CIMdata’s 2016 PLM Market & Industry Forum - Agenda


CIMdata 2016 PLM Market & Industry Forum - JAPAN
東京ガーデンパレス
〒113-0034 東京都文京区湯島1-7-5
 (http://www.hotelgp-tokyo.com)

2016年4月21日(木)

  • 9:30 a.m. – 9:45a.m.
    受付登録 (Registration)

午前の部 (Morning Session)

  • 9:45 a.m. – 10:00 a.m.
    開催にあたって (Welcome)
    江澤 智、CIMdata日本代表/メタリンク (Satoshi Ezawa, A Japan Representative of CIMdata / MetaLinc)
    開始にあたって、フォーラムの趣旨とPLM Communityの最新状況を簡単に述べます。
    (We would start the forum with describing the purpose of forum including a brief PLM Community update.)
  • 10:00 a.m. – 11:30 a.m.
    PLMの状況 - 現行市場並びに最新トレンド 
    (State of PLM - Today's Market and Leading Trends)
    ピーター・ビレロ、CIMdata 社長 (Peter Bilello, President)
    本セッションでは、PLMソフトウェアとサービスプロバイダにとって重要である素材・材料工学、収益性管理、また諸々のエンジニアリングトレンドと必須項目をサポートするための必要性を含め、特にトレンドと課題に重点を置いてPLM業界の現在の状況をレビューします。CIMdata社は、これらトレンドについての見解をレビューし、厳しさが増しているこの市場の中の参加者が持つ影響についてその見解について提示します。加えて、ビレロ氏は、進化するPLMエコノミーとそれらトレンドにCIMdataが如何に対処しているかを述べます。

    (This session will review the current state of the PLM industry with particular emphasis on trends and issues, including the need to support materials engineering, profitability management, and other emerging trends and necessities, that are critical to PLM software and service providers. CIMdata will present its views on these trends and the impact they have on participants in this increasingly challenging market. In addition, Mr. Bilello will provide an update on how CIMdata is addressing the evolving PLM economy and these trends.)
  • 11:30 a.m. – 12:00 a.m.
    2015年度市場分析結果 (2015 Market Analysis Results)
    スタン・プランスキー、CIMdata リサーチVP (Stan Przybylinski, Vice President of Research)
    PLM業界の進展と方向性への包括的且つ正確な識見を持つ最善な情報源として長期に渡って認められているCIMdata年次PLMグローバル市場の分析は、本PLM Market & Industry Forumでまず最初に公開されます。
    (Recognized for many years as the best source of comprehensive and accurate insights into the evolution and direction of the PLM industry, CIMdata’s annual PLM Global Market Analysis is first revealed at this PLM Market & Industry Forum.)
  • 12:00 a,m – 1:00 p.m.
    昼食 (Lunch)

午後の部 (Afternoon Session)

  • 1:00 p.m. – 1:30 p.m.
    2015年度市場分析結果 – 続き (2015 Market Analysis Results, Continued)
  • 1:30 p.m. – 2:15 p.m.
    2015年度 日本&AP市場分析結果 (Japan & AP - 2014 Market Analysis Results Japan & AP)
    江澤 智 (Satoshi Ezawa)
    本セッションは、日本市場の分析を中心に2015年度の状況、トレンド、課題について述べます。
    (This session describes results, trends and issues based on the analysis of mainly Japanese market on 2015.)
  • 2:15 p.m. – 3:45 p.m.
    CIMdataのリサーチアジェンダのアップデート (CIMdata’s Research Agenda Update)
    本セッションでは、CIMdata社は、弊社の実践領域と2016年の弊社のPLM Knowledge Councilsのリサーチアジェンダに関連するいくつかのトピックについての議論を展開します。
    (In this session, CIMdata will lead discussions on several topics pertinent to our Practice areas and our PLM Knowledge Councils’ research agendas for 2016.)
    • 2:15 p.m. – 2:45 p.m.
      素材・材料のイノベーションエコシステムを見つけ出し、構築し、管理する (Finding, Building and Managing Your Materials Innovation Ecosystems)
      多くの企業は、新素材・材料からの恩恵を模索しています。しかし、ナレッジとテクノロジーの急激な進歩への対応は、企業は単独で行うことはできません。企業は、社のニーズや関心に最も関連する素材・材料のイノベーションエコシステムを探し出す必要があり、それらのニーズをサポートするための適切なパートナーを見つけるためのクラウドソーシングとコ・クリエーションのようなオープンイノベーションのアプローチを利用する検討が必要です。ケーススタディ・アプローチを用いるこのプレゼンで、弊社は、これそのものを進める上で利点を得るために効果的なソリューションとアプローチを紹介します。
      (Many companies seek to benefit from new materials. But given rapid advances in knowledge and technologies, they cannot do it alone. Companies need to discover the materials innovation ecosystems most relevant to their needs and interests, and consider using open innovation approaches such as crowdsourcing and co-creation to find the right partners to support those needs. In this talk using a case study approach we will showcase effective solutions and approaches that they can take advantage of during this journey.)
    • 2:45 p.m. – 3:15 p.m.
      新しい素材・材料のための設計&シミュレーション要件 (Design and Simulation Requirements for New Materials) 
      新しい素材・材料は、それらの応用が製品とプロセスの要件を満たせることを保証するために、設計、シミュレーション、そしてテストのために新しい方法を必要とします。本セッションで、CIMdataは、新しい素材・材用の時代に必要な設計、アナリティクス、そして検証を含み、素材・材料工学をサポートするためのイノベーティブな取り組みをレビューします。
      (New materials require new methods for design, simulation, and testing to ensure that new material applications can meet product and process requirements. In this session, CIMdata will review innovative efforts to support materials engineering, include design, analysis, and validation required for this new materials age.)
    • 3:15 p.m. – 3:45 p.m.
      3DプリンターとPLM (3D Printing and PLM)
      積層造形は1980年代から出回っていますが、3Dプリントと関連する素材・材料の急速な進化は、モノづくりの将来について、産業企業のみならず個人消費者でさえもワクワクするものです。本セッションでは、3DプリントがどのようにPLMに影響するかをフォーカスします。
      (While additive manufacturing has been around since the 1980s, the rapid evolution of 3D printing and associated materials has industrial companies and even individual consumers excited about the future of making things. This session will focus on how 3D printing impacts the PLM economy.)
      (註)上記のセッションの時間の配分は内容により変更する場合があります。
  • 3:45 p.m. – 4:00 p.m. ネットワーキング・ブレーク (Networking Break)
  • 4:00 p.m. – 4:45 p.m. エンドユーザーにフォーカスしたリサーチトピックス (End-User Focused Research Topics)
    2016年、弊社のリサーチ事項には、複数の産業での製造業会社への関心ある数々のトピックスを含んでいます。本ショートセッションでは、これらの分野それぞれをハイライトし、2016年またその先に於いてこれらトピックスについてさらに適切且つ具現化するために、参加の皆さまからのお考えなどもお聴きできれば幸いです。
    (In 2016, our research agenda will also include several other topics of interest to manufacturing companies in multiple industries. These short sessions will highlight each area and seek inputs from the audience that will help sharpen our focus on these topics in 2016 and beyond.)
    • 4:00 p.m. – 4:15 p.m.
      素材・材料時代の製造&サポート (Manufacturing & Support in the Materials Age)
      新しい素材・材料は、新たな製造手法を必要とします。これらの素材・材料は、保守サポートなど現場に新しい方法を必要とする場合があります。本セッションでは、CIMdata社は、製造メーカーとそのバリューチェーンがどのように対応しなければならないかを探求します。
       (New materials necessitate new manufacturing approaches. These materials may also require new methods of support in the field. In this session, CIMdata will explore how manufacturers and their value chains will have to respond.)
    • 4:15 p.m. – 4:30 p.m.
      システムアイディエーション & 素材・材料工学
      (Systems Ideation & Materials Engineering)
      製品の多くは発想する際、アイディアの具現化 (ideation) は、よく知られた素材・材料とメカニズムを参考にします。皆さんがある範囲または新しい要件を満たすための素材・材料を明確にして定義する場合はどうでしょうか?皆さんはプラスチック、セラミックス、複合材料の経験を持っていますが、素材・材料工学の進歩はあらゆるモノ・コトを変えることができます。本セッションでは、将来の製品イノベーション・プラットフォームへの影響について述べます。
      (When most products are conceived, the ideas rely on well-known materials and mechanisms. What if you can define the material to satisfy a range or new requirements? While we have experience in plastics, ceramics, and composites, advances in materials engineering can change everything. This session will talk about the implications for tomorrow’s product innovation platforms.)
    • 4:30 p.m. – 4:45 p.m.
      収益性管理:ミッシングリンク
      (Profitability Management: A Missing Link)
      企業の経営陣は、ビジネスの成功を導く持続可能な市場プレゼンスを創り出す必要があります。企業が直面している課題 (Challenge) は二つあり、第一に、社の将来的な収益性を如何に予測するかであり、第二に、将来的な予測が実際に達成することを確実にするための社の製品ポートフォリオを如何にマネージメントするかです。このセッションでは、PLMソリューションが過去サポートしなかった分野であるポートフォリオ&コスト管理の背景にある多くの機能的な拡大として (つまり、現行PLMのミッシングリンクの一つ) 、将来の収益性管理をサポートするために必要な機能・能力についての要件を展開します。
      (Corporate managements must create a sustainable market presence that drives business success. The challenge companies face is two-fold, first, how to predict their profitability into the future, and second, how to manage the company’s product portfolio to ensure that predicted future profit can actually be achieved. This presentation will explore requirements for and capabilities needed to support future profitability management as a fundamental expansion of many of the ideas behind portfolio & cost management into areas previously not supported by PLM solutions—solving one of today’s PLM missing links.)
      (註)上記のセッションの時間の配分は内容により変更する場合があります。
  • 4:45 p.m. – 5:00 p.m.
    纏め&終わりにあたって (Closing Comments)
  • 5:00 p.m. ‒ 6:00 p.m.
    ネットワーキング・レセプション (Networking Reception)

CIMdata’s 2016 PLM Market & Industry Forum
CIMdata’s 2016 PLM Market & Industry Forum Overview
CIMdata’s 2016 PLM Market & Industry Forum Agenda
CIMdata's 2016 PLM Market and Industry Forum 
申込要項

ご案内資料&申込書:PDFデータダウンロード

参考 (英語) :CIMdata Web Site

過去のCIMdata PLM Market & Industry Forum

(お断り)本内容は随時、最新情報に更新されます。(更新:2016.4.10)

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.