PLM 特別ワークショップ(第2回)


Need to Refresh Root

"BOMは企業のビジネス・ビジョンを転写・反映したもの"
PLM効果をより得るために現状打破する次世代の成功ある現実的な製品情報のマネージメント
CM (コンフィグレーションマネージメント)&BOM課題 (日本企業) を中心に

"BOM is the transformation of business vision about the company"
Workshop: Getting to start successful next genration of realistic product information management for realizing breakthrough with acquiring PLM benefits
Focused on CM & BOM issues in Japanese organizatio

CIMdata PLM Workshop (Series - 2)


日時:2012年4月27日(金)午後1~5時(本セッション)
(When: April 27, 2012, 1:00pm - 5:00pm - Main Session)

場所:お茶の水 ホテル ジュラク コンベンションホール 白鳥 C
(Where: Ochanomizu Hotel Jyuraku, Convention Hall, Hacho C)


目的

 3次元CADの実装・展開、PDMの適用、またPLM、これらは90年代半ばから大手企業を中心に推進され、今やデザイン&サプライチェーン含む全体での正常進化の段階に入っています。日本の製造業は、戦後の外資を中心とした技術導入とその発展を進め、世界の中の製造業の中心国へと発展しました。しかし、2000年以降、日本は、グローバル経済の波な中で過去培われて来た仕組みの革新の必要性に直面しています。製品情報をマネージメントする仕組み&支援並びにITシステムも例外ではありません。

Purpose: Deployment and implementation about 3D CAD, PDM, and PLM, have been promoted mainly in large enterprises, end now expanding it into anywhere including design & supply chain. In post WWII, manufacturer industry and company in Japan promoted to implement the technology from western country as technological transfer program and developed and extended it, then Japan has enabled and achieved the position as the center of product production. However, since around 2000, with the wave of global economy, Japan is facing the issue and needs to renovate the system that was established through the past time. The system including supporting IT systems to manage Product Information is not exception. 

背景

 下記に示すキーワード(*1) などは、その背景の課題のほんの一面です。課題解決のために、様々と組織の中で議論し、すでに取り組みを進めております。しかし、部分最適を含む小手先のステップアップではベストなものはなく、根本的な面に目をやる必要があります。

 本ワークショップでは、日本の製造業の未来のために、グローバルに製品展開(*2) の製品情報のマネージメントに必須であるCM:コンフィグレーションマネージメントとは何か、一般に言われるBOMとの関係、何故、今、その議論&理解が必要なのか、そして現実的に利用可能なソリューションとの関係について議論を行い、今、並びに今後の日本のPLM適用から競争力を得るための見識を高め、方策を得ることを目的とします。

Bachground: 

Key words described in the below (*1) is an aspect of part of its situation as the background. In order to overcome the issues, the organization is discussing it in several ways, and already working on remolding the systems. However, incremental step including sub-optimization is not enough, and it is desired to view fundamental issues. In this workshop, for the future of manufacturer in Japan, we would discuss the matter about what is configuration management that is needed for managing product information in deploying the product globally, what is relationship with BOM generally used, why those discussion and understanding is now needed, then then relation with enabled and realistic available solutions, finally to increase the insight and obtain the idea that take the competitive capability with PLM deployment in current and future Japan is the purpose.

内容

 プログラム概要予定:以下の5つのセッションで構成します。

  • 現行ビジネス状況と支援システムと手法の理解、日本企業の歴史&ルーツ含む
    • ルーツとその展開、
    • その背景と現実、
    • 長所/短所及び現時点での課題
  • CMとは、また本目的 (現在&将来) に対する手法としてのCMの明確化 (redefine)
    • 背景と現実的な進展、
    • CMのコア?、ベストプラクティス ?
    • 具体的には品質課題/コスト課題/デリバリー課題にどう利益があるのか、
    • 品番課題、ライフサイクル課題
  • BOM課題CMとの関係
    • 最初にBOM、あるいはCMの展開のエクサイズをするか?ポイント
    • 今、何故?、
    • 背景、利益、BOMに置き換えるものか?
    • ベストプラクティス?
  • PLMへのアプローチと現行・既存ソリューション
    • ソリューションのアプローチと背景、
    • ベストプラクティス?
    • PLM Today and Future
  • オープンディスカッション、
    • 特に既存レガシーからの脱却、
    • また将来の価値ある効果を得るために、
    • またアプローチは?また組織?そして実装論へと。

 それぞれのセッションはおよそ50分、オープンディスカッションは40分程度(若干、変動あり)

(註)セッションの中に、固有な組織、あるいはソリューションを引用するものの、それを宣伝するものではありません。

Content:

AttendeesOutline as planned: It is composed of following 5 sessions.

  • Understanding the situation business world and supporting system and methodology including history or roots of JP company
    • Roots and its deployment
    • Its background and reality
    • Pros and Cons,...then the issues at this moment
  • What is CM and CM redefined for this purpose (current and future) as methodology
    • Background and realistic evolution
    • Core on CM? Best Practices?
    • Concretely, Quality issues/ Cost Issues/ Delivery Issues, how get benefits
    • Quality issues and relation with CM
  • BOM issues and relation with CM
    • Why now?
    • Background, Benefits, Should replace with BOM?
  • Approach it to PLM and its existing solution
    • Solution and its background
    • Best Practices?
    • PLM Today and Future
  • Open discussion
    • Changing / tranforming existing legacy situation or
    • Situation to future effective approach, organization, and so on.
    • Each may be approximately 50 minutes except 5.

Through the session, the name well known in the commercial filed as the solution will be appear, but it does not mean we either sell or advertise.

対象

  • エンドユーザー、特にグローバルなビジネスを行っている企業で製品情報の生成&利用またマネージメントを携わっている現場の担当者&管理者(企画、設計、製造、保守、並びにIT関係者)。
  • その実装のためにエンドユーザーの現場でソリューションを提供をしている技術担当者 (テクニカル・サポート) 。
  • 業種は特に問いません。航空&宇宙、自動車OEM&サプライヤー、運輸、電気&電子、通信、精密機械、機械装置、産業機械、医療器機、医薬、CPG、食品&飲料、造船、設備/インフラ、建設/土木/EPC、他

 以下のような課題を持っておられる方、また悩まれておられる方にこれ以上の場はありません!

  • デザイン&サプライチェーンのグローバル化に伴い、製品情報の効果的な共有課題
  • 製品の複雑さの増加により製品の展開 (機能ばらしなど) の効果的な方法&手法
  • 製品のライフサイクルに関連する製品情報&BOMの展開、構想?サービスなど
  • グローバルな社内で共通語が必要、また従来のPS/PNから脱却し、上流から製品情報を見たい
  • 製品情報 (あるいはBOM) のPDM/PLM適用に過去のしがらみ (例えば、品番/図番/図面ベース) から脱却したい、あるいは将来に向けてより現実的なマネージメント手法を模索している
  • PDM/PLMを利用しているがその効果が十分に得てないと感じている、利用に不安を持っている
  • 教育目的:製品設計現場や製品情報の管理関連の担当業務やマネージメントの底上げあるいは組織替え/移動/配属で基本的なお作法を習得する必要あり

 (註)上記はシリーズとして、前回と同様な記述をしています。

Attendees expected:

  • End User, engineers and managers who are working for creating and using, and its management about product information in the company that are doing the business globally (Product Planning, design, production & manufacturing, and maintenance, including IT people).
  • And, technical support engineer who are providing the solution at the end user field for user’s deployment.
  • Any type of industry. A&D, Automotive OWM & Supplier, Transportation, Electric & Electronics, Telecommunication, Precision Machinery, Mechanical Machinery, hIndustrial Machinery, Medical Machine, Pharmaceutical, CPG, Food & Beverage, Shipbuilding, Utilities/Infrastructure,Construction /Civil/EPC. and so

   The above is same description with previous WS as a series.

This workshop is best place who has folioing issues or problems

  • Effective way or methodology on product information with globalization of design & supple chain
  • Effective way or methodology on functional expansion of product with increasing product complexity
  • Development of product information & BOM across product lifecycle, i.e., concept through services
  • A necessity of common teminology in global organization, work wth ptoduct information from up-stream rather than regacy PS/PN
  • Expecting to improve past bondage (i.e., drawing number / parts number / drawing basis) on deployment of PDM/PLM about product information (or, BOM)
  • Apprehensions that is betting enough benefits on use of PDM/PLM
  • Educational Purpose about the basis of Product Information in Design/Engineering and/or IT organization

担当

  • CIMdata社、社長のピーター・ビレロ(Peter Bilello)
  • 江澤 (CIMdata日本代表、メタリンク)
  • 半日ではありますが、ご参加の皆さまとぜひこの機会に活発且つ忌憚のない意見を交わせていただけると期待します。
  • 進行形式:会議形式 (テーブル) &インタラクティブ
  • 募集人数: 10人程度

For this workshop, Peter Bilello, President of CIMdata and Satoshi Ezawa (A representative of CIMdata in Japan) will lead. We would expect to have open and lively discussion through this event.

参加費

  • 参加費は本体価格34,800円(36,540円:消費税込み)
  • 早期登録割引(“Early Bird Discount”)は、29,800円(31,290円:消費税込み)
  • 2013年4月19日(木)までのご登録となります。
  • プレゼン資料 (CD-ROMにて配布) 、英語文/日本語文での製作を進めるべく準備をしております。(一部、後日になる場合があります)
  • 参加費のお支払いはフォーラム前日までにお願いいたします。当日、申込者がご出席出来ない場合は必ず代理の方をお願いいたします。万が一、ご出席されない場合は、資料のお送りをもって対応させていただきます。
  • 上記の各セッションは、英語部分のワンツーワンの日本語への逐次通訳は行いません。それにより得られる時間をより充実したコンテンツに振り向けると共に出席者皆さまのご理解を深めるために重要ポイントの解説(日本語)をインタラクティブに行います。

留意事項

  • ワークショップのセッションをスムーズ且つ参加者同士の関係を深めるために、正午から午後1時はNetworking Hourを設け、会場をオープンします。簡単でありますが軽食を準備します。この時間にオープンに会話、紹介など含め、私ども含めて、参加者同士の親交を含めてください。
  • 事前問診票 (貴社の製品や現状や課題について、簡潔に)
  • 上記の各セッションは、英語部分のワンツーワンの日本語への逐次通訳は行いません。それにより得られる時間をより充実したコンテンツに振り向けると共に出席者皆さまのご理解を深めるために重要ポイントの解説(日本語)をインタラクティブに行います。

Other :

  • In order to pursue the session and to communicate deeply between attendees, the room will be open at a noon. A light meal will be served. Please make open talk, introduce, and discuss freely between the attendees including us.
  • Pre-Asking for understing the business and situation around PLM

*1) キーワード:

  • グローバル化、顧客対応、エレメカ&ソフト:メカトロニクス、環境対応、
  • 製品ライフサイクル、統合BOM、構想/サービスBOM、グローバル品番
  • ソーシアルネット、コラボレーション、モジュール設計、IPマネージメント
  • コンフグレーションマネージメント、プロダククト&プロセスイノベーション
  • グローバルブランド&ローカル製品

*2) グローバルな製品展開、その状況:
  製品そのものは、グローバルな製品・ブランドであり、それを利用する顧客はローカルである。

*3) BYOD:Bring Your Own Device

(*.1) Keywords,

  • Globalization, Customer Facing, Electr. & SW / Mechatronics, Environment,
  • Product Lifecycle, Unified/Integrated/Consolidated BOM, Concept/Services BOM, Global Parts Id.,
  • Social Network, Collaboration, Modular Design, IP Management
  • Configuration Management, Product & Process Innovation,
  • Global Brand/Product & Local Customer/Product

(*.2) The product (and business) is global, and the customer in use is local.

(*.3) BYOD:Bring Your Own Device


場所

  • お茶の水 ホテル ジュラク コンベンションホール 白鳥 C
    http://www.hotel-juraku.co.jp/ocha/
    〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-9
  • JR中央線総武線「御茶ノ水」駅「聖橋口」より徒歩2分
    東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅「B2出口」より徒歩2分
    東京メトロ丸の内線「淡路町」駅「A5出口」より徒歩4分
    都営地下鉄 新宿線「小川町」駅「A5出口」より徒歩4分
    つくばエクスプレス「秋葉原」駅「A1出口」より徒歩10分
Ochanimizu Hotel Jyuraku

本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2015 MetaLinc K.K.