PLM Road Map 2012 - 案内資料


2012年10月2&3日:第19回年次 PLM Road Map カンファレンス

場所:The Inn at St. John's
44045 Five Mile Road Plymouth, MI 48170 (デトロイト空港から12マイルほど)

pict 2

(CIMdata - CPDA site)


PLM Road Map 2012について

pict 1

 PLM Road Map 2012の中心テーマは、戦略的に不可欠なものとしてのPLM (競争優位を導くためにライフサイクルの複雑さを管理する) です。今回19年目であるPLM Road Map 2012は、PLM業界のエグゼクティブや実務家のための指導者に向けてPLM業界のCIMdataのチームが企画・実行する参加必須のグローバルなPLMイベントです。

 2012年のPLM Road Mapは、業界に重要であるアイデア、トレンド、経験、また関係を育み、根を下ろすことができるコラボレーティブなネットワーク環境での独立した最高の二日間の教育の場であり、輝かしい歴史をもっています。ビジネスの現場に於ける最高のスピーカーを配した私どものアジェンダは、彼らが自社の組織の中でライフサイクルの複雑さを管理するためにPLMを利用した方法を共有するためのものであり、さらにネットワーキングの場を提供するものであり、皆さんは決してこのPLM Road Map 2012を見逃してはならない唯一のPLMのカンファレンスです。

 PLM Road Mapは、企業が如何にうまくPLM戦略を適用し、課題の多い製品開発、製造、そして実装課題を満足させるソリューションを実現するかにフォーカスした戦略的なカンファレンスです。参加した出席者は、現在持っている考え方をシフトするために、如何にPLMが競争優位を導くことが出来るように複雑さを管理することにフォーカスする一連のプレゼンテーションで新たなレベルに進むことになります。

 PLM Road Mapで重要なことは、仲間と業界のネットワークのサポートを提供し、カンファレンスの終わった後も皆さんを結びつけ、それは皆さんのPLMの活動を通じて継続することが出来る唯一のPLMイベントであると言うことです。

PLM Road Map 2012、何が期待できるか!

 PLM Road Map 2012は、競争優位をドライブするためにライフサイクルの複雑性を管理するために、戦略的に重要な緊急課題としてのPLMにフォーカスします。プレゼンテーションには、PLMを導入することが非常に困難である理由、大規模なPLMプログラムガバナンス、データの氾濫、システムズ・エンジニアリング、シミュレーション主導デザイン、他が含まれます。

 一日目は、PLM市場の概要から始まり、先端エンドユーザーのPLMの実装経験を共有する彼らの経験を一連の基調講演と続きます。午後は、三つのブレイクアウトセッション (分科会) で、PLMインテグレーション、デザイン・クリエーション&コラボレーション、そしてPLMマネージメントをカバーします。

 二日目は、シミュレーションと解析、システムス・エンジニアリング&デジタル・マニファクチャリング、そしてPLMマネージメントをカバーする三つのブレイクアウトセッション (分科会) で開始します。カンファレンスの午後の最後に参加者は、ソフトウェアベースの要素を含むすべての製品コンポーネントのライフサイクルプロセス全体を管理することについての議論を一連の基調講演のスピーカーと共に進めます。開発課題をまとめていくつかの領域を統一 (unify) するなど新しい製品設計技術やシステムズ・エンジニアリングを含むいくつかの開発課題に対する可能性あるソリューションなども提案されることになるでしょう。

出展者とスポンサー:

 以下をご参照下さい。
 http://www.cpd-associates.com/index.cfm?content=include_conference12.cfm&subcontent=eot

参加する理由:

 参加する理由:PLM Road Map 2012 に参加で何を得るか (Benfits) ?

  • 重要な変化 (MEANINGFUL TRANSFORMATION) を知る (It's about MEANINGFUL TRANSFORMATION)
    皆さんは貴社のために重要なグローバルなトランスフォーメーションと実装フレームワークをどのように策定しますか?PLM Road Mapでは、皆さんの企業の重要なトランスフォーメーションを可能にする実行可能なロードマップのアイデアを持ち帰ることができます。
  • 同じ課題をもった人たちのネットワーク (It's about PEER NETWORKING)
    皆さんは、志を同じくする仲間の大規模なグループでネットワークする機会を持ちながら仕事の日々の苦悩から離れて有意義な時間をどのくらい過ごすことができていますか? PLM Road Mapは、会議が終わった後も、長期に渡って同じ志しのネットワークのために貴重なコネクションと展開を続けると共に、皆さんは困難な課題に重点を置いた十分な時間を持つことができます。
  • 継続的な教育 (It's about CONTINUING YOUR EDUCATION)
    PLMは急速なペースで進化しており、如何にすべてのトレンドや変化についてキープするか? PLM Road Mapでは、皆さんは、我々のトップクラスのスピーカーとワールドクラスのCIMdataの専門家に耳をかたむける機会を持つことことで、現実の世界での成功と経験を共有できます。
  • コミュニティについて (It's about COMMUNITY)
    皆さんが出席するPLMのイベントは、終わった後の空虚さは感じてないでしょうか? PLM Road Mapでは、参加者は、CIMdataの幅広いPLMコミュニティの中となり、そのようなことはありません。PLMは、CIMdataのビジネスであり、終わりはありません。
  • イノベーション (It's about INNOVATION)
    皆さんは、競合相手のイノベーションの挑戦にさられていると感じたり、今日、あるいは明日利用可能な情報を望んではないでしょうか? PLM Road Mapでは、皆さんは、競争優位を得るための革新的な選択を出来るようにし、現在、何が利用可能であるか、また将来何を予想したらよいかを見つけるために業界のトップソリューションプロバイダーに出会う機会を持つことができます。
  • ドライビングチャンジにについて (It's about DRIVING CHANGE)
    皆さんは不確実な時代に於いてより多くのことを小さなものでデリバリーすることを確実に行う効果的な意思決定をどうしていますか? PLM Road Mapでは、皆さんは、今日の変化に対応できるように、未来に対応できる明確な理解を伸ばすことができます。
  • 関連性に関するもの (It's about RELEVANCE)
    皆さんは、特定の課題を経験する唯一の人であると感じていますか? PLM Road Mapでは、皆さんに目下関連している多くを共有出来るアイデアや経験を探し出すことができます。
  • だれを信じたらよいかが知ること (It's about KNOWING WHO TO TRUST)
    皆さんは、業界の関係者が議論していること、あるいはどのような話題に関心あるかを共有したいと思いませんか? PLM Road Mapでは、皆さんは業界のリーダーとして尊敬されている信頼並びに経験豊富なCIMdataのグループから豊富な知識を共有することができます。二日間だけではなく、今後のPLM活動を通して、皆さんを支援するためにカンファレンスの後にもエキスパートが付き添っています。

参加すべきは?:

 業種

  • 航空宇宙 (Aerospace)
  • Appliance Manufacturers
  • 自動車OEM (Automotive Manufacturers)
  • 自動車サプライヤ (Automotive Suppliers)
  • 建設 (Construction) 
  • CPG ( Consumer Package Goods)
  • 民生品 (Consumer Products)
  • 防衛 (Defense)
  • エレクトロニクス (Electronics)
  • 加工・製造 (Fabrication)
  • 重工 (Heavy Equipment Manufacturers)
  • インフラ (Infrastructure)
  • 医療機器 (Medical Device Manaufacturers)
  • 製薬 (Pharmaceutical)
  • プロセス産業 (Process Industries)
  • 小売り&衣料 (Retail and Footwear)
  • サービス・プロバイダー (Service Providers)
  • ソフトウェア・プロバイダー (Software Providers)
  • 造船 (Shipbuilding)
  • VAR ( Value Added Resellers)

 役職

  • ビジネスプロセス管理者 (Business Process Managers)
  • CAD管理者 (CAD Managers)
  • CAD戦略エキスパート (CAD Strategy Experts)
  • チーフ・エンジニア (Chief Engineers)
  • CTO (Chief Technology Officers)
  • デザイン・設計エンジニア (Design Engineers)
  • デザイン&シミュレーション・エキスパート (Design and Simulation Experts)
  • エンジニアリングITエグゼクティブ (Engineering IT Executives
  • Engineering Managers)
  • ITプロフェショナル (IT Professionals)
  • メカトロ・エキスパート (Mechatronics Experts)
  • 新製品開発リーダー (NPD Leaders)
  • 計画管理者 (Planning Managers)
  • PLM実装担当者 (PLM Implementation)
  • プロセス・デザイナー (Process Designers)
  • プロセス改革エキスパート (Process Improvement Experts)
  • 購買業務管理者 (Procurement Managers)
  • 製品プラットフォーム管理者 (Product Platform Managers)
  • 製品ポートフォリオ管理者 (Product Portfolio Managers)
  • サービス・プロバイダー (Service Providers)
  • ソフトウェア・プロフェショナル (Software Professionals)
  • ソリューション管理者 (Solution Managers)
  • ソリューション・プロバイダー (Solution Providers)
  • システム・アーキテクト (Systems Architects)
  • システムズ・エンジニアリング・エキスパート (Systems Engineering Experts)

 PLM Road Mapの参加企業 (一部) : 以下をご参照下さい。
 http://www.cpd-associates.com/pdfs/2012PartialListOfAttendees.pdf

カンファレンス全体 (Conference at a Glance)

 PLM Road Map 2012の出席者の皆さんは、変化するPLMの状況・展望 (landscape) に直面した経験ある業界のリーダーたちのスピーカーに耳をかたむたり交流する機会を持つことになります。皆さんは、ビジネス上の意思決定のためのダイナミック?インフラストラクチャーへとPLMを変換するために新世代のPLMプロセスと技術をベスト・イン・クラスが如何に利用しているかを見いだすことができます。

火曜日 午前 全体セッション:PLM市場と方向性
火曜日 午後 PLMインテグレーション デザインテクノロジーに於ける進歩はワークフローの複雑さを征服させる PLM プログラムマネージメント (Day 1)
火曜日 夕方 テクノロジー展示会と歓迎レセプション
水曜日 午前 シミュレーション主導デザイン:競争優位の持続のためのシミュレーションのインテグレーションと展開 メカトロニクスおよびデジタル・マニファクチャリング PLM プログラムマネージメント (Day 2)
水曜日 午後 全体セッション:製品コンポーネント全てに対するライフサイクル全体のマネージメント


 基調講演者には:

 以下のようなセッション (プレゼンテーション) が予定されています。または、こちらへ。

 参加&登録について:以下をご参照下さい。
 http://www.cpd-associates.com/index.cfm?content=include_conference12.cfm&subcontent=register
 また、弊社 (メタリンク) に気軽にお申し付け下さい。

 宿泊について:以下をご参照下さい。
 http://www.cpd-associates.com/index.cfm?content=include_conference12.cfm&subcontent=hotel
 不明な点は、弊社 (メタリンク) にお尋ね下さい。

セッション (プレゼンテーション):逐次更新

TUESDAY, OCTOBER 2

  • 7:30 A.M. REGISTRATION AND CONTINENTAL BREAKFAST
  • KEYNOTE/PLENARY SESSION
  • 8:30 A.M PLM Market Trends and Directions
    • This keynote session will offer a series of presentations highlighting the experiences of leading-edge end users who will share their PLM implementation experiences.
    • Presentation topics will include:
      • The state of the PLM market
      • Why implementing PLM is so difficult
      • Large scale PLM program governance
      • It's All About Information Management ? Isn't It?
      • Systems Engineering: Enabling the Discipline
  • 12:45 P.M LUNCH
  • 2:00 P.M PLM Integration
    After nearly a decade of using the term PLM, many PLM solution providers use the phrase "single source of truth" to describe a core benefit of their solutions. But as PLM strategies have been adopted in new industries and in support of different types of products, there are many versions of the "truth" that need to be simultaneously developed, assessed, and managed. During this track, we will consider emerging best practices in enabling PLM to support all areas of product development.
    • Presentation topics will include:
      • PLM in a combined discrete and process product environment
      • PLM deployment models (on-premise, open source, cloud)
      • PLM to manufacturing planning (ERP integration issues)
      • PLM to manufacturing execution (MES integration)
  • 2:00 P.M Design Collaboration
    Advances in core 3D geometric modeling technology have led to a more balanced suite of construction tools. One consequence is the ability for users in a multi-CAD environment to more easily manipulate 3D models imported into their design application from foreign sources. In addition, emerging implementations for 3D geometric search that facilitate component reuse and 3D model-based definition offer new ways to improve product development workflows. This compels users to re-evaluate their current design methods and tools in order to remain competitive.
    • Presentation topics will include:
      • How users are re-defining their collaboration and model data exchange workflows
      • The impact to the design process and product development costs of 3D geometric search
      • New approaches to ensure in-process designs adhere to captured product and design process knowledge
      • How Model-Based Definition simplifies the transfer of product data
  • 2:00 P.M PLM Program Management (1)
    A major challenge in implementing PLM strategies is that they are inherently cross-disciplinary. PLM business processes cross functional boundaries, and changes can upset group dynamics. Successful PLM implementations address these issues through planning, management, and enhanced communications. As a result, effective PLM program management encompasses many activities including resource scheduling, software development and testing, data migration and transformation, solution provider interface and management, reporting, communication, and cultural change.
    • Presentation topics will include:
      • The factors that must be managed for a successful PLM program
      • Measuring the benefits of PLM
      • Tracking the benefits of PLM
      • The issues, cost and time required to migrate and transform information as part of a PLM implementation
  • 5:30 P.M. EYE ON TECHNOLOGY EXHIBITION/RECEPTION

WEDNESDAY, OCTOBER 3

  • 7:30 A.M. CONTINENTAL BREAKFAST
  • 8:00 A.M. Simulation & Analysis
    Leading-edge users now drive design with up-front simulation, while simultaneously capturing and reusing CAE best practices and processes. Simulation is used to define products, not simply to evaluate established designs. The potential payoff of integrating simulation for product engineering and manufacturing is enormous, but model size, more detailed physics, robust and stochastic design and the simulation of bigger assemblies all contribute to a tidal wave of data that threatens to overwhelm us. Simulation Governance provides a means to manage simulation as a key strategic capability. It helps to communicate the role of simulation, and also to integrate it as a reliable resource for a wide range of users.
    • Presentation topics will include:
      • Simulation-driven design best practices from the point-of-view of the industrial end-user
      • Applying systems engineering principles to manage complexity
      • Simulation as a strategic capability
      • The importance of simulation governance
  • 8:00 A.M. Mechatronics & Digital Manufacturing
    The increasing complexity of integrating mechanical, electrical, software and controls technologies in today's products raises many challenges in development and manufacturing. This session will focus on the benefits of PLM in design and collaboration throughout the complete end-to-end process of designing and building today's complex mechatronic products and synchronized manufacturing systems.
    • Presentation topics will include:
      • The need to fully integrate software, electronic, and mechanical development efforts, and plans for implementation
      • Best practices for collaborating across mechanical, electrical, and software development teams
      • How to tackle the design complexity of manufacturing systems
      • Requirements management as an integral part of the development process
  • 8:00 A.M.PLM Program Management (2)
    A major challenge in implementing PLM strategies is that they are inherently cross-disciplinary. PLM business processes cross functional boundaries, and changes can upset group dynamics. Successful PLM implementations address these issues through planning, management, and enhanced communications. As a result, effective PLM program management encompasses many activities including resource scheduling, software development and testing, data migration and transformation, solution provider interface and management, reporting, communication, and cultural change.
    • Presentation topics will include:
      • Developing and sustaining a PLM program team
      • Techniques for managing the cultural change needed for successful PLM program adoption
      • Identifying and addressing the critical issues for transitioning from PLM deployment to production
      • Understanding what solution providers expect and need from a PLM program management team
  • 12:00 P.M. LUNCH
  • KEYNOTE/PLENARY SESSION
  • 1:15 P.M. Leveraging Services for Successful PLM
    During the final afternoon of the conference attendees will come together for a series of keynote presentations which will continue the discussion on managing all lifecycle processes for all product components, including software-based elements. Possible solutions to some development issues, including new product design technologies and systems engineering as a unifying discipline to bring it all together, will be suggested.
    • Presentation topics include:
      • Designing the Way Forward: Defining the Future of Design Modeling
      • ALM and PLM: Where Does it all Come Together
      • Simulation-Based Design: The Future of Product Development
  • 3:45 P.M CONFERENCE ADJOURNS



本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。 

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.