NEC、PLMクラウドサービス「Obbligato for SaaS」を中国で発売 (2017年9月11日)


NECは、グローバルで導入実績を有するNECのPLM(Product Lifecycle Management、注1)クラウドサービス「Obbligato for SaaS」を本日から中国で販売開始します。

NECは、社会ソリューション事業に注力しており、今後もグローバルなものづくりインフラやプロセスの変革に貢献するソリューションの提供・拡販に取り組んでいきます。

昨今、アジアのIT市場が堅調に拡大する中、中国における新たな事業開拓を目的とした日系製造業の進出が加速しており、日本の製品を現地仕様に合わせて新たに設計・開発するケースが増加しています。このため、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報や関連ドキュメントなどを組織内で効率的かつ安価に管理するPLMクラウドサービスへのニーズが高まっています。

NECのPLMクラウドサービス「Obbligato for SaaS」は、日本国内トップシェア(注2)であるPLMソフトウェア「Obbligatoシリーズ」のグローバル850社以上への導入実績やノウハウを基に、「製品構成(BOM)管理」「ドキュメント管理」「設計変更情報管理」「持ち出し制御」に関する業務機能を標準定義しクラウドサービスとして実装しています。

今回、中国国内のデータセンターにサービス基盤を構築することで、クラウドサービスとしての高い信頼性や通信品質を実現するとともに、中国におけるサイバーセキュリティ法などの各種法規制に対応しています。

本サービスを導入することで、利用企業は最短2週間という短期間で安価にSaaS型のPLMクラウドサービスを利用することが可能です。また、利用者によるソフトウェアのバージョンアップやサーバなどの保守作業が不要なため、少ないIT要員でもPLMシステムの運用業務が可能です。

本サービスの価格は、5ユーザ利用の場合、月額8万円(日本円換算)からです。NECは、中国の販売代理店を通じて、中国に進出する日系製造業や現地の製造業向けに拡販し、今後3年間で100社への導入を目指します。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

以上

(注1)PLM(Product Lifecycle Management):製品開発の過程で発生する膨大かつ多種多様な技術情報を製品構成情報(BOM:Bill Of Materials)に紐付け、製品ライフサイクルにわたって統合管理することで、製品開発力の強化を目指す改革・取り組み。
(注2)出典:(株) テクノ・システム・リサーチ「2017年機械系CAD/PLM関連ビジネス市場分析調査」(2017年6月)

Obbligato for SaaSについて
URL:http://jpn.nec.com/obbligato/saas/

NECは、社会ソリューション事業を推進するブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/vision/message.html

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.