CIMdata 2007 PLM Vendor Forums


CIMdata 2007 PLM Vendor Forums - ご案内

 PLM業界に於ける独立系トップコンサルティング並びにリサーチ企業であるCIMdata(日本代表:メタリンク)は、ワールドプログラムとしてデトロイト(ミシガン)、シュトゥットガルト(ドイツ)、並びに東京に於いて恒例となりました2007年度のベンダーフォーラムを開催します。米国フォーラムは来る3月29日に開催され、欧州フォーラムは4月19日に、東京フォーラムは4月25日に開催します。

 この1日の年次ブリーフィングへの出席は、PLM市場のテクノロジー並びに(または)サービスのソリューションを提供している企業の皆さまに限定したものです。

 毎年、私どもは変遷するPLM業界でサプライヤーが直面する最も適切な課題に的を絞っております。2007年度のベンダーフォーラムは、”PLM Matures: The community's strategy for success(PLMの熟成:成功のためのコミュニティの戦略)”とし、業界の課題を共有し、我々の業界が次のレベルにどのように効果的にPLMを提供していくことができるかについて議論する所存です。

  • 日時: 平成19年4月25日(水)午前9時半から終日(受付開始9時15分)
  • 場所: 明神開館 東京都千代田区外神田2丁目16番2号(神田明神境内)
  • 内容:
    • State of PLM - Today's Market and Leading Trends
    • Market Analysis Results (Woeldwide & Japan/AP)
    • Ensuring Success in Maturing and Emerging Markets 他(下記参照)
    • Networking(懇親会)

CIMdata 2007 PLM ベンダーフォーラム
製品ライフサイクルマネージメント(PLM):過去&現在

 PLMは、 1980年代初めに於けるCADデータマネージメントでのその起源を端に、1990年代の製品データマネージメント(PDM)としてその成長を通し、そして2000年に入ってPLMとしての大きな拡大と言う長年に渡って発達し、進化してきた市場を表しています。それぞれの段階で、市場の範囲は著しく拡大し、企業へのその価値は相応に増加しました。今日のPLMビジョンは、企業並びに企業間(Extended Enterprise)の製品ライフサイクルの全体の範囲をマネージメントし、支援することに焦点を置いています。PLMは明らかに市場熟成の需要な段階に達し、無視することは出来ない重要且つ戦略的な投資機会として認識されています。

 PLM市場は、現在優れたエンタープライズソリューション機会の1つとして認められています。PLMソリューションサプライヤー間の合併・統合は機会の大きさと魅力を示すものです。

 焦点が高まっていることは、様々な異なる方向への基本的なPLM投資に影響を及ぼしています:

  • 伝統的にPLMに投資した産業の中で、PLMソリューションの範囲と価値を高めるこれ迄にないニッチのビジネスが展開されています。
  • PLMの熟成化の進展は、PLMでの投資から得られる更なるコスト効率の高いソリューションをより小規模な企業に対して提供することが可能になってきました。
  • PLMで伝統的に投資がなされてなかった産業がその潜在的価値の評価を上げて来ており、その分野固有なニーズに対応するソリューションの開発を促進しています。

PLMサプライヤーのチャレンジと機会

 熟成しているPLM市場は、PLM関連の手法、テクノロジー、またサービスのサプライヤーに対してチャレンジな環境を創りだしています。それらは:

  • サプライヤーは、彼らが成功するための十分な専門知識と差別化を確立出来るように自身のフォーカスする重点分野を決めなければならない。
  • 主要なハイエンドの『中心的な』PLMのサプライヤーの間の統合・合併は、 彼らがエンタープライズにフォーカスしたプロバイダーに自身の製品群の深さ並びに幅のいずれも移行し強化することで 、彼らの間の競合力を高めた。
  • 新しい産業への拡大は、業界フォーカスのサービス会社はもちろん新しいソフトウェアサプライヤーに対しても機会を創出した。
  • 新しいコンペティターからのニッチ・フォーカスな製品群はPLMソリューションの足跡を拡大を継続し続ける。
  • 主要なコンピュータのインフラ・サプライヤーは、PLM戦略の不可欠な要素として彼ら自身を積極的に位置づける。

 これら市場全てのダイナミックさは常にサプライヤー間の協力関係を促進させます。成功を収めるために、PLMソリューションサプライヤーは、自身の集中箇所と差別化を明確に確立し、明瞭に表現し、有効な市場の支持と支援を実現するためにパートナー関係の適切な組合せを確立しなければなりません。

CIMdata 2007 PLM ベンダーフォーラム

 CIMdataの2007年度のPLMベンダーフォーラムは、この急展開している市場に於いて成功のための効果的な戦略の議論に加えて、熟成と拡大したいるPLM市場がサプライヤーに創り出すチャレンジと機会のフォーカスしたレビューを提供します。以下の様な課題を含みます:

  • 何が主要な包括的サプライヤーをそれほどの成功を創りだしたか、またどのようにその成功からその他の利益を得たのか?
  • この入り乱れたPLM市場に置いてニッチアプリケーションサプライヤーは如何に生き残ることが出来るのか?
  • 中小規模のピジネス向けPLMソリューションで成功を得る適切な戦略は何か?
  • 主要プラットフォームプロバイダー、ニッチソフトウェアサプライヤー、ソステムインテグレータなどあるにせよ、どのようなパートナー戦略が成功を得られるか?
  • ソリューション販売、ニッチフォーカス、ワールドクラスサポート、またその他イニシャティブ等を通じ今日の市場でPLMサプライヤーは自身を如何に差別化出来るか?

 例年のように、 State of PLM ミ PLM市場状況&最新動向( the state of the PLM market and trends)のCIMdataの展望は、2006年並びに2007年初期のPLM市場のCIMdataの分析の最初の公開はもちろん、業種や地理的な面での市場の成長に関する統計や大手PLMソリューションプロバイダーの業績(収益や市場占有率の分析)を含み詳しくレビューします。本CIMdataの2007年度のPLMベンダーフォーラムは市場動向を正しく理解したい、またそれから利益を得たいのいずれをも望むサプライヤーのためにゆるぎないない知識を提供します。

CIMdataベンダーフォーラム 2007 東京アジェンダ:内容

9:30 - 9:40 開催にあたって(Welcome)

  • 江澤 智、 CIMdata, Tokyo (MetaLinc)

]9:40 - 11:00 State of PLM - PLM市場状況&最新動向(State of PLM - Today's Market and Leading Trends)

  • ケン・アーマン(Ken Amann) , Director of Research, CIMdata
  • 本セッションはPLMを実現するテクノロジー並びにサービスのサプライヤーにとって重要な動向と課題を中心にPLM業界の現況をレビューします。PLMビジョンの熟成と継続的な拡大はすべての競合サプライヤーに対してチャレンジと機会を創り出しています。本セッションはこのダイナミックで発展している市場で競争をしているサプライヤーが抱えているそれら動向と影響についてCIMdataの展望を提示します。我々はPLMソリューションサプライヤーへの新しいまた拡大するビジネスの機会を含み向う2~4年のPLMの将来について述べます。

11:00 - 11:10 コーヒー・ブレーク(Coffee break)

11:10 - 12:30 2006年市場分析結果(ワールドワイド)(2006 Market Analysis Results(Global))

  • ケン・アーマン
  • PLM業界の発展と方向に対して幅広く且つ正確な洞察ある最善の情報源として長年に渡り認められて来たCIMdataの年次PLM市場分析は、本ベンダーフォーラムに於いてまず公表されます。本セッションは様々の角度で2006年のPLM市場の収益を含み、CIMdataの最新のPLM市場分析を公開し、論じます。これらには主要な業界と地理的な面から業界の投資のレビューを含みます。CIMdataは世界の主要なPLMサプライヤーの収益実績の分析を提供します。

12:30 - 13:20 昼食(Lunch)

13:20 - 14:10 2006年市場分析結果(日本&AP)(Market Analysis Results (Japan & AP))

  • 江澤 智
  • 本セッションは主に日本の市場にフォーカスした課題の議論・共有を含む日本並びにアジア市場に於ける2006年度PLM収益、市場成長、地位的並びに業種の分布、主要サプライヤーについての所見を提供します。

14:10 - 15:00 熟成&新興市場で成功を確実にする(Ensuring Success in Maturing and Emerging Markets)

  • 江澤 智
  • 今日のPLM市場は、一般的に定義された熟成している市場が分かり易い例の1つであり、もう1つはまだあまりよく定義されてない発展途上にある市場であり、多様な見方があります。これらの見方の両方が、地理的且つ業界の理解はもちろんテクノロジー面に於いても今日の世界的なPLM市場を考える際に必要となります。市場のあらゆるところで統合・合併や買収が行われたり進められたりしているにも拘らず、数多くのソリューションサプライヤーが、熟成市場はもちろん新しい市場のいずれにでも市場に参入して来ています。それらサプライやーの何社かは新しいPLMの機能や拡大したPLM機能で機会を狙い、別なサプライヤーは同時に新しい地域の市場や業界セグメントを狙っています。機会はさることながら、成功は専念、集中、そして何よりも柔軟性を必要とします。CIMdataは、新しい地域や業種へのPLMの紹介、あらゆる企業規模でのPLMの成功ある販売と適用・実装、パートナーの開発と戦略的利用、現在と将来の顧客を失うことなく貴社のPLMの品揃えを拡大などのトピックスを含み、この発展しているPLM領域の中で継続的な成功を確かなものにするためのチャレンジ、機会、そして推奨アプローチを述べます。

15:00 - 15:20 コーヒー・ブレーク(Coffee break)

15:20 - 16:50 PLMコミュニティの強化(Strengthening the PLM Community)

  • ケン・アーマン
  • 20年以上、商用PLMはどちらかと言えばソフトウェアとハードウェアサプライヤー、システムインテグレータ、コンサルタント、リサーチ&金融アナリスト、並びにジャーナリスの強固なコミュニティの中で進展して来ています。残念ながら、様々な意味で市場では余りに競合しており、おそらく紛らわしい理解がまだあります。PLMの発展には、更に強固で且つ全体論でのコミュニティ(テクノロジーとサービスのサプライヤーだけでなく、ユーザーや業界組織を含むコミュニティ )によって支持される必要があります。これには強力なPLMサプライヤーに関連したユーザーグループだけでなく、独立性を持ったグループとサポート組織での強さとコラボレーションを必要とします。CIMdataは、コミュニティの動向と現在並びに将来の要件、共通語の必要性、教育や認定、リサーチの必要性、成功しているコミュニティ関係者の特徴などのようなトピックスを含み、コミュニティを増強することが必要であるPLMコミュニティ並びに分野の特性について述べます。

16:50 - 17:00 纏め&終わりにあたって(Closing Comments)

  • 江澤 智

17:00 - 18:30 懇親会(Networking Hour - Reception)

  • 出席者全員(Everyone)

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。


Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.