SAP AWARD OF EXCELLENCE 2017受賞パートナーを発表 (2017年3月9日)


SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)は、本日、SAPパートナー向けのコンベンション「2017 SAP Partner Summit Day」において、『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2017』の受賞パートナーを発表しました。

1998年に創設された『SAP AWARD OF EXCELLENCE』は、SAPビジネスへの貢献度、ならびに顧客満足度などにおいて、極めて高く評価されたパートナー企業に授与される賞で、今回で第20回目を迎えます。本アワードでは、SAP HANA(R)やクラウド、SAP S/4HANA(R)などの主力SAPソリューション分野での取組みや成果、ビジネスの実績、優れた導入プロジェクト、お客様への高い価値の提供、といった様々な観点からパートナーを評価し表彰するとともに、卓越した成果と実績をあげられたプロジェクトマネージャー個人向けに昨年新設された「SAPマイスターIQ」認定者も表彰しました。

それぞれの選定基準および受賞パートナー、個人については以下の通りとなります。

※受賞パートナー各社は五十音順で表記されています。

<プロジェクト・アワード>

  • 最優秀賞「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」
    受賞パートナー:株式会社JSOL様
    「株式会社アマダホールディングス様:グローバル経営基盤/A-GBIT(Amada Global Business Infrastructure for Transformation)プロジェクト」
    授賞理由:金属加工機械のリーディングカンパニーであるアマダホールディングス様の「グローバル・アマダへの変革」に向けて、SAP S/4HANA Enterprise Managementを活用したグローバル/デジタル経営基盤を導入。グローバル経営管理の高度化、グローバルSCM構築に貢献し、難易度の高いプロジェクトを強力に推進したことを最高位に評価。
  • 優秀賞「プロジェクト・アワード」
    受賞パートナー:アビームコンサルティング株式会社様
    「総合メディカル株式会社様:会計システム刷新プロジェクト」
    授賞理由:SAP S/4HANA Financeを採用し、総合メディカル様の急速なビジネスの成長を支える次世代会計システムを構築。法制度対応、業務の標準化や高度化、人材育成など様々な改革を通じ、企業競争力の向上に貢献したことを高く評価。
  • 受賞パートナー:株式会社クニエ様
    「トヨタ紡織株式会社様:トヨタ紡織アジア SAP S/4HANAマイグレーション プロジェクト」
    授賞理由:トヨタ紡織アジア様のSAPシステム導入プロジェクトにつき、急増するトランザクションを対処するために、わずか3カ月の短期間で日本初となるSAP S/4HANAフルモジュールマイグレーションを実現し、業務の俊敏性を高め、業務改善に貢献したことを高く評価。
  • 受賞パートナー:株式会社テクノスジャパン様
    「株式会社スノーピーク様:デジタル改革プロジェクト」
    授賞理由:顧客エンゲージメント、実体験に基づく先進的な製品、販売力といったスノーピーク様の強みから得られるブランド力の最大化を図るために、SAP S/4HANA Enterprise Management、SAP(R) Hybris(R) Commerce、SAP Hybris Marketing、SAP(R) BusinessObjects(TM) Predictive Analytics、SAP BusinessObjects Planning and Consolidation、およびSAP BusinessObjectsソリューションのビッグバン導入へ取り組み、デジタル改革を実現したことを高く評価。
  • 受賞パートナー:株式会社DTS様
    「スズキ株式会社様:新人事給与システム構築プロジェクト」
    授賞理由:スズキ様および国内販売代理店の業務プロセスを標準化し、業務の効率化を実現。また、スズキグループの人財情報を新システムへ統合することにより、新中期経営計画を推進するための人財管理基盤を確立したことを高く評価
  • 受賞パートナー:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社様
    「株式会社インテージホールディングス様、株式会社インテージ様、株式会社インテージテクノスフィア様を含む、グループ企業13社:グループ経営管理リノベーションプロジェクト」
    授賞理由:インテージホールディングス様を含むグループ企業13社におけるグループ経営情報システムをSAP S/4HANAおよびSAP Integrated Business Planning、SAP Cash Managementで構築した。多様なサービスモデルを包含するプロフェッショナルサービス業界向けに、グループ各社に共通視点でのPDCA確立と、ホールディングスの連結経営基盤による最適化視点での迅速な戦略立案を両立させたことを高く評価。
  • 受賞パートナー:日本電気株式会社様
    「日本電気様 NEC G1(グローバル経営システム) SAP HANA導入プロジェクト」
    授賞理由:さらなる経営のスピードアップと業務生産性の向上を実現するため、SAP S/4HANAに向けての1stステップとしてSAP HANAを導入。大規模(10TB)かつミッションクリティカルな基幹システムを短期間で移行したことを高く評価。
  • 受賞パートナー:株式会社日立製作所様
    「東京電力エナジーパートナー株式会社様:小売新CIS構築プロジェクト」
    授賞理由:電力小売自由化に対応した新営業料金システムとして「SAP(R) for Utilities」を国内で初めて導入。事業変化に伴う様々な制度変更の中で、システム/業務の両面からお客様を強力に支援し、大規模かつ高難度のプロジェクトを短期間で完遂、安定稼働に導いた点を高く評価。
  • 受賞パートナー:株式会社ブライト・ビジネス・パートナーズ様
    「ポリマテック・ジャパン株式会社(中国現地法人)様:ERP 短期導入プロジェクト」
    授賞理由:お客様のグローバルレベルの課題に対し「情報連携の精度向上」「PDCAサイクルの高速化」「グループ全体での収益構造改革」をプロジェクト目標とし、グループのメイン製造拠点をプロジェクト期間7カ月での短期導入を実現したことを高く評価。
  • 受賞パートナー:三井情報株式会社様
    「稲畑産業株式会社様:海外基幹システム 標準化プロジェクト」
    授賞理由:お客様のグローバルでの業務標準化とガバナンス強化を実現するため、
    SAP HANAに対応した商社販社向けテンプレートとSAP HANA Enterprise Cloudを活用した共通ERP基盤を構築し、海外複数拠点に短期間で導入・安定稼働させたプロジェクト運営力と技術力を高く評価。

<SAPマイスターIQ>

SAPマイスターIQは、デジタル変革時代にふさわしい卓越したビジョンと広範囲の経験や知見を持ってお客様の課題解決にリーダーシップを発揮され、イノベーションの計画・提案・現実化のトップランナーとしてSAPエコシステム全体において規範となる価値創造と実現ができる人材を、審査に基づき個人に認定・表彰

するものです。なお、“IQ”は「革新的なコトを成す資格を持つ者」を意味する“Innovation Qualifier”の略です。

受賞者(お名前五十音順):

  • 荻野 泉様(株式会社クニエ)
  • 中江 功様(富士通株式会社)
  • 松田 武様(株式会社テクノスジャパン)
  • 宮下 雄介様(株式会社JSOL)

<サービス・パートナー部門> 

  • 「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」
    受賞パートナー:アクセンチュア株式会社様
    授賞理由:サービス・パートナーとして、2016年度の新規SAPライセンス売上げ、プロジェクトの実行において最高位の実績をあげられたこと、また、戦略インダストリーにおいて卓越したソリューション提供に貢献されたことを評価
  • 「ザ・ベスト・リソース・パートナー・アワード」
    受賞パートナー:アビームコンサルティング株式会社様
    授賞理由:年間で最も多くの新規認定コンサルタント593名を育成されたこと、さらに、さまざまな新ソリューション分野でも積極的に人員の育成に努められたことを評価。

<チャネル・パートナー部門>

  • 「ザ・トップ・リセール・パートナー・アワード」受賞パートナー:日本アイ・ビー・エム株式会社様
    授賞理由:2016年におけるチャネル販売において、売上高が最高位の実績を上げ
    られたことを評価。
  • 「ザ・トップ・リセール・パートナー・アワード (SME)」
    受賞パートナー:株式会社ブライト・ビジネス・パートナーズ様
    授賞理由: 2016年における中堅・中小市場のチャネル販売において、売上高が最高位の実績を上げられたことを評価
  • 「ザ・トップ・リセール・パートナー・アワード (クラウド)」
    受賞パートナー:日本アイ・ビー・エム株式会社様
    授賞理由:2016年におけるクラウドのチャネル販売において、売上高が最高位の実績を上げられたことを評価。
  • 「ザ・トップ・OEM/ISV・パートナー・アワード」
    受賞パートナー:エヌ・デーソフトウェア株式会社様
    授賞理由:2016年におけるOEM販売において、売上高が最高位の実績を上げられたことを評価。
  • 「ザ・トップ・マネージドクラウド・パートナー・アワード」
    受賞パートナー:アビームコンサルティング株式会社様
    授賞理由:2016年におけるPartner Managed Cloudの販売において、売上高が最高位の実績を上げられたことを評価。

<特別賞>

  • 特別賞
    受賞パートナー:アクセンチュア株式会社様
    授賞理由:複数の大型プロジェクトの受注をはじめ、SAP S/4HANAへの積極的な取り組みとその成果を高く評価。
  • 特別賞
    受賞パートナー:株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ様
    授賞理由:SAP(R) Business ByDesign(R)の特長を生かした短期導入プロジェクトの推進や、新規パートナーの開拓支援・育成など、SAP Business ByDesignに関する幅広い取り組みをされたことを評価。
  • 特別賞
    受賞パートナー:株式会社クニエ様
    授賞理由:SAPの最新クラウドソリューションの提案活動に積極的に取り組み、かつ、着実に成果をあげられていることを評価。
  • 特別賞
    受賞パートナー:シスコシステムズ合同会社様
    授賞理由:SAP HANA対応サーバーの顕著な売り上げ実績と、SAP Co-Innovation Lab Tokyoにおける検証システムへの多大なる貢献を評価。
  • 特別賞
    受賞パートナー:TIS株式会社様
    授賞理由:新規案件発掘の件数ならびに金額において顕著な実績を上げられたことを評価
  • 特別賞
    受賞パートナー:株式会社Minoriソリューションズ様
    授賞理由:Jリーグ松本山雅FC様での顧客エンゲージメントソリューションをはじめ、SAP Cloud Platform(※)への積極的な取り組みをされたことを評価
  • 特別賞
    受賞パートナー:ロータスビジネスコンサルティング株式会社様
    授賞理由:SAP Business One(R)のビジネスにおいて顕著な実績をあげられたこと、また、首都圏のみならず全国各地への展開など中堅・中小市場における積極的な取り組みをされたことを評価。

※SAP Cloud Platform

SAPは、従来の「SAP HANA(R) Cloud Platform」を「SAP Cloud Platform」と名称変更しました。

以上

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP SEの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭で、さらにデスクトップ環境からモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国345,000社の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。( www.sap.com/japan

Copyright(C) 2017 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.