PBScloud.io: AltairがクラウドHPCへのアクセスをシンプルに (2017年7月11日)


AltairがクラウドHPC向け新型ターンキープラットフォーム、PBScloud.ioの一般向けリリースを発表 

Altairは、企業や組織がクラウドコンピューティングを容易に実現し、拡張するための最新アプライアンスソリューション、PBScloud.ioのリリースを発表しました。PBScloud.ioを利用すると、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)アプライアンスをパブリックおよびプライベートクラウド、さらにベアメタルインフラストラクチャー上でモデル作成、構築、そして運用できるようになります。

AltairのChief Technical Officerを務めるSam Mahalingamは、「PBScloud.ioは、直感的な操作性でクラウド上にHPCアプライアンスを構築し、運用できるソリューションです。また、ユーザーは、BYOL(Bring Your Own License)モデルを利用すると、あらゆるサードパーティ製のアプリケーションを利用できます。これは、クラウドでHPCを活用する優れた方法を提供し、お客様のイノベーションを支援するという、Altairの継続的な取り組みを明確に具現化したものです」と述べています。

PBScloud.ioの主要な機能は以下のとおりです。 

  • マルチクラウド管理: 複数のクラウドプロバイダーを自在に選択でき、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ベアメタル上でPBScloud.ioを展開できます。
  • セキュリティおよびガバナンス: PBScloud.ioでは、セキュリティが確保された安全なセットアップを利用でき、セキュリティポリシーのカスタマイズも可能です。 
  • ライフサイクル管理: PBScloud.ioでは、アプライアンスのライフサイクル管理など、エンタープライズ向けの機能が搭載されているため、アプライアンスの作成、展開、削除が可能です。
  • 容易な展開: PBScloud.ioを利用すれば、複雑なインフラストラクチャーを迅速に展開でき、他のツールは不要です。 

PBScloud.ioのProduct Managerを務めるJérémie Bourdoncleは、「私たちの使命は、最新の自動化ツールをすべて集約して、HPCをクラウドで容易に利用できるようにすることです。PBScloud.ioを利用すれば、HPCの管理者は、複雑で時間のかかる実装作業から解放され、重要なイノベーションの実現に集中することができます」と述べています。

PBScloud.ioの無償トライアル版をご希望の場合は、こちらをクリックしてください。詳細は、www.pbscloud.ioをご覧ください。

Altairについて
1985年に設立されたAltairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2,600人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、23ヵ国に67以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.