CIMdata システムズエンジニアリング・ナレッジカウンシル・ワークショップ (2015年6月17日) 


Systems Engineering Supporting High-Tech Product Development

ハイテック製品開発をサポートするシステムズエンジニアリング

A CIMdata Systems Engineering Knowledge Council Workshop
CIMdata
システムズエンジニアリング ナレッジカウシル ワークショップ

2015年6月17日、The Biltmore Hotel & Suites、Santa Clara、California

 CIMdataのシステムズエンジニアリングワークショップ:ハイテク製品開発をサポートするシステムズエンジニアリングは、グローバルなシステムズエンジニアリングの専門家にとって参加必須のイベントです - 業界の醸成と定着に向けて重要なアイデア、トレンド、経験、また関係・関わり合いについて業界の企業から独立して経験とネットワーキング環境を提供します。この一日のワークショップは、ハイテク企業と製品への影響・効果を鑑み、製品開発へのシステムズアプローチの重要な領域に焦点を当てます。これは製品開発プロセスのすべての段階 (コンセプトから終焉) をドライブするためのシステムレベルの要件とワークプロセスの効果的利用を探求するものです。

 システムズエンジニアリング (SE:Systems engineering) とモデルベース システムズエンジニアリング (MBSE:Model-Based Systems Engineering) は、多くの企業が目下、理解しようとしている非常に広範なトピックスです。本ワークショップでは、SEとMBSEを採用する企業が直面している課題に焦点を当てます。これは、企業がより速く獲得し、少ないリスクで如何に進めるかを理解するのに役立ちます。

皆さんが習得することになるトピックスのいくつか

  • システム、サブシステム、またコンポーネント間の関係が如何にマネージメントされ、製品のコンフィギュレーションにリンクされるのか
  • 製品要件が如何に構造化され、製品デザイン・設計にリンクされ、トラッキングされ、変更管理が成されるか
  • 実際の企業での製品設計のためのMBSEの実装
  • SEの成功を測るためのSEまたはMBSE戦略メトリクスの採用から達成した利益・効果 (Benefits)
  • 産業企業の中でのMBSEの展開の幅広さ
  • SEの観点・視点を採用するための産業界のエンドユーザーでの反応 - ツール、プロセス、および人々に伴う課題
  • MBSEは概念からリリースまで如何にして製品デザイン・設計を促進させるか
  • SE環境での設計変更プロセスをマネージメントする
  • SE環境でのコンフィギュレーションマネージメントプロセスをサポートする
  • SEとMBSE戦略をサポートするために使用されるツールの成熟度
  • SEをサポートするシミュレーションの役割

皆さま出席に際しての期待事項

 CIMdataのシステムズエンジニアリング ワークショップの参加者は、現行のシステムズエンジニアリング環境についてしっかりとした理解を身につけること、CIMdataのシステムシステムズエンジニアリング ナレッジカウンシルが行っている仕事にご期待してください。本ワークショップで、皆さんは、システムズエンジニアリング戦略の実用的な実装に関連した実際の課題・問題を討論するための活発なフォーラムであることを体験することになるでしょう。本イベントは、システムズエンジニアリング コミュニティのプロフェショナル、CIMdataのシステムズエンジニアリングの専門家、またCIMdataのシステムズエンジニアリング ナレッジカウンシルとのネットワークの機会を提供するものです。


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.