PLM Road Map™ 2015 HTE


PLM Road Map + Systems Engineering Workshop に参加を予定する皆さん、バンドル価格の特典を得て登録ください (Those planning to attend PLM Road Map + the Systems Engineering Workshop should register here to take advantage of our bundled pricing)

 ハイテク・エレクトロニクスコミュニティ (HTE: High Tech Electronics) 向けのPLM Road Map™ 2015は、独立・中立な教育や業界にとって重要なアイデア、トレンド、また関係を育み、根を下ろすコラボレーティブなネットワーキングとなるHTE産業界のエグゼクティブ・幹部やPLMの専門家・実践を行っている人々に出席必須のイベントです。本このイベントのテーマは、“Innovating in a Nanosecond World: How PLM Makes Innovation and Collaboration for the High-Tech Electronics Community Repeatable, Sustainable, and Scalable (ナノセコンドの世界でのイノベーション:PLMは如何にしてハイテク・エレクトロニクスコミュニティのために、反復可能、持続可能、そしてスケーラブルなイノベーションを起こし、コラボレーションを行うか) ” となります

 ハイテク産業は、極端に短い開発サイクルを伴う本質的な繰り返しであり、複雑なインテグレーションがなされ、コラボレーティブなサプライチェーンモデルとなっています。さらに、ハイテク企業は、複数の技術的な分野とツールを持つ傾向にあります。規制とコンプライアンスの問題は、効率的で正確に対処しなければならない複雑な制約をもたしています。この業界にフォーカスしたPLM Road Map 2015でのプレゼンテーションは、それらチャレンジ・課題と様々 (増え続ける複雑な環境においてイノベーションが加速しなければならない時に生じる頻繁に発生するデザイン・設計の遅れの原因と水準以下の製品イノベーションの要因、またPLMはどのようにイノベーションを可能にする上で重要な役割を果たすべきか) を探求します。

 製品開発は、今日、仕様や知的財産 (IP) のやり取り周辺のディスクリートプロセスやデリバリーのセットです。デザインレビューとデリバリースケジュールは、IPの開発·とやり取りをドライブしています。いくつかの産業では、さらなる同期型コラボレーショオをもって、継続的な製品デリバリーを行うソフトウェアのケースで、より継続的なモデルに向かって進んでいます。プレゼンテーションでは、以下のようなのテーマに触れることにより、イノベーション、タイム·ツー·マーケット、また循環経済 (circular economy) をカバーします:

HTE向けPLM Road Mapでの論議するトピックス

  • アイデエーションから終焉までバリューチェーン全体で協調・共同開発をするためのコラボレーションの進化と拡大。ハイテク企業は、コラボレーションの扱いを心得てているものの、IP保護、セキュリティ、また共有情報管理の課題に多大な苦労あり。
  • 多くのハイテク企業での、最適化または完全に活用するとことが出来なかった第一世代ないし第二世代のPLM実装。
  • 多くのハイテク企業がスピンオフしたり、企業売却の処置をしており、知的資産と企業システムの部門を管理する方法を計画する必要がある。
  • 製品自体が変化している。多くの産業は、サービスとして製品をデリバリーすることをすすめようとしている、新しいものの提供に経済、ビジネス、またライフサイクルの計画が変化している。
  • ハイテクの中でのPLMが実現するテクノロジーが支援するイノベーションや製品開発は、企業単体の中でさえ、インテグレーションが欠如したり、ベストプラクティス、また一貫性など異なる
  • 最新の認証を必要とする継続的な規制の変更や製品の世代は、コンプライアンスのリポーティング・ニーズの継続的な進展をドライブしている。
  • より多くのデバイスに拡大しているモノのインターネットは、情報の使用およびサービス周りに新しいデータセットを可能・実現して管理する必要性に大変革を起こしている。

 PLM Road Map 2015 HTEの後援 (sponsor) は、Cheryl Peck (c.peck@cimdata.com) まで。または弊社まで。

CIMdata システムズエンジニアリング ナレッジカウシル ワークショップ、同時開催
ハイテック製品開発をサポートするシステムズエンジニアリング (2015年6月17日) 


 関連・ご参考:


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。 


Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.