CIMdata シミュレーション&解析 ナレッジカウンシル・ワークショップ (2014年6月25日)


CIMdata シミュレーション&解析 ナレッジカウンシル・ワークショップ (2014年6月25日)
A CIMdata Simulation & Analysis Knowledge Council Workshop - June 25, 2014 

 製品開発のためのシミュレーションに関わっている業界のエンドユーザーとサービスプロバイダにとって参加必須のイベントです。シミュレーションの醸成と定着に向けて重要なアイデア、トレンド、経験、また関係・関わり合いについて独立した教育とネットワーキング環境を提供します。

CIMdata’s annual North American Simulation & Analysis Workshop is a must-attend event for industrial organizations and solution and service providers involved with simulation for product development. It provides independent education and a collaborative networking environment where ideas, trends, experiences, and relationships critical to simulation and germinate and take root.


習得事項:

  • 製品開発の意思決定をサポートするためのシミュレーションの重要な役割
  • シミュレーションは、如何にして製品の性能とシステム要件の関係 (ループなる間) をつなぐことができるか
  • 持続可能な競争優位を創生するための戦略的な能力・機能として、シミュレ_ションをマネージメントするための戦略
  • 実行の向けての文化的&組織的な障壁とそれを如何にして超えて手にするか
  • PLMに関わるシステム (PLM Ecosystem) に於ける他のエンジニアリング、ビジネス・アプリケーション、またデータとシミュレーションを統合 (Integration) するための要件
  • 皆さんが直面しているのと同様な課題・問題に対処している他の企業の経験

  Learn About:

  • The critical role of simulation to support product development decisions
  • How simulation can close the loop between product performance and system requirements
  • Strategies to manage simulation as strategic capabilities to create a sustainable competitive advantage
  • The cultural and organizational barriers to implementation and how you can get beyond them
  • Requirements to integrate simulation with other engineering, business applications, and data in the PLM ecosystem
  • The experiences of other companies dealing with similar problems to those you face

参加に際して期待すべきこと

 CIMdataのシミュレーション&解析 ナレッジカウンシルのワークショップの参加者は、現行のベストプラクティスのしっかりとした理解とCIMdataのシミュレーション&解析ナレッジカウンシルが取り組んでいる活動の内容を得ることができます。参加者は、実際の課題・問題を議論するための効果的で活気あるフォーラムを体験いただけるしょう。皆さんはまた、皆さんの意見・考えについて意見交換をする良き機会となります。本イベントはさらに、専門家、CIMdataの本領域の専門家 (subject matter experts) 、またシシミュレーション&解析 ナレッジカウンシルのメンバーとネットワークを作るチャンスを提供します。オープン (及びプライベート) の議論のための十分な時間をとります。

Participants in CIMdata’s Simulation & Analysis Knowledge Council Workshop will gain a solid understanding of current best practices and the work that CIMdata’s Simulation & Analysis Knowledge Council is undertaking. Attendees will experience a lively forum in which to discuss the real issues. You will also have the opportunity to have your voice heard and make your opinion count. This event also provides the chance to network with other professionals, CIMdata’s subject matter experts, and members of the CIMdata Simulation & Analysis Knowledge Council. There will be plenty of time for open (and private) discussions.

参加・出席すべき人?

  • CIMdataのシミュレーション&解析ナレッジカウンシルのメンバー
  • 製品計画責任者 (Program directors)
  • デザイン・設計の管理者
  • エンジニアリングの管理者
  • エンジニアリンフITの管理者
  • CAEの管理者
  • シミュレーションのソリューション&サービスプロバイダ
  • 解析の専門家
  • グローバルなシミュレーション&解析コミュニティに関与されている皆さん

  Who should attend?

  • Members of CIMdata’s Simulation & Analysis Knowledge Council
  • Program directors
  • Design managers
  • Engineering managers
  • Engineering IT managers
  • CAE Managers
  • Simulation solution and service providers
  • CAE Specialists
  • Anyone involved in the global Simulation & Analysis community

何故、参加・出席?

  • 皆さんが直面している同様の課題・問題を抱えている他の人々の経験から学ぶ機会を持つ
  • CIMdataのシミュレーション&解析 ナレッジカウンシルのメンバー、ドメイン固有のソリューションおよびサービスプロバイダ、また志を同じくする仲間のメンバーとのネットワークを創る最も重要な機会となる
  • 来る年に向けてシミュレーションと解析の業界のためのビジョンを設定するための重要な場である
  • このワークショップは、本トピックスでの皆さんの声のための根本的な場と見做されている
  • 皆さんは他の参加者とのすすめることになる刺激ある議論・討論を逃すべきではない

  Why should I attend?

  • You will have the opportunity to learn from the experiences of others dealing with a similar range of problems to those you face.
  • This is the foremost opportunity to network with members of CIMdata’s Simulation & Analysis Knowledge Council, domain-specific solution and service providers, and like-minded peers.
  • This is the leading venue for setting the vision for the and simulation and analysis industry in the coming year.
  • This workshop is regarded as the primary venue for your voice to be heard on this topic.
  • You will not want to miss out on the stimulating discussions you will have with other attendees

アジェンダ

2014年6月24日 (火)  

  • 午後5時〜7時
    ウエルカム・レセプション & ネットワーキング @ The Silver Springs Inn 
    (Welcome Reception & Networking at The Silver Springs Inn, 8322 E Kemper Rd, Cincinnati, OH 45249)
    • ワークショップの前夜、ビール、ハンバーガー、およびネットワーキングにご参加をください。
    •  (Please join us for drinks and networking the evening before the Workshop.)

2014年6月25日 (水) 

  • 午前8時30分〜8時45分 
    開会に際して
    (Welcome and Introduction)
    Dr. Keith Meintjes, Simulation & Analysis Practice Manager, CIMdata
  • 午前8時45分〜9時25分 
    シミュレーションの自動化
    (Simulation Automation)
    • Dr. Glen Steyer, Executive Director of Product Engineering, American Axle & Manufacturing
  • 午前9時25分〜10時5分 
    アディティブマニュファクチャリング (Additive Manufacturing) のためのトポロジー最適化
    (Topology Optimization for Additive Manufacturing)

    • Dan Erno, Mechanical Engineer, GE Global Research
    • アディティブマニュファクチャリング (Additive Manufacturing) は、近年のテクノロジーとして加速化しています。それは複雑な形状を制作し、コンポーネントをまとめて整理する能力を有しています。今日の製造技術とプロセスをもって可能なものでないし、費用対効果のあるものでありません。トポロジーの最適化は、非常に最適な構造を本質的に制作しますが、多くの場合、今日の製造プロセスをもって構築することは複雑で困難なものです。最適な構造は、従来の製造プロセスに対応するためにトレードオフ性能を落とすことなく本質的に複雑な構造を構築することができるテクノロジーを用いて組み上げることがでるもので、これらテクノロジー間の相乗作用が存在しています。
    • Additive Manufacturing has been accelerating as a technology in the recent years. It has the capability of creating complex geometries and consolidating components. Something that is either not possible or completely not cost effective with today’s manufacturing techniques and processes. Topology Optimization inherently creates geometries that are extremely optimum structures, but in many cases are complex and difficult to construct with today’s manufacturing processes. There exists a synergy between thesetech nologies, where the optimum structure can be built using a technology which can build inherently complex structures without having to tradeoff performance to accommodate a conventional manufacturing process.
  • 午前10時5分〜10時25分 
    ネットワーキング・ブレーク
    (Networking Break)
  • 午前10時25分〜10時45分
    シミュレーション市場のトレンドと分析

    (Simulation Market Trends and Analysis)
    • シミュレーションのソリューションプロバイダは、重要な最前線の複合領域とシステム分析のために各社の能力・機能を拡張し続けています。CIMdataのリサーチでは、シミュレーションは、2013年に成長率のダウンを示しましたが、PLMの最も急速に成長している構成要素の一つとして継続しています。効率性と持続可能性の問題は、シミュレーションのために新たな課題を提示し続けています。このプレゼンテーションでは、それらの課題のいくつかを共有し、シミュレーションが重要な役割を如何に果たすかを紹介します。
    • Simulation solution providers are continuing to expand their capabilities, particularly for up-front multidiscipline and systems analysis. Simulation continues as one of the fastest-growing components of PLM, though CIMdata’s research shows the growth rate slowed in 2013. Issues of efficiency and sustainability continue to present new challenges for simulation. This presentation will share some of those challenges and show how simulation can play a critical supporting role.
  • 午前10時45分〜11時45分
    パネルデスカッション
    :シミュレーション最前線 
    ( Panel Discussion: Simulation at the Leading Edge)
    • Moderated by Dr. Keith Meintjes, Simulation & Analysis Practice Manager, CIMdata
      Chris Wolfe, Lead Product Manager, ANSYS
      Mahesh Turaga, Technical Director for Aerospace, Dassault Systemes
      Michael Bloor, ESI Group
    • 大手ソリューションプロバイダは、シミュレーション&解析についての状況と現行の問題を議論するために集結。内容:システムズエンジニアリングを支援と実現のためにシミュレーションを活用する - 採用・適用が進捗が遅いのか、複数の学際・領域のシミュレーションの持ち上がっている、より広範な利用のためにシュミュレーションの民主化
    • Leading solution providers gather to discuss the status and current issues for simulation and analysis. These include: leveraging simulation to support and enable systems engineering; simulation data management – why the slow rate of adoption; the rise of multi-discipline simulation; and democratizing simulation for wider use.
  • 午前11時45分〜午後1時
    ネットワーキング&ランチ
     (Networking Over Lunch)
  • 午後1時〜1時40分 
    CAEの自動化とデータマネージメントの展開・実装
    (Implementing Automated CAE and Data Management)
    • Dan Turk, Principal Systems Engineer, Honda R&D Americas
    • 米国本田技術研究所は、設計エンジニアとシミュレーションの専門家のための自動化CAEツールを開発し、実施しています。ツールは、情報の流れを管理し、アプリケーションからアプリケーションへの自動化をコントロールするインテグレーションをした方法での業界最高クラスのアプリケーションを利用しています。このプレゼンテーションでは、プロジェクトの目標、要件、取組 (苦労) 、また出来成ったことやと成功したことをカバーします。 プレゼンテーションには、インテグレーションの方法と手にしているソリューションのタイプを示し、いくつかの例を含みます。
    • Honda R&D Americas has developed and implemented automated CAE tools for design engineers and simulation experts. The tools utilize best in class industry applications in an integrated manner that manages the flow of information and controls the automation from application to application.This presentation will cover the project goals, requirements, struggles, failures and successes. The presentation will include some illustrated examples that show the integration methods and the types of solutions obtained.
  • 午後1時40分〜2時20分 
    成熟度アセスメントのセオリー&実践
     (Maturity Assessments Theory & Practice)
    • John MacKrell, Vice President, Systems Engineering Knowledge Council Lead, CIMdata, Inc.
    • このセッションでの議論は、S&Aのためのベストプラクティス vs. 専門知識の3つのドメイン (技術、プロセス、および組織) 全体でのS&Aの使用について、組織の現行状況を評価するための成熟度モデルを使用を中心に開設します。アセスメントはまた、組織が望ましい状態 (to-be state) と、その状態を達成するために必要なアクションの選択に役立つものです。 そのようなモデルについて説明し、例を示します。さらに、利益・効果 (benefits) への成熟度のレベルをリンクする潜在的な可能性について説明をすすめます。
    • The discussion in this session will center on the use of a maturity model to evaluate an organization’s current state in the use of S&A across three domains of expertise (technology, process, and organization) vs. best practices for S&A. The assessment can also help organizations select a desirable to-be state and the actions required to achieve that state. Such a model will be described and an example shown. Furthermore, the potential of linking the levels of maturity to benefits will be described.
  • 午後2時20分〜2時40分
    ネットワーキング・ブレーク
     (Networking Break)
  • 午後2時40分〜4時20分
    ワーキングセッション:持続的な競争優位のための戦略的な能力としてのシミュレーションをマネージメントする
    (Working Session: Managing simulation as a strategic capability for sustained competitive advantage)
    • Facilitated by Dr. Keith Meintjes, Simulation & Analysis Practice Manager, CIMdata
    • CIMdata シミュレーション&解析 ナレッジカウンシルは、製品と製造のシステム展開・開発のためのシミュレーションの効果的使用に焦点を当てています。リサーチ・アジェンダは、メンバーによって推進され、最近、シミュレーション・ガバナンスとシミュレーションの民主化を含めました。CIMdataは、シミュレーションのための詳細なスコアカードと機能・能力アセスメントの開発も進めています。このツールは、シミュレーションの多くの側面を5点満点での機能・能力とベストプラクティクスをアセスメントするものです。そのためは、自己評価 (self-assessment) するための方法を提供し、能力改善のための計画を支援するためにギャップを明らかにするものです。このセッションの中で、スコアカートが詳細にレビューされ、コピーは、ワークショップの参加者に提供されます。今後として、CIMdataは、業界や個々の企業の能力を評価するためにスコアカードを活用します。
    • The CIMdata Simulation & Analysis Knowledge Council focuses on the effective use of simulation for product and manufacturing system development. The research agenda is driven by the members and has recently included Simulation Governance and the Democratization of Simulation. CIMdata is also developing a detailed scorecard and capability assessment for simulation. This tool assesses capability and best practices on a 5-point scale over many aspects of simulation. As such it provides a method for self-assessment and identifies gaps to aid with planning for capability improvements. During this session the scorecard will be reviewed in detail and a copy will be provided to workshop participants. In future work, CIMdata will use the scorecard to evaluate industry and individual company capabilities.
  • 午後4時20分〜4時30分
    閉会に際して (Closing Comments)
    • Dr. Keith Meintjes, Simulation & Analysis Practice Manager, CIMdata
    • ワークショップの重要事項のサマリーと今後について
    • Summary of main workshop takeaways and next steps.

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.