CIMdata システムズエンジニアリング・ナレッジカウンシル・ワークショップ (2014年6月24日)


CIMdata システムズエンジニアリング・ナレッジカウンシル・ワークショップ (2014年6月24日)
A CIMdata Systems Engineering Knowledge Council Workshop - June 24, 2014 

 CIMdataの北米システムズエンジニアリング・ワークショップは、グローバルなシステムエンジニアリングの専門家にとって参加必須のイベントです - 業界の醸成と定着に向けて重要なアイデア、トレンド、経験、また関係・関わり合いについて業界の企業から独立した経験とネットワーキング環境を提供します。この一日のワークショップは、製品デザイン・設計に重要であるモデル主導型システムズエンジニアリング (MBSE) の分野と要件のリンクについて焦点を当てています。

CIMdata’s North American Systems Engineering Workshop is the must-attend event for systems engineering practitioners globally — providing independent experiences from industrial companies and a collaborative networking environment where ideas, trends, experiences, and relationships critical to the industry germinate and take root. This one-day workshop will focus on the critical areas of Model-Based Systems Engineering (MBSE) and Linking Requirements to Product Design.


習得事項:

  • システムズエンジニアリングは、如何にして製品要件および設計アーキテクチャを明確に定義するための先行能力を劇的に向上させることができるか
  • 増大する製品の複雑さに対処するための戦略として、システムズエンジンニアリングを利用する
  • 共通モデル (Shared Models) は、如何にして分野・領域 (および学際) 横断でのコラボレーションとコンカレント・エンジニアリングを可能にするか
  • 持続可能な競争優位を創生するための戦略的な能力・機能として、システムズエンジニアリングをマネージメントするための戦略
  • MBSEのビジョンとロードマップの策定 (Creation)
  • 実行の向けての文化的&組織的な障壁とそれを如何にして超えて手にするか
  • PLMに関わるシステム (PLM Ecosystem) に於ける他のエンジニアリング、ビジネス・アプリケーション、またデータとシステムズエンジニアリングを統合 (Integration) するための要件
  • 皆さんが直面しているのと同様な課題・問題に対処している他の企業の経験

  Learn About:

  • How systems engineering can dramatically improve upfront capability to define product requirements and design architecture
  • Using systems engineering as a strategy to deal with increasing product complexity
  • How shared models enable collaboration and concurrent engineering across domains and disciplines
  • Strategies to manage systems engineering as strategic capability to create a sustainable competitive advantage
  • Creating a vision and roadmap for MBSE
  • The cultural and organizational barriers to implementation and how you can get beyond them
  • Requirements to integrate systems engineering with other engineering, business applications, and data in the PLM ecosystem
  • The experiences of other companies dealing with similar problems to those you face

参加に際して期待すべきこと

 CIMdataのシステムズエンジニアリング・ナレッジカウンシルのワークショップの参加者は、現行のベストプラクティスの中味のある理解とCIMdataのシステムズエンジニアリング・ナレッジカウンシルが取り組んでいる活動の内容を得ることができます。参加者は、実際の課題・問題を議論するための効果的で活気あるフォーラムを体験いただけるしょう。皆さんはまた、皆さんの意見・考えについて意見交換をする良き機会となります。本イベントはさらに、専門家、CIMdataのシステムズエンジニアリングの専門家、またシステムズエンジニアリング・ナレッジカウンシルのメンバーとネットワークを作るチャンスを提供します。

Participants in CIMdata’s Systems Engineering Knowledge Council Workshop will gain a solid understanding of current best practices and the work that CIMdata’s Systems Engineering Knowledge Council is undertaking. Attendees will experience a lively forum in which to discuss the real issues. You will also have the opportunity to have your voice heard and make your opinion count. This event also provides the chance to network with other professionals, CIMdata’s systems engineering experts, and members of the CIMdata Systems Engineering Knowledge Council.

参加・出席すべき人?

  • 製品計画責任者 (Program directors)
  • デザイン・設計の管理者
  • デザイン・設計のエンジニア
  • エンジニアリングの管理者
  • エンジニアリンフITの管理者
  • システムエンジニア
  • システムズエンジニアリングのソリューション&サービスプロバイダ
  • 電気系の設計エンジニア
  • 機械系の設計エンジニア
  • 製品開発の管理者
  • プロジェクト責任者
  • ソフトウェアのデザイン・設計エンジニア
  • システムデザイナー&プランナー
  • グローバルなシステムズエンジニアリング・コミュニティに関与されている皆さん

  Who should attend?

  • Members of CIMdata’s Systems Engineering Knowledge Council
  • Program directors
  • Design managers
  • Design engineers
  • Engineering managers
  • Engineering IT managers
  • Systems engineers
  • Systems engineering solution and service providers
  • Electrical design engineers
  • Mechanical design engineers
  • Product development managers
  • Project directors
  • Software design engineers
  • System designers and planners
  • Anyone involved in the global systems engineering community

何故、参加・出席?

  • 製品と製造のシステム展開・開発のためのシステムズエンジニアリングの実装・実行を成功させるための戦略について習得する
  • 皆さんが直面している同様の課題・問題を抱えている他の人々の経験から学ぶ機会を持つ
  • CIMdataのシステムズエンジニアリング・ナレッジカウンシルのメンバー、ドメイン固有のソリューションおよびサービスプロバイダ、また志を同じくする仲間のメンバーとのネットワークを創る最も重要な機会となる
  • 来る年に向けてシステムズエンジニアリング業界のためのビジョンを設定するための重要な場である
  • このワークショップは、本トピックスでの皆さんの声のための根本的な場と見做されている
  • 皆さんは他の参加者とのすすめることになる刺激ある議論・討論を逃すべきではない

  Why should I attend?

  • You will learn about the strategies for successful implementation of systems engineering for product and manufacturing systems development.
  • You will have the opportunity to learn from the experiences of others dealing with a similar range of problems to those you face.
  • This is the foremost opportunity to network with members of CIMdata’s Systems Engineering Knowledge Council, domain-specific solution and service providers, and like-minded peers.
  • This is the leading venue for setting the vision for the and systems engineering industry in the coming year.
  • This workshop is regarded as the primary venue for your voice to be heard on this topic.
  • You will not want to miss out on the stimulating discussions you will have with other attendees.

アジェンダ

2014年6月23日 (月) 

  • 午後7時30分〜9時
    ウエルカム・レセプション & ネットワーキング @ The Silver Springs Inn 
    (Welcome Reception & Networking at The Silver Springs Inn, 8322 E Kemper Rd, Cincinnati, OH 45249)
    • ワークショップの前夜、ビール、ハンバーガー、およびネットワーキングにご参加をください。
    • Please join us for drinks and networking the evening before the Workshop.

2014年6月24日 (火) 

  • 午前8時30分〜9時
    開会に際して
    (Welcome and Introduction)
    John MacKrell, Vice President, Systems Engineering Knowledge Council Lead, CIMdata
  • 午前9時〜9時45分 
    MBSEの重要なる役割 “どのように働くを見せる” - 速く! という発想から得る!
    (The Critical Role of MBSE in Getting from Idea to "Show Me it Works" - Fast!)

    • Matthew Loew, Technical Director, Maverick Innovation Lab
    • モデルベースおよびコラボレーティブなアプローチは、システムエンジニアリング開発プロジェクトの成功を実現するための鍵となりました。このプレゼンテーションでは、革新的な自動化された掘削リグ機用の油圧制御システムを開発するために採用されたアプローチの概要を説明します。従来の取組は、システムレベルのモデルが展開されないまま始めており、重要な顧客の要求を十分に捉えず、機器のパフォーマンスをシミュレーションまたは可視化することができませんでした。要件を満たせることを確実にするために、システムズエンジニアリングのアプローチが重要であることがわかっていましたが、システムズエンジニアリングへの伝統的なドキュメントベースのアプローチが役立つものでなかったり、チームが受け入れられるようにはなっていませんでした。モデルベース・システムズエンジニアリング(MBSE)アプローチを使用すること及びシステムレベルの要件に対応することにフォーカスする学際的なチーム・コラボレーションを持つことで、チームは、設計管理下のシステムの熟成に成功しました。
    • Using a Model-Based and collaborative approach was key to realizing success on an aggressive systems engineering development project. This presentation will provide an overview of the approach taken to develop the hydraulics and control systems for an innovative automated drilling rig machine. Prior efforts had started without system-level models being developed, critical customer requirements were not captured well, and machine performance could not be simulated or visualized. While it was understood that a systems engineering approach was critical to ensuring that requirements could be met, a traditional, document-based approach to systems engineering was not going to be useful or accepted by the team. By using a Model-Based Systems Engineering (MBSE) approach and having a multi-disciplinary team collaborating with a focus on addressing the system-level requirements, the team succeeded in maturing the systems under their design control.
  • 午前9時45分〜10時15分 
    ネットワーキング・ブレーク
    (Networking Break)
  • 午前10時15分〜11時45分
    パネルデスカッションシステムズエンジニアリンでの要件管理の役割
    (Panel Discussion: The Roll of Requirements Management in Systems Engineering)
    • Moderated by John MacKrell, Vice President, Systems Engineering Knowledge Council Lead, CIMdataDr. Todd McDevitt, ANSYS
      Diego Tamburini, Autodesk
      Fadi Ben Achour, ESI
      David Vrendenburgh
    • パネルディスカッションでは、今日のシステムズエンジニアリングをサポートするために、要件管理に対処するためのベストプラクティス、戦略、テクノロジーについて議論します。時間が許す限り、参加者からの参加者を受け付けます。
    • The panel will discuss best practices, strategies, and technologies for dealing with requirements management to support systems engineering today. Questions will be taken from the attendees as time allows.
  • 午前11時45分〜午後1時15分 
    ネットワーキング&ランチ
     (Networking Over Lunch)
  • 午後1時15分〜1時45分 
    システムエンジニアリングを支援するMBSEの役割
    (MBSE’s Roll in Supporting Systems Engineering)
    • 製造会社に於けるシステムを明確に定義し、実現をし、そして検証をするためのフィジックスベースモデリングを介してのMBSEの現実世界のアプリケーションについてのプレゼンテーション。プレゼンテーションは、このアプローチで発生する問題、またシステムオブシステム視点においてMBSテクノロジーを適用している最先端について述べます。 MBSE結果は、如何に高レベルのシステム要件と調和させるか、落とし穴や教訓として提示します。
    • A presentation on the real-world application of MBSE through physics-based modeling to define, realize, and validate systems in a manufacturing company. The presentation will offer a description of the issues that arise in this approach and the state-of-the-art in applying MBSE techniques in a systems of systems perspective. How MBSE results are reconciled with higher-level systems requirements will also be presented, as will pitfalls and lessons learned.
  • 午後1時45分〜2時30分 
    要件の定義
    (Requirements Definition)
    • デザイン・設計の性能と完全性について要件と比較し、トラッキングをして検証を行うために使われるツールとプロセスを含み、必要条件への要件や変更について企業は如何に明確して定義をし、捕捉をして、マネージメントするかについての議論。
    • A discussion of how a company defines, captures and manages requirements and changes to requirements, including tools and processes that are used to track and validate design performance and completeness compared to those requirements.
  • 午後2時30分〜3時
    ネットワーキング・ブレーク
     (Networking Break)
  • 午後3時〜4時15分
    ワーキングセッション:今後のシステムズエンジニアリングをドライブするためのリサーチサーベイ
    (Working Session: Driving Future Systems Engineering Research Surveys)
    • CIMdataは、産業企業に於けるシステムズエンジニアリングの利用について調査致しました。このインタラクティブ・セッションでは、サーベイの結果をレビューし、出席者が今後のサーベイで取り上げてもらいたい領域について意見をいただくための討論を進めます。
    • CIMdata has conducted an initial survey on systems engineering use at industrial companies. In this interactive working session we will review the survey results and then work together to generate questions that will represent the areas attendees would like to have covered in future surveys.
  • 午後4時15分〜4時30分
    閉会に際して (Closing Comments)
    • ワークショップの重要事項のサマリーと今後について
    • Summary of main workshop takeaways and next steps.
  • 午後5時〜7時
    議論の継続とシミュレーション&解析ナレッジカウンシルワークショップのウエルカム
    (Please join us for beers, burgers, and networking at The Silver Springs Inn, 8322 E Kemper Rd, Cincinnati, OH 45249)
    • ビール、ハンバーガー、およびネットワーキングにご参加ください。
    • Please join us for beers, burgers, and networking.

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.