PLM Leadership - PLM Certification Program:内容


Session 1 - Introduction to PLM(PLM序論)

  • 期間:1日
  • 前提条件:
    • 無し
  • 目的:この7時間のセッションは、今日のグローバルなPLM市場の状況とビジョンのプレゼンテーションを含み、セッション全体の目的は、動向、システムアーキテクチャ、また成功の重要要素を含む広範なPLM市場のオーバービューを提供します。このセッションはプレゼンテーション、ディスカッション、また数々のインタラクティブなエクササイズを含みます。
  • セッション概要:
    • セッション紹介(Session Introduction)
      市場の進展について参加者が理解するために最近の歴史、現況、市場の動向を含むPLM市場の状況の議論。これらにはシステム資源、実装のタイプ、実装の範囲、投資資源などを含みます。
    • PLMソリューションの構成・要素(Elements of a PLM Solution)
      定義 - PLMソリューションの定義と説明、それは何か、また諸々のコンポーネントがどのように互いに関わり合うのかについて。これはPLMへの幅広い定義を提供し、CAD、ソフトウェアエンジニアリング、ERP/MRP II ツールなどの諸々の関連テクノロジーとソリューションの位置付けをします。
      機能 - PLMのサポートに必要な機能の説明。これは典型的なPLMソリューションを構築するための機能分野の説明と各々の議論を含みます:それらは何か、それらはどのように働くか、達成のために使われるものは何か、商用/社内で立案・設計されたシステムでどのようにサポートされるのかの例。
      アーキテクチャ - 分散システム運用要件、ユーザーインターフェイス、アプリケーションインターフェイス、プラットフォーム課題などを含むPLMソリューションのアーキテクチャに関連した課題の解説・議論。
    • PLMの拡大の範囲 (The Expanding Reach of PLM)
      この議論はPLMの重要な拡大領域を紹介します。PLMの適用がこれからであったり、最近PLMが適切なるベネフィット(利益・効果)を出し始めた企業内各所・関連企業(extended enterprise)の機能分野を含みます。これらの領域の一部には次のものを含みます:ポートフォリオマネージメント、要件マメージメント、デジタルマニファクチャリング、メカトロニクス、そして解析&シミュレーション。
    • 商用PLMランドスケープの紹介(An Introduction to the PLM Commercial Landscape)
      この議論 はリーディングPLMソリューションプロバイダーと彼らが提供する製品のレビューを含む商用 PLMソリューションのシステム全体のオーバービューを提供します。セッションはPLMソリューションサプライヤーがサポートする分野にフォーカスをし、今日の「マインドシャア」PLMソリューションサプライヤーの説明をします。
    • PLMのベネフィット:利益・効果(PLM Benefits)
      この議論は、PLM戦略の適切な適用で達成出きるベネフィット(利益・効果)のタイプと大きさ(数量的な)のオーバービューを提供します。このセッションは種々の主要な業界企業からの選び抜かれた実際のベネフィットの例のレビューを含みます。
    • PLM戦略の策定・定義とソリューションのためのベストプラクティス(Best Practices for PLM Strategy Definition and Solution Selection)
      この議論はPLM戦略の開発のためのハイレベルのガイドライン、またソリューションの評価と選択について提供します。これらのベストプラクティスは、理想的には組織に実装を行うための時間の短縮に支援をするもので、引き起こされるリスクの認識と大きさを知り、またプロジェクトコストのより適切なマネージメントとコントロールを支援します。
    • PLM適用、モニタリング、そして継続的改善へのベストプラクティス(Best Practices for PLM Deployment, Monitoring, and Continuous Improvement)
      この議論はPLMソリューションの成功ある適用、モニタリング、そして継続的な改善に関連する重要なアクティビティのオーバービューを提供します。

Session 2 - PLM Benefits & Potential Value(PLMの利益・効果と潜在的価値)

  • 期間:半日
  • 前提条件:
    • セッション1:PLMの紹介
  • 目的:この半日のセッションはPLMの適用・実装のベネフィット(利益・効果)を計ったりモニターするために使われる業界のメトリクス( 利益・効果などの価値を計る尺度・測定基準)をレビューします。PLMの潜在的なベネフィットの領域についてはPLMを適用・実装をして来た様々な企業によって得た結果を解説・議論をし進められます。これらのケーススタディは出版された文献やCIMdataがリサーチやスタディしたものから行います。セッションの焦点は、会社のPLM戦略の策定・定義、最も適切なPLMソリューションの選択、会社のPLMロードマップの策定・定義、またその多くの支援にメトリクスを如何に使うかを解説することです。
  • セッション概要
    • PLMの潜在的な利点・利益・効果
    • PLMコスト定義&計測
    • PLM価値の計測
      • 価値計測の手法、例えば、ROI
      • メトリクスの重要性
    • ベネフィット・アプレイザルモデルの紹介(アプレイザル:査定・評価)
    • PLMプログラムを間違いなく導くためにメトリクスを使用
    • PLMベネフィット・ケーススタディ

Session 3 - PLM Strategy & Solution Definition(PLM戦略策定とソリューション定義)

  • 期間:半日
  • 前提条件:
    • セッション1:PLMの紹介
    • セッション2:PLMのベネフィット&潜在的価値
  • 目的:この半日のセッションはPLM戦略の策定またソリューションの定義のための詳細なガイドラインを提供します。これをさらに追求した際には、これらのガイドラインは、組織がPLMソリューションの戦略を定義したり策定するために必要とする時間を節約することになるでしょう。
  • セッション概要:
    • PLM戦略策定の紹介
    • ハイレベルでの計画
    • 戦略並びに戦術の策定
    • ビジネス要件の策定・定義
    • 実行・実装戦略

Session 4 - PLM Solution Evaluation & Selection(PLMソリューション評価&選定)

  • 期間:半日
  • 前提条件:
    • セッション1:PLMの紹介
    • セッション3:PLM戦略策定とソリューション定義
  • 目的:この半日のセッションは入手可能なソリューションの評価や会社のPLM戦略を支援する適切なる一つを選択するための詳細なガイドラインを提供します。これをさらに追求した際には、これらのガイドラインは当該組織のために最も適したソリューションを選択するために必要とする時間を節約することになるでしょう。
  • セッション概要:
    • 利用可能なPLMソリューションの評価
    • 適切なるPLMソリューションの選択
    • 正しいビジネス要件の策定・開発
    • テクニカル要件の策定・開発
      • ビジネス要件をテクニカル要件に如何に落とし込むか
    • ベンチマークシナリオの策定・開発
    • 妥当・適切なソリューションを如何に定義するか
      • 要件に対してソリューションを如何に評価するか

Selection 5 - PLM Implementation, Monitoring & Continuous Improvement(PLM適用・実装、モニター、並びに継続的改善)

  • 期間:半日
  • 前提条件:
    • セッション1:PLMの紹介
    • セッション2:PLMのベネフィット&潜在的価値
    • セッション3:PLM戦略策定とソリューション定義
  • 目的:この半日のセッションは組織のPLM環境の適用・実装や展開・発展させるための詳細なガイドラインを提供します。 これをさらに追求した際には、これらのベストプラクティスは、プロジェクトのコンセプト段階から適用・実装、現場への展開に至るまでの発生するリスクを認識したり見定めたり、コストのマネージメントやコントロールをより良くするための時間を節約することになるでしょう。
  • セッション概要:
    • プログラム(推進計画)の整理
    • 主要な役割と責任
    • プロジェクトマネージメン領域:適切なるスコープ、リスク、品質の保証など
    • 適用プロジェクトの準備&プラニング
    • プログラムの実行とコントロール
    • プログラムのモニタリング&改善
    • 進行中の支援と進展への対応

Session 6 - PLM Process Development & Testing(PLMプロセスの開発と評価試験)

  • 期間:半日
  • 前提条件:
    • セッション1:PLMの紹介
    • セッション2:PLMのベネフィット&潜在的価値
    • セッション3:PLM戦略策定とソリューション定義
    • セッション4: PLMソリューション評価&選定
    • セッション5: PLM適用・実装、モニター、並びに継続的改善
  • 目的:この半日のセッションは、PLMで実現するプロセスを如何に定義し、適用・実装し、そして継続的な改善を進めるかを理解・会得することを提供します。またセッションはPLMソリューションが実現するプロセスの評価試験についてのベストプラクティスも説明します。
  • セッション概要:
    • 序論
    • プロセス要件のリファイン
    • プロセスフロー&ユースケースの開発
    • システム試験(ソフトウェア開発ライフサイクル並びに必要とされる試験の種類、ユーザーへの受入試験、試験のマネージメント、他)
    • プロセスオーナーシップ&継続的改善

Session 7 - Integrating PLM within the Enterprise(企業内のPLM統合)

  • 期間:半日
  • 前提条件:
    • セッション1:PLMの紹介
    • セッション2:PLMのベネフィット&潜在的価値
    • セッション3:PLM戦略策定とソリューション定義
    • セッション5: PLM適用・実装、モニター、並びに継続的改善
  • 目的:この半日のセッションは、企業全体のITアーキテクチャ(プロセス及びデータいずれも)の中でのPLMの役割、また諸々の企業ITシステム、例えば、ERP、CRM等、種々のPLMソリューション、特にPDMテクノロジーのインテグレーションのベストアプローチ(例えば、SOAの実装を通して)を中心に進めます。
  • セッション概要:
    • 序論
    • 典型的な企業のITの全体像
    • 企業のIT全体に於けるPLMの役割
    • 機能するインテグレーションアプローチ
    • その他考慮すべき課題

Session 8 - Expanding PLM Across the Value Chain(バリューチェーンへのPLM拡大)

  • 期間:半日
  • 前提条件:
    • PLM セッション1:PLMの紹介
  • 目的:この半日のセッションは企業の内部や外部(サプライヤ並びにパートナーコミュニティへの、顧客へのアクセスの提供に向けて、エンジニアリングやマニュファクチャリングオペレーション以外の機能分野に、そして広範なエンタープライズをまたがる分散オペレーション)にPLM実装行う次なる段階についてカバーします。
  • セッション概要:
    • セッション概要:
    • バリューチェーンの定義
    • 拡大領域
    • それぞれの領域の本質的な課題
    • 拡大へのプライオリティとステップ

Configuration Management’s Role in PLM(PLMに於けるコンフィグレーション・マネージメント の役割)

  • 期間:半日
  • 前提条件:
    • セッション1:PLMの紹介
  • 目的:この半日のセッションはコンフィグレーションマネージメントとは何か(定義)、それを実現するためにPLMが如何に利用出来るかを明らかにします。このセッションは、コンフィグレーションアイテム、オプション&バリアント、チェンジマネージメント、そしてエフェクティビティなどのような種々のPLMに関連したコンフィグレーションマネージメントの要素、またそれらをサポートするためにPLMソリューションを如何に利用出来るかの理解を提供します。セッションはさらに、コンフィグレーションマネージメントのベストプラクティスや業界での例も含みます。
  • セッション概要:
    • コンフィグレーションマネージメントとは
    • コンフィグレーションマネージメント - 定義
    • プロセスと関連要件
    • ベストプラクティス・ガイドライン
    • 業界に於ける例

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.