CIMdata 2010 PLM Vendor Forums


CIMdata 2010 PLM Vendor Forums
“PLM - 業績回復を加速する”
(“PLM―Accelerating the Recovery”)

 CIMdataベンダーフォーラム、例年通りの一日の国際的なイベントは、業界の業績状況、進展状況のチェック、また将来へのビジョンを定めるためにPLMのテクノロジー並びにサービスプロバイダーが一同に集まる機会を提供するものです。また、CIMdataがPLM業界および市場の見通しを共有するフォーラムを提供するもので、PLM市場の分析結果を紹介し、ベンダーコミュニティにとって非常に重要な課題について議論を進めるものです。

 CIMdata PLM ベンダーフォーラム 2010 開催日時のご案内(PLMテクノロジー&サービスサプライヤ向け)、2009年度のベンダーフォーラム(グローバル・プログラム)の開催地&時期は下記のようになります:

  • 北米:2010年3月25日(木)、Kensington Court, Ann Arbor, Michigan
  • 欧州:2010年4月15日(木)、Millennium Hotel and Resort, Stuttgart, Germany
  • 日本:2010年4月21日(水)、東京、お茶の水:明神会館

CIMdata 2010 PLM Vendor Forums
“PLM - 業績回復を加速する”
(“PLM―Accelerating the Recovery”)

 最近の経済停滞は世界中の多くの会社にとって苦しいものであることを明確に示しました。幸いにも、多くの地域および業種で回復の兆しが見始めています。現在の経済サイクルは多くの企業のビジネスに大きな影響がありました - それには競争のための能力やリソースの拡大の能力も含みます。会社は経済サイクルに適応すること、そしてより迅速に下落の影響から回復するために行うべき投資を何時そして何をするのかのいずれについても必要です。問題は「私の会社にまた市場全体の回復に何が役に立つのだろうか?」です。歴史的に、消費者が購入したいと思うサービスや新製品を提供することが経済上(ビジネス成長への回復の加速する)明確なインパクトがありました。停滞脱出への優位性を得る製品のポートフォリオで市場をリードする企業が厳しい停滞状況の中から現れています。これらの企業は彼らの製品の核となるポートフォリオを見極め、いち早く行動する者が優位性を得ることを確実にするためのR&Dに投資しています。

 PLMの継続且つ拡大している適用は、経済の回復を加速する新しい製品やサービスを提供するための企業競争能力を強化するものです。これを支援するために、PLMソリューションのサプライヤーには企業、またスリク化された開発スタッフがより迅速且つ能率的に仕事をすすめることを支援する最新のテクノロジーや新しいコラボレーションパラダイムを組込むことを常に強いられています。PLM環境ではデジタル化が実現するソーシァルネットワークと能率の良いコンプライアンスプロセスの二つの分野が大きなインパクトになっています。今日、勿論明日&将来の働く人々はオンライン、リアルタイムなソーシァルでのインタラクティブな方法で理解(コミュニケート)し合うことを期待しております。彼らは共通な話題や知識を共有したり、そこでの問題を解決出来る仲間を速やかに探し出したり、話したりすることを望んでいます。同時に企業は、自身の製品が絶えず変化する無数の要件(規制や市場要求いずれも、例えば、グリーン設計)を満足していることの妥当性を立証する益々大きくなるプレッシャーの中にいます。CIMdataは、企業が製品ライフサイクルの一連の脈略・流れ(コンテキスト)の中でソーシァル・ネットワーキングのコラボレーションを支援したり、規制やその他市場の期待を満たす製品の供給を確実に行える製品をPLMソリューションサプライヤーが提供することでこれら課題に答えるためのさまざまな規模の彼らへのニーズを理解しております。これら分野での企業の投資は、彼ら企業の経済回復を加速させることが出来る製品とサービスを創り出すことを支援します。

 CIMdataの2010年度のPLMベンダーフォーラムはチャレンジがますます多くなっている市場で切磋琢磨しているPLMソリューションサプライヤーに於ける現在の経済情勢の影響や動向についての洞察力ある見解を提供します。例年同様、PLM市場の現行状況や将来並びに動向に関するCIMdataの見解・展望が2009年PLM市場の結果(PLM分野、業種、地域、そして大手PLMソリューションサプライヤーの業績(収益と市場シェアの分析)などへの市場の成長と予測)についてのCIMdataの見解を述べる最初の公開の場であると共にそれらを詳細にプレゼンテーションします。我々は二つの発展分野:ソーシァルネットワーキング並びにコンプラインス(如何にこれらがPLM市場への新たな機会をもたらし、回復を加速しているか)を論じます。

 CIMdataのPLMベンダーフォーラムの参加者は、現行のPLM市場の状況、それに影響を与えているダイナミクスさ、またその継続的進展への期待などについて確かなる理解を深めることと考えます。加えて出席者は、現時点のPLM市場環境を着実に進むために利用出来る機会とアプローチへ自身の洞察力を更に高めるための機会を持つ事になります。

CIMdataベンダーフォーラム 2010 東京アジェンダ:内容

10:00am - 10:10am 開催にあたって(Welcome)

  • 江澤 智 (Satoshi Ezawa), CIMdata日本代表 (MetaLinc K.K.)

10:10am - 11:20am PLMの状況 - 今日の市場並びに最新トレンド(State of PLM - Today's Market and Leading Trends)

  • ケン・アーマン(Ken Amann, Director of Research, CIMdata)
  • 本セッションはPLMのサプライヤーとサービスへ動向と課題を中心にPLM業界の現状のレビューをします。グローバルエコノミーに於いて生じている大きな変化は、全ての業種のユーザー組織に困難さが続いており、結果的に、ユーザー組織に販売するための切磋琢磨しているPLMのサプライヤーにチャレンジが続いています。困難な時期に於いて、ビジネス・イネーブルストラテジーとしてのPLMは、企業が今のまたはより少ない資源でより多くの仕事をすることが必要な時に、より効率的且つイノベーティブになるための組織能力を実現することは更に重要なものです。PLMは企業の生残り戦略、またビジネス回復のイネーブラ(実現手段)の重要なコンポーネントとして益々受け入れられています。更に、真の「エンタープライズ」イニシャチブとしてのPLMの迅速な適応がより目に見える様になっており、絶え間なく拡大しているユーザーに更に価値を得るためにソリューションの拡大と開発に投資のけん引になっています。多くのケースでPLMは、企業(おそらくあらゆる業界)の再編成のために必要とされています。ソーシァルコンピューティングとコンプライアンスは今日の市場をけん引している二つのホットなイニシャチブであり、CIMdataは正にこれらプログラムの最前線におります。CIMdataは困難さが増す市場の中で切磋琢磨するサプライヤーが持っているこれら動向と影響についてその見解をプレゼンテーションします。このセッションは更に考慮しなければならない新たなまた拡大しているビジネスの機会を含むPLMの将来についての議論(概略)も進めます。

11:20am - 11:30am 休憩 (Coffee Break)

11:30am - 12:30pm

2009年度市場分析結果 - グローバル (2009 Market Analysis Results - Global)

  • ケン・アーマン
  • PLM業界の進展と方向性への包括的且つ正確な最善な情報源をして長期に渡って認められているCIMdataの年次PLM市場の分析はこのベンダーフォーラムでまず発表されます。CIMdataは、様々な角度からの2009年度のPLM市場収益と私ども将来予測を含むPLM市場の分析をプレゼンし論じます。これには種々の重要なるPLMの機能領域、主要な業種、また地理的な面について業界の投資についてのレビューを含みます。CIMdataは、収益の結果のセクターの分析のみならず、それぞれのセクターやその原動力などについて内容を明らかにします。様々なセクターに於ける市場分析に加えて、CIMdataは様々なセクターのサプライヤーの活動の結果や彼らの収益についての業績を分析や見解を提供します。このセッションは昼食を挟んで続けます。

12:30pm - 1:30pm 昼食 (Lunch)

1:30am - 2:15pm 2009年度市場分析結果 (2009 Market Analysis Results) 午前の続き (Continued)

2:15pm - 3:00pm 2009年度市場分析結果 - Japan & AP(2009 Market Analysis Results - Japan & AP)

  • 江澤 智
  • 本セッションは主に日本の市場にフォーカスした課題の議論・共有を含む日本並びにアジア市場に於ける2009年度PLM収益、市場成長、地理的並びに業種の分布、主要サプライヤーについての所見を提供します。また、2009年を通じて、また今後の当該地域に置ける固有の課題&特徴(地域差など)についても議論を行います。更に、業界は年度を通じての経済環境の影響についも触れ、業界努力並びに展開状況をレビューし、今後の指針を論じます。

3:00pm - 3:30pm 休憩 (Coffee Break)

3:30pm - 4:50pm 今後の展開への重要領域 (Key Areas for Future Development)

  • 今日のグローバル市場、また非常に変化している市場に於いて、企業のビジネスの成功は今までにない 様々な変化している社内外のプレッシャーに影響されます。このセッションでは,もしうまく取り扱ったならばと言う事で企業の回復能力を本当に加速することが出来るPLMに影響を及ぼす二つの市場トレンドのインパクトを論じます。
  • 江澤 智 / ケン・アーマン

3:30pm - 4:10pm PLMとソーシァルネットワーキング(PLM and Social Networking)

  • 関心事やアクティビティなどを共有する人々のオンラインコミュニケーションについて構築を求めるソーシァルネットワーク・サービスの到来そしてそれに伴う急速な拡大は、個人、グループ、またコミュニティが如何に互いに伝達し合うだけではなく、一般的なコンピューティングの世界に大きな影響を与えています。今日、PLMサプライヤー各社は、PLMのコンテキストの中での同様な極めて高いコラボレーションを支援するためのソーシァルネットワーキング・テクノロジーと原理を利用するソリューションを開発しています。彼らの目的は、企業/関連企業(Extended Enterprise)間で更なるPLMの利用を拡大するPLMユーザーへのコラボレーティブな環境の強化を提供するためのソーシァルネットワーキング・テクノロジーを利用することです。そこでの問題は:この動きはどこに向かっているのか?、企業の回復を加速させるために、これがどのように支援するのか?またそれから如何に利益(効果)を得るのか?このセッションを通して様々なトピックスを論じます。

4:10pm - 4:50pm PLMとコンプライアンス(PLM and Compliance)

  • コンプライアンスは多くの企業の製品開発や支援のプログラムと戦略へ、更にPLMとその他の主要な企業戦略と支援ソリューション影響を与えている主要な分野です。コンプライアンスは、今日の産業でグリーン、持続性、規制、関連テーマの全てを含むものです。分析論的(Analytics)には会社のリスクを最小化されることで適切な個人に対してコンプライアンス活動の状態や結果の伝達を支援するためにしばしば使われます。多くのPLMソリューションサプライヤーは固有の業界の要求にフォーカスした多くのソリューションで重要なビジネスのニーズに対応するためのコンプライアンス製品群を開発しました。この分野はどこに向かっているのか、またこれからも行わなければならない事は何か?回復を加速させるためにこの立ち上げるつつあるPLMの支援分野は企業に如何に利益(効果)をもたらすのか?なぜPLM業界にとって重要なのか?これらがこのセッションを進める際の課題となります。

4:50pm - 5:00pm 纏め&終わりにあたって(Closing Comments)

  • 江澤 智 / ケン・アーマン

5:00pm - 6:30pm 懇親会(Networking Hour)

  • 出席者全員 (All Attendees)

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。


Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.