CIMdata’s 2018 PLM Market & Industry Forum


2018年の本イベントの開催日&開催地

  • 4月5日 (木):北米、米国ミシガン州アンアーバー
    Sheraton Hotel, 3200 Boardwalk Drive, Ann Arbor, MI 48108, U.S.A.
  • 4月12日 (木):EMEA、ドイツ・シュトゥットガルト
    Steigenberger Airport Hotel, Unterschweinstiege 16 60549 Frankfurt/Main, GERMANY
  • 4月16日 (月):インド・バンガロール
  • 4月20日 (金):中国・上海
  • 4月25日 (水):東京・日本
    東京ガーデンパレス、東京都文京区湯島1-7-5
    (http://www.hotelgp-tokyo.com)

CIMdata 2018 PLM Market & Industry Forum
“インダストリー4.0 - そのグローバルインパクト&ステータス”
 (Industry 4.0 – Its Global Impact & Status)

 CIMdataのルーツは、製造プロセス全体をコンピュータが制御する1970年代のコンセプトであるコンピュータ統合製造 (CIMComputer-integrated manufacturing) に遡ります。一部の大企業は多額の投資をしていましたが、CIMビジョンの多くは実現に至りませんでした。今日では、センサー、コンピューティング、通信デバイスが実に豊富で安価になり、新たなビジョンが2011年にドイツで始まったコンセプトであるインダストリー4.0 (Industry 4.0GTAI - INDUSTRIE 4.0) であり、現在世界中に受け入れられています。産業界を超えた採用は、中国 (Made in China 2025) 、インド (Make in India) 、その他の多くの国での国をあげてのイニシアチブに組み込まれています。

 インダストリー4.0の中核となるその意図・構想の原則は、相互運用性、情報の透明性 (デジタルツイン (Digital Twin) の概念・考え方を含む) 、技術援助 (分析と物理的な働きにおける人間の増強) 、および分散化した中での意思決定です。ある種の人々はインダストリー4.0は情報技術 (IT) と運用技術 (OT) の融合・収束として話しています;つまり、デジタルとフィジカルの架け橋であるインダストリアル IoT (IIoT) によって可能になったサイバーフィジカル生産システムです。 しかし、実用レベルでは、企業は大量のカスタマイズを容易にするためにこれらのプロセスと実現する技術を採用し、ある市場に提供しながら収益を上げようとしています。

 モノのインターネット (IoT) は、製品が現実の世界でどのように製造されて使用されているかを理解する新しい機会を提供します。膨大な量のデータを収集して分析し、社会的およびその他の現実世界のデータ (例えば、時間および場所) と組み合わせて、人間がより迅速により優れた意思決定をするための助けをするために必要としています。

 予測アナリティクス (Predictive Analytics) や経験的知識に基づいたソリューションは、重要な資産を維持、オーバーホール、または交換するために必要な最善のアクション (対策・処置など) を特定することができます。多くの場合、このアクションは、特に人間系 (human-in-the-loop) では遅すぎてしまうそれらの状況では、システムがアクションを決定するようにします。セキュリティは、ネットワークへの侵入が人間の管理者にとって迅速に対応するには速すぎる可能性がある良き例です。

 デジタルツインは、企業が製品とその製造プロセスをより良くデザインするだけではなく、使用中の製品を理解し維持することへの助けとなります。デジタルツインは、製品のコンセプトへの顧客の反応をテストするために開発の早い段階で使用することができ、後にサービスをサポートするライフサイクルで使用することができます。すべてがデジタルツインを同じフレーズを使用していますが、これらツインは兄弟であることを重視することが重要です。ソリューションプロバイダは、提供製品、パートナーシップ、あるいは戦略によって牽引されており、このフレーズを使用する際に実に異なる事を意味しています。

 産業界の企業、ソフトウェアおよびサービスプロバイダ、そして政府は可能性を見出し、機会を視野に入れて投資しています。米国、ドイツ、インド、中国、日本など複数の国や地域でPLM Market & Industry Forumが開催され、全体がこのトピックにコミットしており、CIMdataは、この話題をPLMの観点から前進させるプラットフォームとして2018 PLM Market&Industry Forumで活用することを決めました。これを可能にするために、各グローバルセッションは、その国と地域におけるインダストリー4.0のプロモーションと採用の状況に関するプレゼンテーションから開始します。CIMdataは、主要なソリューションプロバイダおよび産業界の企業を調査して、早期の成功、重要な学習、および取り組まなければならない課題に焦点を当て、Industry 4.0の洞察を得ました。この情報は、参加者と共に、セッション後にさらなるの所見を集め、併せるために活用されます。

 PLMエコノミーのメンバーとして、この新しい波を皆さまの顧客とともに活用することが重要です。CIMdataは、PLMを採用する際に、より幅広い企業または業界の目標に常にPLMイニシアチブを位置づけるようクラインにアドバイスしており、インダストリー4.0とそれに関連するエンドツーエンドのデジタリゼーションのニーズは絶好の機会です。顧客のIndustry 4.0イニシアチブにIT予算の大部分を費やす予定の企業と共に、PLM業界はソリューションの一部のあるべきです。もちろん、大手企業のうちのいくつかはすでにメッセージングにこれを活用していますが、多くの企業はデジタリゼーションの波をキャッチする必要があります。

 どうぞ、弊社の2018年のフォーラムイベントのご参加を計画ください。

 PLMエコノミーのソリューションおよびサービスプロバイダー向け専門にデザインしたリーディングイベントであるCIMdataの2018 PLM Market&Industry Forumは、PLMコミュニティメンバーにとって重要な成果物となっています。

 CIMdataのPLMコミュニティのゴールドメンバーとシルバーメンバーは、このイベントへの無償参加の対象となります。 資格があるかどうかを知るにはinfo@CIMdata.comまでご連絡ください。

(註) 上記の日本文はCIMdata社にオリジナルの英文の翻訳です。用語などの参考リンクはメタリンク社独自のものです。

CIMdata’s roots go back to computer-integrated manufacturing (CIM), a concept from the 1970s where computers control the entire manufacturing process. While some large companies invested heavily, much of the CIM vision went unrealized. Fast forward to today, where sensors, computing, and communication devices are bountiful and cheap, and the new vision is Industry 4.0, a concept that started in Germany in 2011 and is now embraced around the world. Beyond adoption by industry, it is embodied in national initiatives in China (Made in China 2025), India (Make in India), and many other countries.

The core design principles of Industry 4.0 are interoperability, information transparency (including the notion of the digital twin), technical assistance (augmenting humans in analysis and physical work), and decentralized decision making. Some people talk about Industry 4.0 as the convergence of information technology (IT) and operation technology (OT); a bridging of digital and physical, cyber-physical production systems enabled by the Industrial Internet of Things (IIoT). At a practical level, however, companies are looking to employ these processes and enabling technologies to facilitate mass customization, allowing them to make money while serving markets of one.

The Internet of Things (IoT) provides new opportunities for understanding how products are manufactured and used in the real world. Vast quantities of data will need to be captured, analyzed, combined with social and other real-world data (e.g., time and location), and presented to help humans to make better decisions more quickly.

Predictive analytics and cognitive solutions can identify the best action needed to maintain, overhaul, or replace vital assets. In many cases, this action will be to allow the system to decide to act, especially in those situations where human-in-the-loop may be too slow. Security is a good example where network intrusions can happen too fast for human admins to respond quickly enough.

Digital twins will help companies better design products and their manufacturing processes, as well as helping to understand and maintain the product in use. Digital twins can be used early in development to test customer reactions to product concepts, and later in the lifecycle to support service. It is important to emphasize that while all use the same phrase, digital twin, these twins are fraternal. Solution providers, driven by their offerings, partnerships, and strategies, mean very different things when they use this phrase. Industrial firms just need to be sure that the parts of the lifecycle of most interest to them are the best supported by their chosen solution providers.

Industrial companies, software and service providers, and governments see the opportunities made possible and are investing. As the PLM Market & Industry Forum takes place in several countries and regions—the United States, Germany, India, China, and Japan—that are all committed to this topic, CIMdata has decided to use the 2018 PLM Market & Industry Forum as a platform to help move this conversation forward from a PLM perspective. To make this possible each global session will start with a presentation about the status of Industry 4.0 promotion and adoption in that country and region. CIMdata has researched the leading solution providers and industrial companies to take the pulse of Industry 4.0, focusing on early successes, key learnings, and issues that must be tackled. This information will be used to engage the audience, and to gather and report additional findings after the session.

As members of the PLM Economy, it is important that you leverage this new wave with your customers. When adopting PLM, CIMdata advises clients to always position PLM initiatives within broader corporate or industry objectives, and Industry 4.0 and its related need for end-to-end digitalization is the perfect opportunity. With companies planning to spend a significant portion of their IT budget on Industry 4.0 initiatives, the PLM industry must be part of the solution. Of course, some of the leading firms are already leveraging this in their messaging but many still need to jump in to catch the digitalization wave.

Plan to join us at one of our 2018 Forum events.

CIMdata’s 2018 PLM Market & Industry Forum, the leading event designed exclusively for solution and services providers in the PLM economy, is a key deliverable for our PLM Community members.

Gold and Silver members of CIMdata's PLM Community may qualify for a complimentary ticket to this event. To find out if you qualify please contact us at info@CIMdata.com.


どのようなトピックスが提起されるか?

  • IoT、インダストリー4.0、拡張現実や仮想現実などの新技術の採用は、製造企業に付加価値と投資収益率を提供しているか?
  • アディティブマニュファクチャリング (Additive Manufacturing - 3D printingを実装しようとする企業はどのようなことを考慮する必要があるか?
  • サービスライフサイクルマネジメントとは何か?企業はIoT / IIoTを活用して、製品やシステムの稼働中のステータスに関する情報を如何に取得し管理するか?
  • ビッグデータ (Big Data) から価値を管理し抽出する拡大しているPLMの役割とは?
  • 仮想現実と拡張現実とは何か、どこからやって来たのですか、そしてどこに行くのか

CIMdataのPLM Market & Industry Forumとは?

  • PLMエコノミーに於けるソリューション及びサービスプロバイダ向け専門にデザインされた代表的なイベントである
  • 25年を超える存在であるCIMdataのMarketing & Industry Forumイベントは、PLMの将来を形づくるための主要な場として信望・評価を得ている
  • 30年以上に渡る世界のリーディングPLMコンサルティング会社であるCIMdataによって提供される
  • CIMdataは、現行経済の情勢やトレンドへの重要なる洞察・識見を提供し、PLMエコノミーに対する影響を精査する
  • CIMdataは、PLM市場の現行状況と将来へのトレンドを共有する場を提供する
  • 待ち望まれているCIMdataの2016年のPLM市場分析の結果を最初に提供する
  • 来る年へのPLM市場の環境を如何にナビゲートするかの洞察・識見を提供する
  • PLMコミュニティの様々な専門家とのネットワークを得る機会を提供する
  • CIMdataの特定分野の専門家、プラクティス・マネージャ、またアナリストとコラボレーションするチャンスとなる
  • CIMdataのPLMコミュニティ・メンバー、皆さんの同僚、皆さんの競合相手、皆さんの協力者、また皆さんの潜在的なパートナーの皆さんとネットワークを得るための絶好の機会である
  • CIMdataのPLM Market & Industry Forumイベントは、来る年に於けるPLMへのビジョン設定するための主要な場として役に立つ

出席・参加すべき人々は?

  • PLMソフトウェアソリューションプロバイダ
  • PLM以外のエンタープライズソリューションプロバイダ
  • PLMシステムインテグレータ
  • 付加価値VAR
  • アナリストリレーションスペシャリスト
  • マーケティング&競合分析プロフェショナル
  • チャネルパートナー
  • 成功あるPLM展開をエンドユーザーに支援している皆さん

出席・参加すべき理由は?

  • CIMdataの2016年PLMエコノミーの分析について業界でいち早くも早く目にする
  • 現行PLMエコノミーの状態をより高いレベルで理解する
  • 何がPLMエコノミーを牽引しているかを明確に知る
  • PLMエコノミーについて闊達な議論をしている同志と仲間になる
  • PLMエコノミーの中で周辺・他の人々と比較して皆さんがどのように行っているかを見出す
  • PLMエコノミーに影響を与える新たなトレンドについて学び・自覚する

CIMdata’s 2018 PLM Market & Industry Forum
CIMdata’s 2018 PLM Market & Industry Forum Agenda
CIMdata's 2018 PLM Market and Industry Forum 申込要項

ご案内資料&申込書:PDFデータダウンロード

  • 全ページ (xP)
  • 申込書のみ (xP)
  • データシートのみ (xP)

参考 (英語) :CIMdata Web Site
過去のCIMdata PLM Market & Industry Forum

(お断り)本内容は随時、最新情報に更新されます。(更新:2018.1.10)



Your local time is  where you live.

© 1995-2018 MetaLinc K.K.