ラティス、設備開発プロセスの並列化ソリューションを強化 (2017年1月17日)


- 設計変更追従でVmechによる制御ソフト検証を大幅に効率化 –

2017年1月17日東京(日本)、ラティス・テクノロジー株式会社 (代表取締役社長 鳥谷 浩志、以下、ラティス)は、製造設備の機構を検証するパッケージ「XVL Kinematics Suite」と、その制御ソフトを仮想検証するパッケージ「XVL Vmech Simulator」の最新版を1月17日より発売します。両ソフトウェアのパッケージでは設計変更に追従する機能を搭載、検証の作業性と効率性を大幅に高めました。 

グローバルな競争環境にある製造業において、高機能な製品を短納期で供給することは喫緊の課題です。各社では、製造設備をPLC(*)上の制御ソフトでコントロールすることで、多様な製品生産を実現してきました。第4次産業革命の中、この製造設備開発の高品質化と効率化が、全体の生産性向上の大きなキーとなりつつあります。 

ラティスでは、制御ソフトを含む製造設備を短期間にかつ効率的に開発するために「XVL Vmech Simulator」を提供、実機完成前に制御ソフトを仮想検証することで、設備開発期間の大幅な短縮を実現してきました。仮想検証には、設備の3DモデルをCADで準備し、そのモデルがどのように駆動するのかという機構を定義します。より効果的な仮想検証のために、設備の3Dモデルが設計変更されても、一度設定された機構情報をそのまま利用したいというニーズが強まっていました。 

新パッケージでは、設計変更が起こっても設定された機構情報を新しい3Dモデルに引き継ぐことができます。メカ設計者は変更後の機構を確認できるとともに、制御ソフト開発者も仮想検証を即座に開始することが可能になります。この結果、初期段階からメカ・エレキ・ソフトの設計を並列に行い、仮想モデルで前倒し検証することが可能になりました(下図参照)。 

新パッケージにより設備開発プロセスのコンカレント化が推進され、上流工程での製造設備の品質の造り込みを実現しました。この結果、マーケットニーズに合致するタイムリーな製品出荷と高品質設備による安定生産といった、競争力を持つ工場の垂直立ち上げが可能になります。 

20170117 Lattice copy

*PLC:Programmable Logic Controllerの略。設備や機械で主に使用される制御装置。IEC61131-3 で規格化された言語を用いて、主にシーケンス制御を行う装置。

パッケージ製品情報
XVL Kinematics Suite : XVL Studio Standard (XVL データでデザインレビュー、工程設計・検証、3Dデータ編集・閲覧を行うDMUツール)と機構の定義・動作確認、タイミングチャートによるシナリオ動作、動的干渉チェックを行う機構オプションをパッケージ化。3次元CADではできない大規模設備モデルの機構検証を可能として、実機完成前にメカ設計の妥当性や制御仕様の妥当性を検証することが可能です。
■最新版発売日 : 2017年1月17日~
■販売価格(税別) : 2,200,000 円 (ノードロックライセンス) 、年間保守 440,000 円

XVL Vmech Simulator : XVL Kinematics Suite で作成された機構モデルに、モータやセンサなど制御デバイスの仮想モデルを関係付け、制御コントローラの接続設定を行うことで実装ソフトウェアの仮想デバッグを可能とします。通信インタフェースは、使用するコントローラに合わせてオプション製品として提供しています。また、制御デバイスとコントローラの入出力をモニタしたり強制変更(いじわるテスト)が可能なユーティリティをバンドルしました。
■最新版発売日 : 2017 年1月17日~
■販売価格(税別) : 4,000,000 円 (ノードロックライセンス) 、年間保守 800,000 円

用語説明
XVL: 「XVL」 (eXtensible Virtual world description Language) は、XML(eXtensible Markup Language) をベースとした超軽量3D表現として、ラティスが提唱する表現形式です。XVLを用いることで、3D CADなどで生成されたデータを数百分の1にまで軽量化することができます。また、メモリが少ない環境で巨大な3Dデータを高速表示する技術の実装により、ネットワーク環境での3Dデータ共有に最適な形式です。さらに、XVLに変換されたデータは、無償のXVL Playerで閲覧が可能です:
http://www.lattice.co.jp/ja/download/xvl-player/download.html
現在、干渉チェック機能を搭載したDMU や3Dビジュアル作業指示書を作成するソリューションが市場で高く評価されています。ラティスの XVLは世界中の自動車産業、航空機産業、電機産業等多くの製造業の企業で採用されています。3Dデータの精度と構成情報を保ちながら、軽量にデータ表現できるという特徴から、デザインレビュー、機構シミュレーション、工程設計、作業指示、部品表、イラスト作成などの用途に活用されています。製造業の大手では、3D CADの普及により蓄積された3D データの有効活用を目的に、XVL製品を全社規模で導入するケースが増加し、国内外で急速に普及が進んでいます。

会社概要
ラティス・テクノロジー株式会社 : ラティス・テクノロジー株式会社は、ネット上での軽量3Dソリューションを提供するために1997 年10月、慶応義塾大学(当時)の千代倉弘明教授らが中心となって設立したソフトウェアベンチャ企業です。世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術「XVL」をベースとした3Dデータ活用ソリューションを提供しています。設計を検証するデジタルモックアップから設計・製造情報を伝達するためのテクニカルドキュメントまで、3Dデータ活用のソリューションを幅広く提供しています。
本社 :〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10 階
ホームページ :http://www.lattice.co.jp
代表取締役社長 :鳥谷 浩志
資本金 :7億円
設立 :1997年10月

XVL、Vmechは、ラティス・テクノロジー株式会社の商標、または登録商標です。
その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.