CIMdata 2013 PLM Market and Industry Forum(完了)


market industry forums

CIMdata 2013 PLM Market and Industry Forum
CIMdata 2013年度 PLM市場&業界フォーラム
“Decisions, Decisions”(“デシジョン!”)

 CIMdata、大手グローバルPLMコンサルティング並びにリサーチ企業は、国際的な2013年度のPLM市場&業界フォーラム (2012 PLM Market & Industry Forum) のご案内を致します (プレスリリース) 。

 CIMdataのPLMベンダーフォーラム (PLM Vendor Forum)として以前から知られたこの1日のイベントは下記にて開催:

  • 2013年4月9日:米国ミシガン州、アナーバ (Sheraton Hotel) 、
  • 2013年4月16日:ドイツ、ハイデルベルグ (Steigenberger Hotel) 、
  • 2013年4月19日:中国、北京、2013年4月24日:東京、お茶の水:明神会館 (東京都千代田区外神田2-16-2,神田明神内)

 昨年度からは、春のイベントに加えて秋の半日のPLM市場&業界フォーラム (PLM Market & Industry Forum) を10月にミシガン州プリマスにて開催しています。秋のPLM市場&業界フォーラムは市場のインサイトとトレンドに的を絞ったものになります。


 製品ライフサイクルマネージメント (PLM - Product lifecycle management)は、常により良い意思決定のために関わってきました。そのルーツであるエンジニアリングデータマネージメントは、エンジニアや関係者が製品に関連するデータを検索し、管理することを支援し、利用可能な最新且つ最善の情報を得るためのエンジニアや関係者のプロセスを確実にすることにフォーカスしました。含まれるプロセスと拡大・発展した実現可能なソリューションの定義と組合せとともに、企業およびその関連企業 (所謂、extended enterprise) 全体から成るより多くの利害関係者が、異なるタイプの意思決定プロセスに関与するようになりました。

 主要なPLMソリューションプロバイダは、社のメッセージや提供製品に様々異なる拡大に対する意思決定というものにいずれもがフォーカスしています。このフォーカスをサポートするためのメッセージやソリューションを換えているものが、大きなエコノミーの中での変化により影響を受けている部分でもあります。昨年、CIMdataは、ほぼすべての業界の企業に対してある種の長期の恒久的変化をもたらした巨大な景気後退が創り出していてる “新しい基準・状態 (New Normal) ” について解説しました。労働力人口の配置の変化、そしてPLMソフトウェアのための新しい期待の変化、これらは自社の製品、メンテナンス、サービスの転換など、少なくともいくつかのPLMソリューションプロバイダに影響を与えました。これらの継続的な変化の認識をして、CIMdataの2013年度のPLM Market & Industry Forumは、この “New Normal Lens” を通して技術やソリューションの動向を見ていきます。例えば、シミュレーションと解析 (S&A) は、不況にもかかわらず、過去数年間の急成長しているPLM市場セグメントの一つとなっています。しかし、多くのソリューションプロバイダは、製品全体のライフサイクル全体の意思決定プロセスのダイナミクスを変えるためにS&Aを利用することを模索しています。

 過去数年間にわたり、大手PLMソリューション・プロバイダの何社かは、CoCreate、Kubotek、その他のような企業によって支持されたテクニックであるダイレクト・モデリングに戦略的な動きを起こしています。SpaceClaimなどの新しい会社は、S&Aや製造グループのようなニーズにデータを適応させる必要がある下流の3Dデータ・ユーザにより意思決定を可能にするものとして社の提供製品を位置付けています。これらの新しいダイレクト・モデリングツールの思いもよらないなりゆきは、CADの移行に著しい変化をもたらしています。長年にわたり、独自のCADフォーマットは、あるソリューションから別のものに移動するために、大規模CADユーザの能力を制限してしまうかなりな “barrier to exit (撤収障壁)” となっていました。ダイレクト・モデリングツールは、組織に対して、レガシー・データの価値の解放し、新しいソリューションへの移行をスムーズをできるようにしています。この能力は、直近での主要なCADの移行の決定に影響を与える要因になって来ており、CIMdataはこの傾向は今後も続くと予想しています。

 昨年のフォーラムに於いて、CIMdataは、ふるくから航空宇宙および防衛産業にそのルーツがあり、急速に多くの業界で不可欠になっている専門分野であるシステムズ・エンジニアリングを大々的に取り上げました。 2012年、CIMdataは、PLMソリューション・プロバイダと産業界の組織のいずれもの間でテクノロジーとビジネス・プロセスの成熟と普及に対応させるために新しいシステムズ・エンジニアリング・カウンシルを立ち上げました。カウンシルが対処すべき重要課題は、意思決定プロセスが、この重要な専門領域をサポートするために、どのように変わらなければならないかというものになります。

 本年度のフォーラムでは,“Big Data (ビッグデータ) ”、mobile technologie (モバイル技術) 、またvisual decision making (視覚による意思決定) などのビジネス・マネージメントの側面に大きな影響を与えることなるテクノロジーについても考察します。企業はビジネスインテリジェンス (BI) を使用し、一部の業界である種の効果のためにビッグ・データの分析・解析をしていますが、このテーマPLM市場ではまだ進展段階です。同様に、本編をお読みしている多くの人々は、20年以上前にはコンピューティング・センターから提供されていたよりも大きな複数のリモート・コンピューティング・パワーを自身のポケットの中に携帯しているものの、今日まで企業は、モバイルデバイスで、如何にPLMの取り組むに変化があるかの表面だけを見てるに過ぎません。

 帰するところ、私たちの多くは、Google MapやAmazonなどのようなサイト上でWebでの商業的な相互作用におけるビジュアルな意思決定というものを利用しています。主要なPLMソリューションプロバイダのほとんどは、社の主要製品にこれらのユーザーインターフェイス (UI) の戦略を訴求していますが、それら製品をベストに利用するようにどのように意思決定のプロセスを変える必要があるのでしょうか?一般のPLM採用における大きな課題の一つは、新しい支持者に対して情報やプロセスを公開するというものが、会社内のパワー・ダイナミクスを変化させることが出来ることです。これらテクノロジーのすべては、取組み全体を断念させた組織の障壁や水面下にあるものを露出させるために、 “lowering the water (水を下げる) ” という効果を持つことができることです。これらのセッションすべては、論争や潜在的な将来のスタディのために、これらの課題を明確にする心づもりです。

 CIMdataの2013年度のPLM Market & Industry Forumは、PLMコミュニティに於けるソリューションならびにサービス・プロバイダー向けの唯一のリーディング・イベントであり、私どものPLMコミュニティ・メンバーへの重要なデリバリーとなるものです。フォーラムでは、現在の経済情勢についての識見やPLMエコノミーのトレンドならびにそれらの影響についての見識を提供するものです。私どもは、上記に取り上げた課題とCIMdataは如何にクライアントにより良いサービスを提供するために進化しているかを解説します。現行ならびに将来のPLM市場についての状況とトレンドのCIMdataの展望について詳細にプレゼンを進め、CIMdataの2012年のPLM市場の結果の分析の最初の公開 (PLM領域全体、産業・業種、地域、また大手ソリューション・プロバイダの業績 収益と市場占有率の詳細な分析と予測を含む) を進めます。CIMdataは、これらセッションについて、PLMコミュニティのニーズを満たすために、ソリューションプロバイダの要件について知る機会として視ています。

 CIMdataのPLM Market & Industry Forumの参加者は、現行ならびに進展しているPLM市場の状況について信頼出来うる確か成る理解、その影響のダイナミックさ、そしてその継続的進化への期待について確かなものにすることになります。出席者は、自身が現行、また来る年へのPLM市場環境を着実に進むために利用可能なアプローチと機会へのさらなるインサイトを高めることになります。このイベントは、競合相手、コラボレータ、また今後の潜在的なパートナーを含むPLMコミュニティに於ける他社のプロフェショナルとのネットワークへの機会も提供します。このプログラムに登録するには、www.CIMdata.comをご覧ください。


Product lifecycle management (PLM) has always been concerned with making better decisions. Its roots in engineering data management focused on helping engineers and others find and manage product related data, ensuring that their processes used the latest and best information available. As the definition and set of included processes and enabling solutions expanded, more stakeholders from across the extended enterprise were brought into different types of decision-making processes.

The leading PLM solution providers all focus on decision making to differing extents in their messaging and offerings. The messaging and solution changes to support this focus are in part influenced by changes in the larger economy. Last year, CIMdata spoke about the Great Recession creating a “New Normal,” which resulted in some long-term to permanent changes for companies in nearly every industry. The changing demographics of the workforce, and its new expectations for PLM software, have influenced the PLM solution providers in at least some of their product, maintenance, and service moves. In recognition of these ongoing changes, the agenda at the CIMdata 2013 PLM Market & Industry Forum will look at technology and solution trends through this “New Normal Lens.” For example, simulation and analysis (S&A) has been one of the fastest-growing PLM market segments over the last few years, despite the recession. But many solution providers are looking to use S&A to change the dynamics of decision-making processes across the entire product lifecycle.

Over the last few years, several of the larger PLM solution providers made strategic moves in direct modeling, a technique championed by companies like CoCreate, Kubotek, and others. Newer companies like SpaceClaim position their offerings as enabling decision making by downstream 3D data users, like S&A and manufacturing groups, who need to adapt existing data to their needs. An unexpected consequence of these new direct modeling tools is a significant change in CAD migration. For many years, proprietary CAD formats were a significant “barrier to exit,” limiting the ability of large CAD users to move from one solution to another. Direct modeling tools allow organizations to unlock the value of legacy data and smooth the move to new solutions. This ability has been a factor in major CAD migration decisions in the recent past and CIMdata expects this trend to continue.

In last year’s Forum, CIMdata emphasized systems engineering, a discipline that is quickly becoming necessary across many industries far from its roots in aerospace and defense. In 2012, CIMdata launched a new Systems Engineering Knowledge Council to help the technology and business process maturation and diffusion among both PLM solution providers and industrial organizations. A key issue to be addressed by the Council will be how decision-making processes must change to support this crucial discipline.

This year’s Forum will also consider technologies that are having a large impact on aspects of business management, such as “Big Data,” mobile technologies, and visual decision making. Companies are using business intelligence (BI) and analyzing big data to great effect in some industries but the topic is still emerging in the PLM market. Similarly, most people reading this document carry more remote computing power in their pocket than was available in computing centers 20+ years ago, but to date companies are only scratching the surface of how mobile devices can change the practice of PLM.

Finally, many of us are using visual decision making in our commercial interactions with the web on sites like Google Maps, Amazon, and others. Most of the major PLM solution providers are pursuing these user interface (UI) strategies in their core offerings, but how will decision-making processes need to change to best use these offerings? One of the big issues in PLM adoption in general is that exposing information and processes to new constituencies can change the power dynamics within companies. All of these technologies can have the effect of “lowering the water,” to expose the organization’s rocks and icebergs that could scuttle the entire initiative. All of these sessions will try to identify these issues for discussion and potential future study.

CIMdata’s 2013 PLM Market & Industry Forum, the leading event exclusively for solution and services providers in the PLM economy, is a key deliverable for our PLM Community members. The Forum will provide insights on the current economic climate and trends and their effect on the PLM economy. We will discuss the issues highlighted above and how CIMdata is transforming to better serve its clients. CIMdata’s perspective on the state of and trends for the current and future PLM market will be presented in detail, as will the first public release of CIMdata’s 2012 PLM market analysis results―including extensive analyses and forecasts regarding market growth across PLM domains, industries, and regions, and the performance (revenue and market-share analysis) of leading PLM solution providers. CIMdata views these sessions as an opportunity to learn more about solution provider requirements to meet PLM Community needs.

Participants in CIMdata’s PLM Market & Industry Forum should expect to gain a solid understanding of the current PLM market and the dynamics impacting it and develop realistic expectations for continued market evolution. Attendees will gain further insights into opportunities they can exploit and approaches they can use to navigate the PLM market environment in the year to come. This event also provides the chance to network with other professionals in the PLM Community, including competitors, collaborators, and potential partners. To register for this program, please visit www.CIMdata.com.


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.