CIMdata 2014 PLM Market and Industry Forum - Japan


“循環経済に向かって:新たな試練が新たなチャンスをもたらす”
“Moving Toward a Circular Economy: New Challenges Offer New Opportunities” 
参考:CIMdata、2014年度のPLM市場&業界フォーラム(2014 PLM Market & Industry Forum)シリーズを発表(2013年12月13日)

(註)申込用紙の中の開催日に記載に誤りはありました。正確には平成26年4月16日 (水) です。
   V03以降のシートは正しく訂正しております。くれぐれもご注意ください。 (2014.3.26)

PDF ALL DownloadPDF REG Download

 市場で提供する製品やサービスは、広範囲な要件を同時に満たしている必要があります。もちろん、顧客は常に第一でありますが、対処する必要があるさらなる利害関係者がおります。満足させるためのさらなる判断基準として、可能な限り開発プロセスの早い時期にそれらを検討することは理にかなうものです。1980年代に出現したコンカレント・エンジニアリングの考えは、これらのニーズに対処するもので、その時代、一般的に開発に使われていたウォーターフォール・アプローチとは極めて対照的なものです。

 製品ライフサイクルマネージメント(PLM)は、ソフトウェア・テクノロジーならびにサービスによって可能と成り、製品とプロセスの開発をサポートするための戦略として登場しました。理想的には、企業は、社のPLM戦略の一環として、コンセプトから廃棄(Retirement)まで製品を管理します。製品の生産ならびにその利用・使用をするいずれにも於いて製品の環境負荷を低減することを目指し、サステナビリティが製造業者への共通のスローガンとなっています。しかしながら、製品の廃棄(Retirement)には、多くの地域で、廃棄場所の容量、環境中の有毒物質、また再利用やリサイクル出来ないものが製品に埋め込まれるという究極の天然資源の無駄などに対処しなければなりません。

 それは人によって、より優れた方法があると信じています。私たちは多くの一般的な製品に於いて、材料の解体、リサイクル、また再利用に向けて、設計に大きな進歩を遂げてきました。PLM戦略とその有効なるソリューションは、これまで成功するために重要な役割を果たしてきました。しかし、我々がもしゼロ・インパクトを可能にしたらどうなるでしょうか?我々が大地から取り出した、あるいは創られたすべてが、無限に再利用したり再目的に供するできればどうなるでしょうか?しかし、これは、我々は何をし、構築して、利用についての大部分への考え方を根本的に新しくするアプローチ、“循環経済(circular economy)” の1つの考えに過ぎません。このより厳しいニーズを満たすには、企業の適用を支援するために、PLMが実現する新しいソリューションとサービスが必要になります。サステナビリティを可能にすることにすでにフォーカスしているソリューションとサービスのプロバイダーは、強みを持つことになるでしょうが、おそらく新規の市場参入もあるでしょう。

 本質的には、この新しいアプローチは、本当に全体論的な方法で製品を見るシステム思考を必要とします。システムズ・エンジニアリング(SE)は、この広いビューを採択するためのフレームワークを提供しており、より拡充したツールの組合せは、必要としている企画と開発のトレードオフをナビゲートするのに役立ちます。採用・適用する人々は、このアプローチにフォーカスするサービス・プロバイダの専門家からのサービスが必要になります。

 循環経済(circular economy)は、シミュレーション&解析(S&A)に新たな要件を課します。繰り返して材料を再利用することは、利用者のプロパティを変えることになります。利用者は何度もの再利用に耐えるでしょうか?我々は製品ライフサイクルの初期段階でより頻繁にS&Aを適用する有益性を見いだせますが、これらソリューションは計算集約型です。我々は、より循環型に相応しい方法でシミュレーションを行えるでしょうか?大手S&A企業のほとんどは、広範なサービスを提供していますが、新たのチャンスはあるのでしょうか?

 製品データ管理(PDM)ソリューションは、しばしばPLM戦略の中核であります。航空宇宙&防衛(A&D)分野に関する最近のCIMdataの調査では、大手企業は、単なるデータとプロセス管理を超え、その先に向かおうとしていることを呈示しました。私どもの業界向けのコンサルタントは、その他の産業での同様の現象を明らかにしています。これはこの新しい考え方が求める広範な適用・導入と実装を支援するために必要する対象物への専門知識を提供できる専門的なプロバイダーとサービス組織に新たなチャンスを創り出すものです。

 組織(ユーザー)はすでにオンプレミスなPLMで実現するツールに多大なリソースを費やしています。ここ数年、クラウド提供で可能になるソリューションがますます多くなってきました。何が利用可能なのか、何が起こるのか、また他に必要なものは何かということについて理解することが、ITユーティライザーションに対する循環アプローチへの円滑な道筋を支援します。これらツールの多くはモバイル・プラットフォーム上に、“ディスクレス”への機能をもたらし、リモート・ユーザーにデリバリーを拡大しています。モバイルとクラウドは、ソリューション・プロバイダとSI/再販業者/VAR間の関係を変化させています。皆さんは準備ができているでしょうか?

 ここまでの議論に基づいて、循環型方式(circular fashion)の考え方は、考えの範疇の中に全くなかったのです。同様に、PLMは、何世代も変化のない “raw material(原材料)” のタイプ、すなわちファイルを作り、利用していました。その枠の外側を見るようにするにはPLMは何を得たら良いでしょうか?いくつかの新しいトレンドや一部大手企業の行動は、確実なプロセスとユースケースをサポートするために必要なだけのフィルを作り、オブジェクトとして情報を格納し、伝達するための新しい方法を示唆しています。PLMエコノミーへのこの変化の影響・結果はどうなるのでしょうか?

 CIMdataの2014 PLM Market & Industry Forum、PLMエコノミーのソリューションおよびサービス・プロバイダだけに向けたリーディング・イベントは、私たちのPLMコミュニティ・メンバーのための重要な成果物を呈示する場です。本年度のフォーラムは、現行の経済情勢とトレンドでの識見を提供し、関係者やその組織が持つ課題にフォーカスして、PLMエコノミーでの影響を検討します。CIMdataのPLM市場の現行状況と将来のトレンドについての視点が、CIMdataの2013年のPLM市場分析の最初のパブリック・リリースとして、詳細に呈示され、それにはPLM分野、産業別、地域別など全体の市場について広範な分析と予測、大手PLMソリューション・プロバイダ(収益と市場シェア)の実績などを含みます。CIMdataでは、PLMのコミュニティを満足させるためのソリューション・プロバイダーの要件についてより知るための場としてこれらセッションを見ています。

 CIMdataのPLM Market & Industry Forumの参加者は、現行のPLM市場の確かなる理解とそのダイナミックな影響について深め、継続的な市場の進展についての現実的な予測を展開することができるようになります。出席者は、自身が活用できるチャンス、また来る年へのPLM市場環境をナビゲートするために利用できるアプローチなどへの先見性を持った識見を高めることになります。このイベントはまた、競合相手・他社、協力者、また潜在的なパートナーを含み、PLMコミュニティに於ける専門家たちとのネットワークの機会も提供します。本プログラムの登録は、www.CIMdata.comにて。または,本サイトに問合せ。

【開催日と場所】

  • 北米 Thursday, April 3, 2014
    Sheraton Hotel
    3200 Boardwalk Drive, Ann Arbor, MI 48108
  • 欧州 Tuesday, April 8, 2014
    Steigenberger Hotel 
    Kaiser-Friedrich-Promenade 69-75
    61348 Bad Homburg (Frankfurt) Germany
  • 中国 Friday, April 11, 2014
    Shanghai, CHINA – Location TBD
  • 日本 2014年4月16日(水)
    明神会館(http://www.kandamyoujin.or.jp/bridal/
    東京都千代田区外神田 2-16-2

プログラム詳細について

開催&参加要項必ずお読み下さい

ご参考:

参考Wiki:


CIMdata 2014 PLM Market & Industry Forum

“Moving Toward a Circular Economy: New Challenges Offer New Opportunities”

Products and services offered in the marketplace must meet a wide range of requirements simultaneously. Of course the customer should always come first, but there are additional stakeholders with needs to be addressed. With more criteria to meet, it makes sense to consider them as early in the development process as possible. The notion of concurrent engineering, which emerged in the 1980s, addresses those needs; it is in sharp contrast to the more common waterfall approach to development commonly used at that time.

Product Lifecycle Management (PLM) emerged as a strategy to support product and process development, enabled by software technology and services. Ideally, companies manage products from concept to retirement as part of their PLM strategy. Aiming to reduce the environmental impact of products in both production and in their use, sustainability has become a common rallying cry for manufacturers. However with product retirement, many regions must deal with landfills at capacity, toxic materials in the environment, and the ultimate waste of natural resources embedded into products that cannot be reused or recycled.

Some believe there is a better way. We have made great strides in design for the disassembly, recycling, and reuse of materials from many common products. PLM strategies and enabling solutions have played a significant role in the successes to date. But what if we could have zero impact? What if everything we took out of the ground, or created, could be infinitely reused and repurposed? This is but one notion of the “circular economy,” a radically new approach to thinking about most of what we do, build, and use. Meeting this more stringent need will require new PLM enabling solutions and services to help companies adapt. Solution and service providers already focused on enabling sustainability may have an edge, but there will certainly be new market entrants.

In essence this new approach involves systems thinking, looking at products in a truly holistic way. Systems engineering (SE) offers a framework to adopt this broad view and an expanding set of tools can help navigate the necessary planning and development tradeoffs. Adopters will need services from specialists—service providers who focus on this approach.

The circular economy will impose new requirements on simulation & analysis (S&A). Reusing materials repeatedly can change their properties; will they stand up to one more reuse? While we can see the benefits of applying more S&A in the early stages of the product lifecycle, these solutions are compute-intensive. Can we simulate in a more circular-friendly way? Most of the large S&A companies provide a broad range of services, but are there new opportunities?

Product data management (PDM) solutions are often at the core of PLM strategies. Recent CIMdata research in the aerospace & defense (A&D) sector showed that leading companies want to move far beyond just data and process management. Our industrial consulting has showed this same phenomenon in other industries. This will create new opportunities for specialist providers and services organizations who can deliver the subject matter expertise required to support the broader adoption and implementation demanded by this new thinking.

Organizations already spend significant resources on on-premise PLM-enabling tools. The last few years have seen increasingly more of these solutions enabled for cloud delivery. Understanding what is available, what is to come, and what else might be required will help smooth the path to a circular approach to IT utilization. Many of these tools will expand delivery onto mobile platforms, bringing capabilities to the “deskless,” and to other remote users. Mobile and cloud are changing the relationship between solution providers and their SI/Reseller/VAR partners. Are you ready?

Based on the discussion to this point, thinking in a circular fashion is really outside-the-box thinking. Similarly, PLM has created and consumed the same type of “raw material” for several generations, namely files. What will get PLM to look outside of that box? Several new trends and the actions of some leading companies are pointing to a new way to store and communicate information, as objects, creating files only as needed to support certain processes and use cases. What are the implications of this change for the PLM Economy?

CIMdata’s 2014 PLM Market & Industry Forum, the leading event exclusively for solution and services providers in the PLM economy, is a key deliverable for our PLM Community members. This year’s Forum will provide insights on the current economic climate and trends and examine their effects on the PLM economy, focusing on the issues highlighted above. CIMdata’s perspective on the current state of the PLM market and trends for the future will be presented in detail, as will the first public release of CIMdata’s 2013 PLM market analysis results—including extensive analyses and forecasts regarding market growth across PLM domains, industries, and regions, and the performance (by revenue and market-share) of leading PLM solution providers. CIMdata views these sessions as an opportunity to learn more about solution provider requirements to meet PLM Community needs.

Participants in CIMdata’s PLM Market & Industry Forum should expect to gain a solid understanding of the current PLM market and the dynamics impacting it, and develop realistic expectations for continued market evolution. Attendees will gain further insights into opportunities they can exploit and approaches they can use to navigate the PLM market environment in the year to come. This event also provides the opportunity to network with other professionals in the PLM Community, including competitors, collaborators, and potential partners. To register for this program, please visit www.CIMdata.com.

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.