PLM Road Map™ 2014


PLM-Enabled Continuous Product Development and Delivery for the Automotive & Transportation Industry and Supply Chain (The Inn at St. John's, Plymouth, Michigan)
自動車&運輸業界とサプライチェーンのためのPLMが実現する切れ目のない製品開発とデリバリー (米国ミシガン州プリマスのザ・イン・アット・セント・ジョンズ)

 PLM Road Map™ 2014は、独立・中立な教育や業界にとって重要なアイデア、トレンド、また関係を育み、根を下ろすコラボレーティブなネットワーキングとなるグローバルな産業界のエグゼクティブ・幹部やPLMの専門家・実践を行っている人々に出席必須のイベントです。本年のカンファレンスのテーマは、“PLM-Enabled Continuous Product Development and Delivery for the Automotive & Transportation Industry and Supply Chain (自動車&運輸業界とサプライチェーンのためのPLMが実現する切れ目のない製品開発とデリバリー) ” です。

 製品開発は今日、不連続なプロセスと仕様および知的財産 (IP) 回りの交換の組合せです。デザインレビューとデリバリースケジュールがIPの開発とやり取りを推進しています。ある種の産業では、より同期をもったコラボレーションで、より切れ目のないモデルへと向かって進んており、ソフトウェアに場合には、より切れ目のない製品デリバリーへと向かっています。もちろん、ソフトウェアはハードウェアやエレメカではありません。切れ目のない製品開発とデリバリーは、新しいテクノロジーと労働形態 (work arrangements) を必要としています。

 本カンファレンスでの議論は:

  • アイデア創出から終焉に至るまでバリューチェーンの至るところにある共同開発を意味するコラボレーションの進化・進展。強化されたコラボレーションをサポートするために、専門家は、モデルベースのシステムズエンジニアリングを強化している。
  • 製品定義プロセスに於けるシミュレーション&解析の早い段階での使用
  • PLM戦略および有効なソリューションの進化・進展
  • 多くの大企業は、大規模で長期に渡るPLMイニシアチブを持つ;実際には、多くの大企業は、合併や買収のため、複数のPLMの実装を持っている。
  • 企業が製品開発やデリバリーを行うためにより流動的なITサポート、またクラウドベースの製品を模索している理由。クラウドおよびオンプレミスいずれものためのライセンスモデルは、このニーズの対応を助ける。
  • アイデア創出/アイデア管理、アプリケーションライフサイクル管理、S&A、またシステムズエンジニアリングをサポートするためのソーシャルツールの役割。
  • 製品自体が如何に変化しているか。多くの産業では、サービス、変化している経済、新しいものを提供するためのビジネスモデルとライフサイクルプランとして、製品をデリバリーすることを模索している。

 PLM Road Map™ 2014での講演者は、より流動的かつインテグレーションされている切れ目のない製品開発とデリバリーモデルに向かってさらに進展している中で、人々、プロセル、そしてテクノロジーの課題 (challenges) について自動車、運輸、また他の業界・産業からの事例を提供します。

 PLM Road Mapの使命の中心にあるものは、産業界のエンドユーザー、特定分野に高い専門スキルを持つ専門家 (subject matter experts) 、ソフトウェアプロバイダ、コンサルティンサービス会社、産業および学術機関、システムインテグレータ、業界のアナリストの間の継続的なコラボレーションと相乗的なイノベーションを促進させることです - 特に今、出現しているより持続可能な循環経済 (sustainable circular economy) に於いて、PLMのビジョンと価値実現する上で、パートナーとなる人々すべてに対してとなります。

参加する理由?
PLM Road Map™ 2014の参加者の利益・効果 (Benefits) は何か?

  • 重要な変化を知る (It‘s about MEANINGFUL TRANSFORMATION)
    皆さんは貴社のために重要なグローバルなトランスフォーメーション (変革) と実装フレームワークをどのように策定しますか? PLM Road Mapでは、皆さんの企業の重要なトランスフォーメーション (変革) を可能にする実行可能なロードマップのアイデアを持ち帰ることができます。
  • 同じ課題をもった人たちのネットワーク (It's about NETWORKING)
    皆さんは、志を同じくする仲間の大規模なグループでネットワークする機会を持ちながら仕事の日々の苦悩から離れて有意義な時間をどのくらい費やせるでしょうか? PLM Road Mapは、会議後も、長期に渡って同じ志しのネットワークのために貴重なコネクションと展開を続けると共に、皆さんは困難な課題に重点を置いた十分な時間を持つことができます。
  • 継続的な教育 (It's about CONTINUING YOUR EDUCATION)
    PLMはPLMは急速なペースで進化しており、すべてのトレンドや変化についてどのようにキープしていますか?PLM Road Mapでは、皆さんは、我々のトップクラスの講演者とワールドクラスのCIMdataの専門家に耳を傾ける機会を持つことで、現実の世界での成功と経験を共有できます。
  • コミュニティ (It's about COMMUNITY) 
    皆さんが参加しているPLMのイベントは、終わった後、空虚さを感じてないでしょうか? PLM Road Mapでは、参加者は、CIMdataの幅広いPLMコミュニティの仲間となり、そのようなことはありません。PLMは、CIMdataのビジネスであり、その日だけのものではありません。
  • イノベーション (It's about INNOVATION) 
    皆さんは、競合相手のイノベーションの挑戦にさられていると感じたり、今すぐ、あるいは近々利用可能な情報を望んではないでしょうか? PLM Road Mapに於いて、皆さんは、競争優位を得るための革新的な選択を出来るようにし、現在、何が利用可能であるか、また将来何を予想したらよいかを見つけるために業界トップのソリューションプロバイダーに出会う機会を持つことができます。
  • ドライビング・チャンジ (It's about DRIVING CHANGE) 
    皆さんは不確実な時代に於いてより多くのことをより少ないことでデリバリーすることを確実に行う効果的な意思決定をどうしていますか? PLM Road Mapでは、皆さんは、今日の変化に対応できることで将来に待ち受けていることを明確に理解できるようになります。
  • 関連性 (It's about RELEVANCE) 
    皆さんは、特定の課題を経験する唯一の人であると感じていませんか? PLM Road Mapでは、目下、皆さんに関連している多くを共有出来るアイデアや経験を探し出すことができます。
  • 信ずるは誰かを知ること (It's about KNOWING WHO TO TRUST) 
    皆さんは、業界の関係者が議論していること、あるいはどのような話題に関心あるかを共有したいと思いませんか? PLM Road Mapでは、皆さんは業界のリーダーとして尊敬されている信頼並びに経験豊富なCIMdataのグループから豊富な知識を共有することができます。二日間だけではなく、今後のPLM活動を通して、皆さんを支援するためにカンファレンスの後にもエキスパートが付き添っています。

PLM Road Map 2014にどのような方が参加すべきか?

  • ビジネスプロセス管理者 (usiness Process Managers)
  • CAD管理者 & CAD戦略エキスパート (CAD Managers & CAD Strategy Experts)
  • チーフ・エンジニア (Chief Engineers)
  • CTO (Chief Technology Officers)
  • デザイン・設計エンジニア (Design Engineers)
  • デザイン&シミュレーション・エキスパート (Design and Simulation Experts)
  • エンジニアリングITエグゼクティブ (Engineering IT Executives)
  • エンジニアリング管理者 (Engineering Managers)
  • ITプロフェショナル (IT Professionals)
  • メカトロ・エキスパート (Mechatronics Experts)
  • 新製品開発リーダー (NPD Leaders)
  • プロセス・デザイナー (Process Designers)
  • プロセス改革エキスパート (Process Improvement Experts)
  • PLM実装エキスパート (Process Improvement Experts)
  • 購買業務管理者 (Procurement Managers)
  • 製品プラットフォーム管理者 (Product Platform Managers)
  • 製品ポートフォリオ管理者 (Product Portfolio Managers)
  • ソフトウェア&サービス・プロフェショナル (Software & Service Professionals)
  • ソリューション管理者およびプロバイダ (Solution Managers and Providers)
  • システム・アーキテクト (Systems Architects)
  • システムズ・エンジニアリング・エキスパート (Systems Engineering Experts)

ご出席&登録について

 ご出席&登録はCIMdataサイトまたは弊社まで。

PLM Road Map™ 2014に於ける後援 (Sponsoring at PLM Road Map™ 2014)

 PLM Road Mapの使命の中心にあるものは、産業界のエンドユーザー、特定分野に高い専門スキルを持つ専門家 (subject matter experts) 、ソフトウェアプロバイダ、コンサルティンサービス会社、産業および学術機関、システムインテグレータ、業界のアナリストの間の継続的なコラボレーションと相乗的なイノベーションを促進させることです - 特に今、出現しているより持続可能な循環経済 (sustainable circular economy) に於いて、PLMのビジョンと価値実現する上で、パートナーとなる人々すべてに対してとなります。

 このコラボレーティブな使命を支援するために、CIMdataは、PLMソフトウェアとサービスのプロバイダに対して、カンファレンスのスポンサーシップの機会を限られた枠ではありますが用意しております。

 PLM Road Map 2014の後援 (sponsor) は、Cheryl Peck (c.peck@cimdata.com) まで。または弊社まで。

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。 

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.