CIMdata 2006 PLM Vendor Forums


CIMdata ベンダーフォーラム 2006 Tokyo - ご案内

 PLM業界に於ける独立系トップコンサルティング並びにリサーチ企業であるCIMdata(日本代表:メタリンク)は、ワールドプログラムとしてデトロイト(ミシガン)、シュトゥットガルト(ドイツ)、並びに東京に於いて恒例となりました2006年度のベンダーフォーラムを開催します。米国フォーラムは来る3月30日に開催され、欧州フォーラムは4月11日に、東京フォーラムは4月19日に開催します。

 この1日の年次ブリーフィングへの出席は、PLM市場のテクノロジー並びに(または)サービスのソリューションを提供している企業の皆さまに限定したものです。

 毎年、私どもは変遷するPLM業界でサプライヤーが直面する最も適切な問題に的を絞っております。2006年度のベンダーフォーラムの焦点は、”PLM scope expansion - addressing the suppliers' challenges(PLMスコープの拡大 - サプライヤー・チャレンジを提起)”とし、業界の課題を共有し、我々の業界が次のレベルにどのように効果的にPLMを提供していくことができるかについて議論する所存です。

 PLMビジョンは企業(間)の総合的な製品ライフサイクルの全領域をマネージメントし、支援にフォーカスします。PLMに関連した投資の急成長の継続は、企業が統合されたPLM戦略のビジネスの価値を明確に認識し、彼らの将来に於ける重要な役割としていることを裏付けるものです。

 PLMが進化・成熟し、その範囲が全製品ライフサイクルを完全にカバーするために更に拡大しています。PLM戦略はデジタル・マニファクチャリング、販売後のサービス、製品ポートフォリオ・マネージメント、メカトロニクス、その他幅広いプログラムに於けるイニシャチブを取り込むために拡大しています。この広がっている範囲はエンタープライズ・コンテンツ・マネージメント(ECM)、カスタマ・リレーション・マネージメント(CRM),サプライ・チェーン・マネージメント(SCM)、エンタープライズ・リソース・プラニング(ERP)などの企業のITベースのイニシャチブへの影響が始まっています。

 PLMスコープの拡大が多大なチャレンジと共にPLMに関連したテクノロジー並びにサービスのサプライヤーに絶好の機会を創っています。新しい競合が異なった切り口で発生しつつあります。例として、非常に的を絞った機能にフォーカスしたソリューションのサプライヤー、PLMにオーバーラップしている分野からのサプライヤー、特定の業種または顧客サイズにフォーカスする既存サプライヤーなどです。この競争の激しいそして競合環境に於いて、PLMサプライヤーは自身の領域と差別化を明確に理解し、効果的な表現をしなければなりません。

 CIMdataの2006年度 PLM ベンダーフォーラムはPLMサプライヤーのチャレンジに対して効果的な戦略の議論を進め、PLM戦略の拡大が皆さんに引き起こすチャレンジのレビューをします。例年のように、PLM市場と動向の状況に於けるCIMdataの展望は、様々な業種並びに地域の市場成長性、主要PLMプロバイダーの業績(収益並びに市長シェア分析)に関した統計を含み、CIMdataの2005年度のPLM市場分析の最初の公開の場であると共に、詳細にレビューされます。

 CIMdataの2006年度のPLM ベンダーフォーラムは本業界のトレンド並びにそこでの利益享受を正しく理解されたい皆さまサプライヤーへの強固なバックグラウンドを提供するものです。

 ベンダーフォーラム(東京)は以下のように予定されます:

  • 日時:平成18年4月19日(水)午前9時30分より(受付開始:午前9時15分)
  • 場所:東京、お茶の水、明神会館、Chitose(会場)(東京都千代田区外神田2-16-2)
  • 参加対象:PLMテクノロジー&サービスのサプライヤー&ベンダー様

CIMdataベンダーフォーラム 2006 東京アジェンダ:内容

9:30 - 9:45 開催にあたって(Welcome)

  • 江澤 智、 CIMdata, Tokyo (MetaLinc)

9:45 - 11:00 State of PLM - PLM市場状況&最新動向(State of PLM - Today's Market and Leading Trends)

  • ケン・アーマン(Ken Amann) , Director of Research, CIMdata
  • 本セッションはPLMのテクノロジーとサービスのサプライヤーに向けて特に重要な動向と課題に重点を置きPLM業界の最新状況をレビューします。PLMビジョンの拡大はPLM市場での全てのサプライヤーにチャレンジを引き起こしました。業界企業の拡大した戦略の範囲、その他関係者からの主要サプライヤーによる市場参入、特定の分野にフォーカスした新しいサプライヤーの成長、そして中規模市場に於ける成長重視などをレビューします。ここではチャレンジが増加している本市場の競合しているサプライヤーの持つ動向とインパクトについてCIMdataの見解を述べます。そしてPLMソリューションサプライヤーへの新しいまた拡大したビジネス機会を含むこの先2~4年のPLMの将来を述べます。

11:00 - 11:10 コーヒー・ブレーク(Coffee break)

11:10 - 12:30 2005年市場分析結果(ワールドワイド)(2005 Market Analysis Results(WW))

  • ケン・アーマン
  • PLM業界の発展と方向についての包括的且つ確かなる洞察力でのベスト・ソースとして長きに渡って認められているCIMdataの年次市場分析はまずベンダーフォーラムで公開されます。ここでは様々な視点からの2005年度のPLM市場収益を含む2005年度PLM市場分析について述べ、議論します。これらには主要業種や地域的広がりでの業界の投資のレビューを含みます。様々な分野での市場の投資に加えて、CIMdataは主要PLMサプライヤーの収益状況の分析を提供します。

12:30 - 13:15 昼食(Lunch)

13:15 - 13:55 2005年市場分析結果(日本&AP)(Market Analysis Results (Japan & AP))

  • 江澤 智
  • 本セッションは主に日本の顧客にフォーカスした課題の議論・共有を含む日本並びにアジア市場に於ける2005年度PLM収益、市場成長、地位的並びに業種の分布、主要サプライヤーについての書見を提供する。

13:55 - 14:10 PLMの拡大 - 午後のセッションの紹介(PLM Expansion - Introduction to the Afternoon Sessions)

  • 江澤 智
  • 午後のセッションは、如何にPLMが組込まれたビジネスの足跡がユーザー企業並びソリューションサプライヤー両者の戦略の拡大並びに影響を及ぼしているかについてフォーカスします。新しい業界並びに幅広くなった機能の拡大はPLMソリューション・サプライヤーへの新しい機会並びにチャレンジを引き起こしています。以下のセッションでは新しい業種でのPLMの適用、競合の発生と分析、仮想製品などのようなトピックス、新しいビジネス分野でPLMが拡大しているのはどこかなどを論じます。拡大がPLMサプライヤーに提起され、それを解決するための潜在的な戦略を得るためのチャレンジにフォーカスします。

14:10 - 15:10 PLMの拡大 - 新たな業界の要件(PLM Expansion - Requirements in Emerging Industries)

  • ケン・アーマン
  • PLMの戦略は、PLMに於いて伝統的に投資をされてなかった業界の企業に導入されることで増大しています。ここではそれらの企業が当該業界で今何故PLMに投資をしているか、彼らの固有の要件、そしてそれら新しい期待のニーズを満足するための開発中のソリューションのチャレンジについて述べ、議論します。ここでの幾つかの課題は、CADインターフェイスの欠如、変化している専門領域、組織の文化やビジネスの違い、その他です。

15:10 - 15:25 コーヒー・ブレーク(Coffee break)

15:25 - 15:55 PLMの拡大 - 既存のPLMを深堀する(PLM Expansion - Driving Existing PLM More Deeply)

  • 江澤 智
  • エンドユーザー企業の中でPLM戦略が拡大継続する際、直接的な拡大の多くはPLMに既にフォーカスして来た伝統的な分野のサポート拡大です。これは機構設計だけではない完全な製品定義に渡って伝統的なPLMの製品マージメントの見地を拡大するメカトロニクスのようなイニシャチブを含みます。更に含まれたものは生産現場に製品定義を反映するデジタルマニファクチャリング分野であり拡大を続けています。エンジニアリングの分析の分野で目下注目を増しているVPDのテーマは全体的なPLMプログラムの重要な面となります。このセッションはそれら拡大する分野とPLMサプライヤーに発生する影響/課題をレビューします。

15:55 - 16:55 PLMの拡大 - より多くの企業に(PLM Expansion - Touching More of the Enterprise)

  • ケン・アーマン
  • 拡大するPLM戦略はエンジニアリングやR&Dの伝統的な領域を超えて明確にビジネス価値を証明しています。このセッションはポートフォリオ・マネージメント、カスタマ・サービス、保証サポート、エンタープライズ・コンテント・マネージメント、マーケティング、その他の諸々のPLM拡大ついて述べます。それら拡大分野の多くは伝統的なPLMソリューションの単なる拡大ではありません、現在、伝統的なPLMサプライヤーと競合している、または現在補完関係にある、PLMにフォーカスをしないサプライヤーによって伝統的に提供されて来た領域を包含しています 。

16:55 - 17:15 纏め&終わりにあたって(Closing Comments)

  • 江澤 智

17:15 - 18:30 懇親会(Networking Hour - Reception)

  • 出席者全員(Everyone)

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。


Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.