アルテアエンジニアリングと電通国際情報サービスのHyperWorks代理店契約を締結について (2017年7月25日)


アルテアエンジニアリング株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:綾目 正朋、以下Altair)は、このたび株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)と、HyperWorksの代理店契約を締結しましたのでお知らせします。

AltairとISIDは、これまで設計者向け最適化ツールのsolidThinking製品を、開発の初期段階におけるコンセプト設計ツールと位置づけ、市場に紹介して参りました。

新たにHyperWorksの代理店契約を締結することで、コンセプト設計から詳細設計における3次元解析・シミュレーションへの展開に範囲を拡大して製造業の顧客企業を支援して参ります。

solidThinkingは、製品開発の初期段階で概念設計を効率良く行い、革新的な製品を生み出すためのテクノロジーを開発・販売しています。solidThinkingのソフトウェアは、グローバルな販売パートナーネットワークを通じて販売・サポートされているほか、Altair HyperWorks製品群の一部としても提供されています。solidThinkingは、Altair(本社: アメリカ、ミシガン州トロイ)の完全子会社です。

一方、HyperWorksは、概念設計から詳細設計に展開するために必要な、さまざまな領域問題に対応し、迅速な設計の検証と意思決定のための、包括的シミュレーションプラットフォームです。業界で最も統合度の高いツール群を提供するHyperWorksは、モデリング、解析、最適化、可視化、レポート作成、共同作業による知識管理という、シミュレーション プロセスのあらゆる場面に対応します。革新的な“pay -for-use”(使った分だけ支払う)方式のライセンスモデルを活用して、HyperWorksは世界中の顧客に最大限の価値と柔軟性を提供します。

ISIDは、製造業のエンジニアリング領域全般にわたる幅広いソリューションを提供し、革新的なエンジニアリングプロセスの構築を支援しています。

この度の販売提携により、ISIDが従来対応していた解析分野に加えHyperWorksのモデリング技術、および電磁場(波)解析、衝撃・衝突解析の分野が新たに加わることで、企画構想段階から詳細設計に至るあらゆる段階で、製品の各性能の計画、予測、検証、改善が可能になり、より幅広い分野に対応することができるようになります。

-Altairについて
1985年に設立されたAltairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、
プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発とさまざまな分野への適応に注力しています。2,600人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、23カ国に67以上のオフィスを構えています。顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5,000社以上にも及んでいます。

-ISIDについて

ISIDは、1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営・連結会計、HCM(人財・人事給与就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

ニュースページ
http://www.altairjp.co.jp/newsdetail.aspx?news_id=11391&news_country=ja-JP

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.