CIMdata 2013 PLM Market and Industry Forum 内容(完了


market industry forums

CIMdata 2013 PLM Market and Industry Forum
CIMdata 2013年度 PLM市場&業界フォーラム
“Decisions, Decisions”(“デシジョン!”)

プログラム&アジェンダ - 予定内容内容&時間配分は変更する場合があります


CIMdata 2013年度 PLM市場&業界フォーラム (CIMdata 2013 PLM Market and Industry Forum)
“デシジョン!”(
"Decisions, Decisions")

明神会館 (Myojin Kaikan) 東京都千代田区外神田2-16-2(Sotokanda 2-16-2, Chiyoda-Ku, Tokyo, JAPAN)
2013年4月24日(水) -
Wednesday, April 25, 2012

朝のセッション - Morning Session

  • 9:45 am―10:00 am 受付登録 - Registration
  • 10:00 am―10:15 am 開催にあたって(Welcome
    • 江澤 智 (Satoshi Ezawa), CIMdata日本代表 (MetaLinc K.K.)
    • 私どもから、今回のセッションを紹介し、2013年とその後について社とその方向のアップデータを説明します。
      We will introduce the session and provide an update on the firm and its direction, for 2013 and beyond.
  • 10:15 am―11:30 am PLMの状況 - 今日の市場並びに最新トレンド - State of PLM―Today's Market and Leading Trends
    • ピーター・ビレロ、CIMdata社長(Peter Bilello, President, CIMdata
    • 本セッションは、PLMテクノロジーとサービスのサプライヤーにとって重要な動向と課題に重点を置き、現行のPLM業界の状況をレビューします。CIMdataは、このますます厳しい市場に於いて切磋琢磨しているプロバイダーでのこれらトレンドとインパクトの考察し、プレゼンを進めます。
      This session will review the current state of the PLM industry with particular emphasis on trends and issues critical to providers of PLM technologies and services. CIMdata will present its views on these trends and the impact they have on providers competing in this increasingly challenging market.
  • 11:30 am―12:30 am 2012年度市場分析結果(グローバル) - 2012 Market Analysis Results
    • スタン・プラバンスキー、CIMdata、VP、リサーチ VP(Stan Przybylinski, Research ,VP, CIMdata
    • PLM業界の進展と方向性への包括的且つ正確な最善な情報源として、長期に渡って認識されているCIMdataの年次PLM市場の分析は、このベンダーフォーラムでまず発表されます。CIMdataは、様々な角度からの2012年度のPLM市場の収益と、私ども将来予測を含むPLM市場の分析をプレゼンを進め、解説をします。これには種々の重要なるPLMの機能領域、主要な業種、また地理的な面など、産業界の投資のレビューを含みます。特に、ソリューションサプライヤーに対する各セクターの収益のみならず、それぞれのセクターのそのダイナミックさについてCIMdataの識見を提供するものです。
      Recognized for many years as the best source of comprehensive and accurate insights into the evolution and directions of the PLM industry, CIMdata’s annual PLM Global Market Analysis is first presented at this Market and Industry Forum. CIMdata will present and discuss its analysis of the PLM market, including 2012 PLM market revenues and our forecasts of the future from multiple perspectives. This includes a review of industrial investments in various key PLM functional domains, major industries, and geographic regions. In particular, CIMdata provides insights into each sector and its dynamics, as well as analyzing sector revenue results for solution providers.
  • 12:30 pm―1:30 pm 昼食 - Lunch

午後のセッション - Afternoon Session

  • 1:30 pm―2:15 pm 2012年度市場分析結果 - Japan & AP - 2012 Market Analysis Results Japan & AP
    • 江澤 智(Satoshi Ezawa
    • 本セッションでは、主に日本市場を中心に、2012年の市場のレビュー並びに将来見通しを含め、その分析のプレゼンを進めます。重要なるセグメントとして、コラボレーティブ製品マネージメント (cPDm) についての課題、市場とテクノロジーの動向と含めて論じます。
      This session will present and discuss its analysis of the Japan PLM market mainly, including 2012 PLM market revenues and our forecasts for the future. Mainly focus segments include collaborative Product Definition management (cPDm) including the issues and market & technical trends.
  • 2:15 pm―4:00 pm CIMdataのPLMナレッジカウシルリサーチ・アジェンダ・アップデート - CIMdata's PLM Knowledge Councils Research Agenda Update
    • 2013年の私どものPLMナレッジ・カウンシルのリサーチ・アジェンダがカバーしている様々なテーマについて解説します。
      In this session, CIMdata will lead discussions on several topics to be covered by our PLM Knowledge Councils’ research agenda for 2013.
    • 2:15 pm―2:55 pm システムズ・エンジニアリグに於ける専門分野・領域を横断するコラボレーション - Cross-Disciplinary Collaboration in Systems Engineering
      • ピーター・ビレロ(Peter Bilello
      • 昨年のフォーラムでは、CIMdataは、システムズ・エンジニアリグに対する有望なアプローチとして、モデルベース・システムズ・エンジニアリング (MBSE) についての議論を進めました。このアプローチの最大の課題の1つは、それぞれが独自のモデリング・ツールを持つ専門家 (あるいは専門領域) は、彼らの特定の分野内の製品の要件を考慮しながら、製品開発の効率を向上させるために、コラボレーションする方法を必要としています。本セッションでは、これがどのように現場で行われているかについて初期のスタディを説明します。
        In last year's Forum, CIMdata discussed model-based systems engineering (MBSE) as a promising approach to systems engineering. One of the biggest challenges to this approach is how disciplinary experts, each with their own modeling tools, need to collaborate to increase the efficiency of product development while considering the product requirements in their specific domain. In this session we will describe early learning about how this is being done in the field.
    • 2:55 pm―3:20 pm 意思決定を改善するためにシミュレーションを民主化する - Democratizing Simulation to Improve Decision Making
      • 江澤 智 (Satoshi Ezawa) 
      • コンピュータシミュレーションと解析は、過去数年間、急成長しているPLMセグメントの一つとなっています。急成長以前であっても、ソリューションプ・ロバイダや実務担当者は、そのソリューションは使いやすく、製品ライフサイクル全体でそのソリューションをより使い易く且つより手軽に使えるようにする必要性を感じていました。しかし、これが実際のものになったならば、意思決定への仕事の仕方の変化・変更、またコボレーションを行うプロセスについての新しい方法はどうなるでしょうか?このセッションでは、それらに関してより詳しく展開・探求します。
        Simulation and Analysis has been one of the fastest growing PLM segments over the last few years. Even before its rapid growth, solution providers and practitioners saw the need to make its solutions easy to use and more accessible across the product lifecycle. But if that does indeed occur, how does such a new way of working change decision making and other collaborative processes? This session will explore the dynamic in more detail.
    • 3:20 pm―4:00 pm システムエンジニアリング:全体像を見る - Systems Engineering: Looking at the Whole Picture
      • ピーター・ビレロ(Peter Bilello
      • 本年度ダイレクトモデリングでは、設計エンジニアリングの外で3Dジオメトリを活用する能力を持っているさらに多くの利害関係者を支援することを明示しています。さらに重要なことは、これらのソリューションはまた、あるCADシステムから容易に別なシステムに移転するようになる独自のデータ形式に埋め込まれた知的財産を解放しました。これらのミクロおよびマクロレベルの問題について、本セッションで説明いたします。
        Direct modeling has shown promise to help more stakeholders in the product lifecycle have the ability to leverage 3D geometry outside design engineering. More importantly, these solutions have also unlocked the intellectual property embedded in proprietary data format, making it easier to move from one CAD system to another. These micro- and macro-level issues will be covered in this session.
  • 4:00 pm―4:10 pm ネットワーキング・ブレーク - Networking Break
  • 4:10 pm―5:15 pm エンドユーザーにフォーカスしたリサーチトピックス - End-User Focused Research Topics
    • 2013年、私たちのリサーチ事項には、複数の産業に於ける製造業会社への興味ある数々のトピックスを含んでいます。このショートセッションはこれら分野それぞれをハイライトし、2013年またその先に於けるこれらトピックスをさらに適切且つ具現化するために、参加の皆さまからのお考えなどもお聴きしたいと存じます。
      In 2013, our research agenda will also include several other topics of interest to manufacturing companies in multiple industries. These short sessions will highlight each of these areas, and seek inputs from the audience that will help sharpen our focus on these topics in 2013 and beyond.
    • 4:10 pm―4:35 pm "Big Data (ビッグデータ) "とPLM - "Big Data" and PLM
      • スタン・プラバンスキー (Stan Przybylinski)
      • システム一部のアナリスト企業によれば、ビジネス・インテリジェンス (BI) は、年間15%以上成長している80億ドル市場です。 BIは、構造化されたエンタープライズ・データに主に焦点を当てていますが、ビッグデータは、非構造化データという非常に大きな問題についてもフォーカスを拡大しています。 " Internet of Things (モノのインターネット) "、およびその他のテーマは、PLMのコンテクストで検討されることになります。
        According to some analyst firms business intelligence (BI) is an $8 billion market that is growing over 15% per year. While BI focuses mostly on structured enterprise data, big data expands the focus to include unstructured data, a vastly larger problem. The “Internet of Things,” and other topics, will be explored in a PLM context.
    • 4:35 pm―4:50 pm 視覚による意思決定 - Visual Decision Making
      • 江澤 智 (Satoshi Ezawa) 
      • ほとんどのインターネットユーザーは、彼らが毎日使用しているWebサイトで視覚による意思決定を体験しています。大手PLMソリューションプロバイダは、パワーユーザーと一時的なユーザのいずれもがより迅速に自社の知的資産を活用するために、ユーザー・インターフェースでこれらの技術を用いています。このセッションでは、企業が製品開発をスピードアップするために、これらの新しい技術を最適に使用する方法に焦点を当てます。
        Most Internet users experience visual decision making in the web sites they use every day. The leading PLM solution providers are employing these techniques in their user interfaces to help both power users and occasional users leverage their intellectual assets more quickly. This session will focus on how companies can best use these new techniques to speed product development.
    • 4:50 pm―5:15 pm PLMに於けるモバイル・アプリケーション - Mobile Applications in PLM
      • スタン・プラバンスキー (Stan Przybylinski)
      • 世界中作業現場へのデータとプロセスのアクセス (可能性として) をもたらすことの利点・利益について、少数ですが論じようとしています。しかし、今日のモバイルアプリケーションは、ビジュアライゼーションやタスクにサインオフするように、単純な意思決定が出来るのみです。モバイルデバイスは、そんなに多くを提供することができるもので、本セッションでは、最先端のモバイル機能に目を向けたいと存じます。
        Few can argue about the benefit of bringing data and process access to the work site, wherever that may be. However, today's mobile applications only enable simple decisions, like looking at visualizations and signing off on a task. Mobile devices can offer so much more, and this session will look at leading-edge
  • 5:15 pm―5:30 pm 纏め&終わりにあたって - Closing Comments
    • 江澤 智 (Satoshi Ezawa) &ピーター・ビレロ(Peter Bilello
  • 5:30 pm―6:30 pm 恒例のネットワーキング - Customary Networking
    • 出席者全員 & CIMdata - All Attendees and CIMdata

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.