世界中のデザインスタジオの連携強化に向け、フィアット・クライスラー・オートモービルズがダッソー・システムズのインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを選定 (2017年4月28日)


2017 年4月5日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発 日本語参考訳

世界をリードする自動車メーカーが、スタイルの芸術性とサーフェスの品質を同時実現するべく、
車両のデザインに 3DEXPERIENCE プラットフォームを採用

3DEXPERIENCE カンパニーであり、3D 設計ソフトウェア、3D デジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は本日、世界 7 位の大手自動車メーカーであるフィアット・クライスラー・オートモービルズ (FCA) が、世界中のデザインスタジオにおいて、3DEXPERIENCE プラットフォームを基盤とする「ドライブ・エモーション」インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの導入に着手したと発表しました。

「ドライブ・エモーション」は CATIA ICEM アプリケーションが含まれています。このインダストリー・ソリューション・エクスペエリエンスにより、世界中のデザインチームは、仮想空間にある単一のモデルを使ってリアルタイムに連携しながら、完全に統合されたアプリケーションを使用してデザイン案を交換することができます。

自動車のスタイリングは顧客の心に直接響くものであり、多くの消費者にとって重要な購買基準となります。デザイナーが優れたデザインを生み出すためには、包括的な顧客エクスペリエンスを考慮し、感覚に訴えることが必要です。また、こうした包括的なエクスペリエンスを実際に創り出すには、空力設計からマーケティングに至るまで、幅広い専門分野との連携も求められます。一連のデザイン・プロセスの途中でサーフェスの再作成や調整のために異種ソリューション間でデータ転送や変換が発生すると、サイクルタイムが増えるばかりか、初期のデザイン意図が失われるリスクが増す可能性もあります。

「ドライブ・エモーション」は、設計初期のスケッチから仮想検証までの全段階にわたり、完全没入型のコラボレーション環境を提供します。デザイナーはデータ生成のツールに気を取られることなく、存分に創造性を発揮することができます。3D サーフェス上で、容易に変更したり、瞬時にレンダリングできるため、デザイナーはリアルタイムにフィードバックを得ることができます。既存の設計からサーフェスを自動生成・調整する機能もあるため、最終段階で生じた変更も取り込まれ、コストへの影響を抑えることができます。

ダッソー・システムズの取締役会副会長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは次のように述べています。「このパートナーシップ締結が、FCA の世界中のデザインスタジオが創造性を解き放つ一助となれば光栄です。3DEXPERIENCE プラットフォームを活用することで、FCA のチームはバーチャル環境上で連携を強化できるため、驚異的で革新的な自動車エクスペリエンスの設計と、新世代のお客様に向けた市場展開が可能になります。FCA の卓越性は一層高まり、形状と機能の融合からマルチフィジックスのジェネレーティブ・デザインへと移行していただけます」

ダッソー・システムズの自動車・輸送機械業界向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスについての詳細はこちらをご覧ください:
https://www.3ds.com/ja/industries/transportation-mobility/

(以上)

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3DEXPERIENCEカンパニーとして、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約22万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.