーダーボードの表示、さまざまな地点のレース関連情報を観戦者に提供しています。また、レース海域全体に風センサーを設置し、世界屈指のセーラーたちが戦いを繰り広げる現場のセーリングコンディションについて、最新情報を迅速に提供します。これらの情報は、下記のウェブサイトでリアルタイム公開しています。
https://wcs2018-gamagori.sapsailing.com/gwt/Home.html?locale=ja#/multiregatta/overview/:eventId=1e8a9ae8-4a48-4de2-99c5-308169c37b76

この取り組みを実現しているのが、SAPが提供するソフトウェア「SAP Sailing Analytics」です。SAP Sailing Analyticsでは、追跡対象の全レースの詳細データを確認できます。これにより、ファンは、PCだけでなくスマートフォンからもレースの状況をリアルタイムに把握することができます。また、セーラーやコーチは、操舵記録、航行距離、勝ちにつながったレーンなどの重要な分析データを基に、パフォーマンスを理解・分析できるようになります。

セーリングワールドカップシリーズ大会の期間中は、オリンピッククラス10種目で毎日25以上のレースが実施されますが、これらのレースでは、世界最高の国際レース審判員が海上および陸上でレース規則違反に目を光らせます。SAPは、こうした審判員の業務支援を目的としたモバイルアプリケーション「SAP Sailing Race Manager」も提供しています。セーリング大会運営における手作業や連絡作業を自動化および簡素化し、レース運営業務の大幅な効率化と管理体制の強化を実現します。

蒲郡大会は日本初開催のワールドカップシリーズで、2018年以降は、神奈川県江の島での開催が決まっています。SAPおよびSAPジャパンは、2018年以降に開催される江の島大会においても、同社の最先端技術を用いて支援していきます。

以上

World Sailingについて
World Sailingは、セーリング競技の国際的な統括団体で、国際オリンピック委員会(IOC)および国際パラリンピック委員会(IPC)の公認を受けています。1907年に設立されたWorld Sailingは、世界のセーリングファンのより一層の拡大を目指すことを理念に掲げています。セーリングにおけるスポーツとテクノロジーと自然の力の独特の関係性に感化され、世界の海洋環境の保護にも取り組んでいます。World Sailingは、世界各国のセーリング競技を統括する145の各国連盟と、114のWorld Sailingクラス協会で構成されています。

セーリングワールドカップについて
World Sailingが主催する、主に五輪種目のシリーズレースです。蒲郡大会は2018年シリーズ初戦にあたり、その後、マイアミ、フランスと続き、2018年夏にヨーロッパで決勝戦がおこなわれます。世界ランキングの上位選手が出場権利を持ち、五輪を目指す世界のトップセーラーが集まります。蒲郡大会は日本で初めて開催されるワールドカップシリーズで、2018年以降、江の島開催が決まっています。

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国355,000社の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
www.sap.com/japan

Copyright (C) 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.