PTC、Microsoft HoloLensを活用した企業による複合現実(Mixed Reality)体験の作成を実現 (2017年10月6日)


ThingWorx Studioにより、拡張性の高いHoloLens向けMR体験を短時間で作成可能に

米PTC(本社:米国マサチューセッツ州、社長兼CEO:ジェームス・E・ヘプルマン、NASDAQ:PTC、以下PTC/日本法人:PTCジャパン株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は、2017年9月25日、Microsoft HoloLensを活用した企業向け複合現実(Mixed Reality 以下、MR)体験の作成を可能にする、新たな機能の開発を発表しました。PTCとMicrosoftは、ユーザーがHoloLens向けにハンズフリーのMR体験を作成する際の推奨ツールとして、ThingWorx(R) Studio(MRオーサリングとパブリッシングツール)の活用を支援します。

Vuforia(R)の技術を基盤とするThingWorx Studioは、HoloLensのユーザーが拡張性の高いMR体験を構築し、迅速に生成するためのネイティブサポートを提供します。ThingWorx Studioのドラッグアンドドロップを利用した視覚的オーサリング環境は、ジェスチャとボイスコマンドに対応しており、高度なプログラミングや高コストなカスタムデザイナーを必要とせず、すばやく効率的なHoloLensの没入型インタラクション作成を実現します。

Microsoft社Director of Mixed Reality Marketingの Terry Farrell氏は、次のように述べています。

「ThingWorx StudioとHoloLensを組み合わせることで、ユーザーは、営業、マーケティング、製造、サービスから、人事や教育訓練といった多くの重要な場面で活用できる『ハンズフリー』の没入型MR体験を作成することができます。PTCとのコラボレーションにより、HoloLensのユーザーは、こうした体験をより迅速かつ簡単に作成し、様々な場面で活用することができるようになります」

PTC ThingWorx Platform担当エグゼクティブバイスプレジデントのマイク・キャンベル(Mike Campbell)は、次のように述べています。

「製造業ではスマート・コネクティッド・プロダクトの設計、製造、運用、保守で課題に直面しています。ThingWorx StudioとHoloLensを組み合わせることで、ビジネスの環境でこれらの課題の一部を、より簡単で短期間かつ、より費用対効果の高い方法で対応するためのMR体験が作成できます。私たちは、Microsoftとの協力により、ユーザーがMRを利用し競争優位性を実現するための支援ができることを、大変喜ばしく思います」

*本内容は米PTCが2017年9月25日に発表した報道資料の翻訳です。
https://www.ptc.com/en/news/2017/ptc-to-accelerate-mixed-reality-for-enterprises-with-microsoft-hololens

<関連情報>
・ThingWorx Studio Free Trial Programについて
https://studio.thingworx.com/

・ThingWorx Studioについて
https://www.thingworx.com/platforms/thingworx-studio/

・ThingWorx Platformについて
https://www.thingworx.com/

・Vuforiaについて
https://vuforia.com/

・ABI Research: The Power of IoT Platforms for Building AR Applicationsについて
https://www.thingworx.com/resources/abi-research-power-of-iot-platforms-for-building-ar-applications/

このプレスリリースについては、下記URLをご参照ください。
http://www.ptc-jp.com/news/2017/ptc-to-accelerate-mixed-reality-for-enterprises-with-microsoft-hololens

■PTCについて

PTCは世界で最も強力なモノのインターネット(IoT)技術を有しています。1986年にデジタル3D設計に革命をもたらし、1998年に初めてインターネットベースのPLMを提供開始しました。現在は最先端のIoT、ARプラットフォームと実績のあるソリューションによりフィジカルとデジタルの世界を融合し、顧客企業による製品の開発、運用、サービス提供の改革を支援する企業となっています。PTCのテクノロジーは、世界の製造企業やパートナー、開発者のコミュニティがIoTの可能性をすばやく生かす取り組みを支援し、イノベーションの未来を切り開くことを可能にします。

■PTCジャパンについて

米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理(PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理(ALM)、サプライチェーン管理(SCM)、サービス ライフサイクル管理(SLM)、モノのインターネット(IoT)の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。

拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、IoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforia、産業用接続プラットフォームのKepwareといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。1992年3月設立。国内4事業拠点。
Webサイト:http://www.ptc-jp.com

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: http://ja.ptc.com/about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptc 、 http://twitter.com/PTC_Japan 
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc 、 https://www.facebook.com/PTC.JPN

PTCの社名、ThingWorx、VuforiaおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。


以上

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.