PLM Road Map™ 2017、PDT Europe 2017と共同開催


Digitalization: The Next Step in PLM's Evolution
デジタリゼーション:PLMの進化における次のステップ
2017年10月17日、Clarion Post Hotel、Gothenburg、Sweden

 PLM Road MapとPDT Europeは、業界のエグゼクティブやPLM実践者にとって必見のイベントです!の2つのユニークなイベントにスウェーデンのゴーセンバーグ (ヨーテボリ/イェーテボリGothenburgでの参加をご計画ください。3日間のプレゼンテーションは一括登録となります。

CIMdata PLM Road Map (CIMdata Site)

 PLM Road Map 2017はPDT Europeと共同開催であり、グローバルにPLM実践者のために必見のイベントであり、PLM業界にとって重要なアイデア、トレンド、エクスペリエンス、および関係を育み、根付かせる独立した教育とコラボレーティブなネットワーキング環境を提供します。今年のカンファレンスのテーマは、The Next Step in PLM’s Evolution (デジタリゼーション:PLMの進化における次のステップ) です。

Eurostep's PDT Europe (PDT Europe Site)

PDT Europe 2017は、有望なテクノロジーすべてと従来のマネージメントを含め、PLMの未来を取り上げます。私どもは、PLMに関わるユーザー、ソリューションプロバイダ、サービス企業の役割について論じます。2017のテーマは、”Continuous Transformation of PLM to support the Lifecycle Model-Based Enterprise (ライフサイクルモデルベースのエンタープライズをサポートするためのPLMの継続的な変革) “です。

PLM Road Map 2017について
(CIMdata Site - About PLM Road Map 2017)

 ここ数年、ソーシャル、モバイル、ビッグデータ/アナリティクス、クラウド (SMAC) などの様に、IT (情報技術) の世界は、様々な強力な影響によりIT (情報技術) の世界は劇的に変化しました。次の大きなコト (Thing) になりそうなのがデジタリゼーションであり、企業のビジネスを根本的に変革させるために役立つSMACとIoTのトレンドに対処する戦略とソリューションを活用することです。最近の調査によると、トップクラスの業績を誇る企業は、社のIT予算の34%をデジタリゼーションに費やしており、2018年には44%が計画されています。

 デジタリゼーションは、”次の大きなコト” と同様に、誇大宣伝と混乱の重い荷を背負っています。うやむやの一部をクリアするには、Gartner社は言っている定義から始めましょう:”デジタリゼーション (Digitalization ) とは、ビジネスモデルを変え、新たな収益と価値創造の機会を提供するデジタルテクノロジーの利用です。それはデジタルビジネスに移行するプロセスです”。

 70年代と80年代のデジタイゼーション (digitization - すなわち、アナログからデジタル形式に変更するプロセス) から現代のデジタルスレッド(すなわち、デジタル製品定義に続いて、製造そしてサービスへの製品デザイン・設計)から、PLM コミュニティの中のわたしたちは、デジタリゼーション (digitalization) の波の高まりのためのプラットフォームを構築しました。

 デジタリゼーションがPLMの進化の次のステップであることは正しく論じられているかもしれません。しかし、デジタリゼーションはPLMを超えて、企業のPLMリソースをより広いビジネスコンテキストで有効に活用しています。この新しいコンテキストでは、PLMが中心ですが、これらの新しい可能性を実現するために、PLMリソースは、より幅広いビジネスの用途に対応するために、よりアクセスしやすく、理解しやすく柔軟に進化しなければなりません。

 CIMdataのPLM Road Map™2017は、新たなビジネスチャンスと価値提案をサポートするために、PLM情報リポジトリに多面的なビューを簡素化、標準化、そして提供することにより、自社のPLMソリューションを進化させている自動車、航空宇宙および防衛業界およびその他企業ののソートリーダー (thought leaders) の視点をまとめたものです。

PLM Road Map™ 2017 アジェンダ
(CIMdata Site - PLM Road Map™ 2017 Agenda)

07:30 – 08:30

  • Registration & Welcome Coffee in the PLM Collaboration Café
    PLM Collaboration Caféに於いて、登録&ウエルカムコーヒー

08:30 – 08:45

08:45 – 09:20

  • KEYNOTE: PLM: A Key Enabler for Digitalization 
    基調講演:PLM:デジタリゼーションのための主要なイネーブラー
  • Peter Bilello, President, CIMdata
    Bio ->
    http://www.cimdata.com/en/speaker-bios/bilello
  • デジタリゼーションは、製品ライフサイクルと通してイノベーションを促進・加速する新しい情報のソースとして、不明瞭なコンセプトから現状の最新もデータ機動型の路線に急速に移行しています。今日のほぼ全面的な情報のデジタリゼーションの世界では、製品、サービスが、要件、デザイン、製品データシート、広告などの名目上の恩恵・効果について、それらが生成または収集する情報と同じくらいに購入されたりインストールされます。ある意味では、PLMプロフェッショナルを意味する私たちが最初にここにいました。デジタルツールはこのデジタリゼーションの波の始めの部分であり、今日ではPLMが果たす役割と可能なことについて、これらの広範なデジタリゼーションの目標を達成するためには不可欠です。CIMdataの見解では、製品イノベーションプラットフォームを実現するPLMの台頭は、機能的な能力、データ、プロセス、つまりユーザーが必要とするすべてのものを一箇所にまとめることを可能・有効にする基盤となっています。今日のデジタリゼーションの要件は、競争の激しい今日の環境で成功するだけでなく、繁栄することも必要なエンドツーエンドのデジタリゼーションを可能にするPLM戦略を追求するために、製品やサービスをデザイン設計し、あるいは提供しているすべての企業も必要としています。このプレゼンテーションでは、この重要で急速に進化する企業戦略とテクノロジーの波と、それがどのように影響を及ぼし、将来の産業界の組織にどのような影響を与えるかについて明らかにします。

09:20 – 09:50

  • Digitalization with a Greenfield for PLM
    PLMへのグリーンフィールドであるデジタリゼーション
  • Erik Gräns, Director of PLM Development at China-Euro Vehicle Technology AB (CEVT) & PLM Solutions Development Lead, GEELY [Bio]
    Bio -> http://www.cimdata.com/en/speaker-bios/grans
  • Presentation description to come.

09:50 – 10:30

  • PLM Roundtable Discussion
    PLMラウンドテーブルディスカッション
  • CIMdataの進行役で、PLMソリューションプロバイダの小規模グループと重要な関心事に関するラウンドテーブルディスカッションを進めます。

10:30 – 11:00

  • Networking Break & PLM Collaboration Café ​
    ネットワーキングブレイク&PLMコラボレーションカフェ

11:00 – 11:30

  • Meeting the Demands of Social and Analytics on PLM to Deliver New Business Value
    新たなビジネス価値を提供するためのPLMに関するソーシャルおよびアナリティクスの要望を満たす
  • ここ数年、化粧品から自動車まで製品を扱う企業は、社の市場の嗜好や機会をよりよく理解するためにソーシャルエンゲージメントとアナリティクスを応用しています。しかし、代替のデザインについてビジネス上の可能性を探るために、これらの洞察を社の内部の製品情報ベースにどのように結びつけているでしょうか?このプレゼンテーションでは、成功するために必要なインテグレーションされたソリューションとプロセスおよび技術的な考慮事項について熟慮するものです。市場と製品の特性にまたがる包括的なアナリティクスなモデル (analytical model ) の基本要素を提示し、社会的およびアナリティクスな拡張を伴うPLMを含むブレンドされたソリューションの実際の例について説明します。

11:30 – 12:00

  • Multi-view Bill of Material – A Collaboration Between Business OEMs to Harmonize the Process and PLM Solution for Multi-view BOM Management
    マルチビューBOM - マルチビューBOM管理のためのプロセスとPLMソリューションを調和させるビジネスをしているOEM間のコラボレーション
  • Javier Reines, Configuration Management Program Integrator & A400M Retrofit CM, Airbus
    Kenny Swope, Business Capabilities Architecture Leader, Boeing Commercial Airplanes [Bio]
    Bio -> http://www.cimdata.com/en/speaker-bios/swope
  • 航空宇宙&防衛PLMアクショングループ (Aerospace & Defense PLM Action Group) のマルチビューBOMプロジェクトチームは、今年の初め以来、PLMソリューションのマルチビューBOMを管理するための無理のない一連の共通なハイレベルな要件の作成に取り組んでいます。グループのOEMメンバー企業のうち7社からの領域専門家 (SME) のスマートなコラボレーションアプローチでは、情報やアイデアを交換するためのに定期的に電話会議を開催し、意見の一致を確認し、各参加者の作業成果物を統合整理するために年に2回集まって会合をしています。チームは、コンフィグレーションマネージメンット、エンジニアリング、製造エンジニアリング、ビジネスPLMアクティビティなど、さまざまな分野のSMEで構成されています。このプレゼンテーションでは、マルチビューBOMプロジェクトチームのために導入された運用モデルと、チームによって特定された6つのトピックについて説明します。各トピックの簡単な説明に続いて、様々な成熟度にある3つのトピックの現在の開発・進展状況について説明します。

12:00 – 12:40

  • PLM Roundtable Discussion
    PLMラウンドテーブルディスカッション
  • CIMdataの進行役で、PLMソリューションプロバイダの小規模グループと重要な関心事に関するラウンドテーブルディスカッションを進めます。

12:40 – 13:45

  • Networking Lunch & PLM Collaboration Café
    ネットワークランチ&PLMコラボレーションカフェ

13:45 – 14:20

  • KEYNOTE: From Strategy to Execution: Implementation of Model-Based PLM to Support Digital Product Processes for Mass-Customized Products
    基調講演:戦略から実行まで:マスカスタマイズ製品のデジタル製品プロセスをサポートするモデルベースのPLMの実装
  • Petri Hassinen, on Post-Graduate leave from KONE Corporation [Bio]
    Bio -> http://www.cimdata.com/en/speaker-bios/hassinen
  • このプレゼンテーションでは、グローバルな需要とサプライチェーンを持つ業界をリードするメーカーのPLMの道程 (PLM journey) を通して私たちを導きます。この道程は、適切な戦略から始まり、高度にカスタマイズされた製品の市場投入時間の短縮と効率的な受注・デリバリープロセスをもたらしました。PLMの中核となるのは、R&Dからマーケティングまで、そしてオーダからサービスまで、エンドツーエンドのデジタル製品プロセスをサポートし、可能にするモデルベースの構成可能な製品 (configurable product ) 管理プロセスと、エンタープライズアーキテクチャ (EA) です。PLMを正しく取得するためには、CRM、ERP、MES、FSM、およびPLM / PDMに関係するEAが必要です。モデルベースのPLMと実用的なEAは、接続された製品をモデルから現実につなぎ、さらなるデジタリゼーションを可能にするための基盤を創ります。学んだ教訓 (Lessons learned) と次のステップを共有します。

14:20 – 14:50

  • The Digital Thread for Aerospace and Defense: What are We Certifying with Regulators Using Model Based Definition?
    航空宇宙および防衛のためのデジタルスレッド:モデルベース定義を使用して規制当局と何を認証していますか?
  • Kenny Swope, Business Capabilities Architecture Leader, Boeing Commercial Airplanes  [Bio]
    Bio -> http://www.cimdata.com/en/speaker-bios/swope
  • 商業航空業界向けの製品を製造する航空宇宙・防衛企業は、モデルベース定義の最新テクノロジーを使用している規制当局と少なくとも1つの航空機のコングレーションですべて認定しています。興味深いことに、規制当局は紙ベースのエンジニアリングデザインのパラダイムに固執し続けており、デジタルエンタープライズにおけるモデルベースの定義に進展させる必要性を認識しています。航空宇宙&防衛PLMアクショングループ (Aerospace & Defense PLM Action Group) は、デジタルスレッドを調査し、商業用航空機デザインを業界で一貫した方法での認証に向けて可能性のあるテクノロジー (the art of the possible ) を探索するために積極的な取り組みを行っています。デジタルスレッドの要素と認証関連データに対する一貫したアプローチに関する私たちの考えを吟味・検討ください。
  • 14:50 – 15:30 | PLM Roundtable Discussion

14:50 – 15:30

  • PLM Roundtable Discussion
    PLMラウンドテーブルディスカッション
  • CIMdata will moderate a roundtable discussion with a small group of PLM solution providers on a topic of critical interest.
    CIMdataの進行役で、PLMソリューションプロバイダの小規模グループと重要な関心事に関するラウンドテーブルディスカッションを進めます。

15:30 – 15:50

  • Networking Break & PLM Collaboration Café
    ネットワーキングブレイク&PLMコラボレーションカフェ

15:50 – 16:20

  • High Volume Global Collaboration with Fully Automated ITAR Compliance on a Strategic Weapon System
    戦略的武器システムでの完全自動化ITAR (International Traffic in Arms Regulations - 武器国際取引に関する規則) コンプライアンスでの大容量のグローバルコラボレーション
  • Description to come.

16:20 – 16:55

  • KEYNOTE: Industry 4.0 and Digitalization
    基調講演:Industry 4.0とデジタリゼーション
  • Wikipediaで定義されているように、「Industry 4.0は製造技術における自動化とデータ交換の最新動向です。それにはサイバーフィジカルシステム、モノのインターネット、クラウドコンピューティングなどがあります。Industry 4.0は、「スマートファクトリー」と呼ばれるものを創り出しています。このプレゼンテーションでは、PLM情報ベースの新しいビジネスモデルからの新しいビジネス価値に重点を置いて、Industry 4.0ビジョンのイネーブラとしてのPLMの基本的な役割に焦点をおきます。最近のケーススタディの例と今後の動向について説明します。

16:55 – 17:00

  • Conference Close
    カンファレンス閉会

参加する理由? (CIMdata Site - Why Should I Attend?)
What are the Benefits of Attending PLM Road Map in collaboration with PDT Europe?
PDT Europeと共催するPLM Road Map™ 2014に出席する利益・効果 (Benefits) は何か?

重要な意味を持つ変化・変革を知る (It‘s about MEANINGFUL TRANSFORMATION)
皆さんは貴社のために重要なグローバルなトランスフォーメーション (変革) と実装フレームワークをどのように策定・展開しますか? PLM Road Mapでは、皆さんの企業の重要な意味を持つトランスフォーメーション (変革) を可能にする実行可能なロードマップのアイデアを持ち帰ることができます。

同じ課題をもった人たちのネットワーク (It's about NETWORKING)
皆さんは、大規模な志を同じくする仲間のグループとネットワークする機会を持ちながら日々の仕事の苦悩から離れて有意義な時間をどのくらい費やせるでしょうか? PLM Road Mapは、会議後も、長期に渡って同じ志しのネットワークのために貴重なコネクションと展開を続けると共に、皆さんは困難な課題に集中する十分な時間を持つことができます。

継続的な教育 (It's about CONTINUING YOUR EDUCATION)
製品開発は急速なペースで進化しますが、あらゆるトレンドや変化についてどのように遅れずについてゆきますか?PDT Europeと併せたPLM Road Mapでは、皆さんは、我々のトップクラスの講演者とワールドクラスのCIMdataの専門家の成功と技術的な仕事を進めている経験を共有して彼らに耳を傾ける機会を持つことになります。

コミュニティ (It's about COMMUNITY) 
皆さんが参加しているPLMのイベントは、終わった後、空虚さを感じてないでしょうか? PLM Road Mapでは、参加者は、CIMdataの幅広いPLMコミュニティの仲間となり、そのようなことはありません。PLMは、CIMdataのビジネスであり、その日だけのものではありません。

イノベーション (It's about INNOVATION) 
皆さんは、競合相手のイノベーションの挑戦にさられていると感じたり、今すぐ、あるいは近々利用可能な情報を望んではないでしょうか? 皆さんは、競争優位を得るための革新的な選択を出来るようにし、現在、何が利用可能であるか、また将来何を予想したらよいかを見つけるためにPLM業界トップのソリューションプロバイダーに出会う機会を持つことができます。

ドライビング・チャンジ (It's about DRIVING CHANGE) 
皆さんは不確実な時代に於いてより多くのことをより少ないことでデリバリーすることを確実に行う効果的な意思決定をどうしていますか? 皆さんは今日の変化に対応できることで将来に待ち受けていることを明確に理解できるようになります。

関連性 (It's about RELEVANCE) 
皆さんは、特定の課題を経験する唯一の人であると感じていませんか? 目下、皆さんに関連している多くを共有出来るアイデアや経験を探し出すことができます。

PLM Road Mapにどのような方が参加すべきか?
(CIMdata Site - Who Should Attend?)

PLM Road Mapにどのような方が参加すべきか?

  • システムズエンジニア (Systems Engineers)
  • Certification Engineers
  • PLMプログラム管理者 (PLM Program Managers)
  • PLMソリューションアーキテクチャ (PLM Solution Architects)
  • PLMソリューションプランナ (PLM Solution Planners)
  • サプライチェーン管理者 (Supply Chain Managers)
  • チーフアーキテクト (Chief Architects)
  • チーフエンジニア&エンジニアリング管理者 (Chief Engineers and Engineering Managers)
  • チーフイノベーションオフィサー (Chief Innovation Officers)
  • チーフテクノロジーオフィサー (Chief Technology Officers)
  • デザイン/設計エンジニア (Design Engineers)
  • エンジニアリングITエグゼクテブ (Engineering IT Executives)
  • インフォメーションストラテジー管理者’ (Information Strategy Managers)
  • ITオウrオフェショナル (IT Professionals)
  • メカトロスペシャリスト (Mechatronics Experts)
  • 新製品開発・展開リーダー (NPD Leaders)
  • PLMチャンピオン、リーダー、導入・実装のプロフェショナル (PLM Champions, Leaders, and Implementation Professionals)
  • プロセスデザイナー&改善エキスパート (Process Designers and Improvement Experts)
  • 調達・購買管理者 (Procurement Managers)
  • 製品開発・展開イノベーションエキスパート (Product Development Innovation Experts)
  • 製品プラットフォーム管理者 (Product Platform Managers)
  • 製品ポートフォリオ管理者 (Product Portfolio Managers)
  • ソフトウェア&サービスプロフェショナル (Software & Service Professionals)
  • ソリューション管理者&プロバイダ (Solution Managers & Providers)

開催場所&参加費用
(CIMdata Site - Location & Cost to Attend)

 スウェーデンのゴーセンバーグ (ヨーテボリ/イェーテボリGothenburgにある the Clarion Hotel Post (Drottningtorget 10, 411 03 Göteborg, Sweedenで、3日間にわたってPDT Europeと共同でPLMロードマップ™2017を開催します。

The Clarion Hotel PostDrottningtorget 10 411 03 Gothenburg, Sweden
カンファレンス開催場所 (Conference Venue):
The Clarion Hotel Post - Drottningtorget 10 411 03 Gothenburg, Sweden
ホテルルームを1名用のSEK 1650の特別料金 (限定数) で参加者に提供しています。 料金には税金と朝食が含まれています。

 予約を行うには、次の情報を使meetings.post@choice.seに予約リクエストをお送りください:

 参加費用 (Cost to Attend)

  • 産業化のエンドユーザー (Industrial End-Users)
    • PLM Road Map & PDT Europe Bundle (10月17-19日)
      • 8月31日まで:€1,295
      • 8月31日以降:€1,495
    • PLM Road Map のみ (10月17日)
      • 8月31日まで: €595
      • 8月31日以降: €595
    • PDT Europe のみ (10月18-19日)
      • 8月31日まで: €990
      • 8月31日以降: €1,110
    • CIMdata PLM Knowledge Council Members:無料のチケットの対象となるかどうかを確認してください!
  • ソリューションプロバイダー
    • PLM Road Map & PDT Europe Bundle (10月17-19日)
      • 8月31日まで: €1,595
      • 8月31日以降: €1,895
    • PLM Road Map のみ (10月17日)
      • 8月31日まで: €795
      • 8月31日以降: €995
    • PDT Europe のみ (10月18-19日)
      • 8月31日まで: €1,390
      • 8月31日以降: €1,790
  • CIMdata PLM Knowledge Council Members & CIMdata PLM Community Members:無料のチケットの対象となるかどうかを確認してください!:

PLM Road Map 2017 のご参加は、Cheryl Peck (c.peck@cimdata.com) まで。または弊社まで。


 関連・ご参考:


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。 


Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.