TIPS - 導入&実装留意事項


five step process

 弊社が一般的に奨めるものに5ステッププロセス(右図参照)がある。およそ高いレベルでの必要事項を列記している。これらは企業の大小、目指すプロジェクトの大小のいずれのも関わらず考慮しておかねばならない。大きならばそれなりに複雑なものに、また小さいならば単純になるであろう。

 目的は「企業の業績向上」が最大目標である。その課題を分解してみれば、企業により、プロジェクトの性格により、その展開は異なり、実装のソリューションのどこも同じではないことは留意していただきだい。「戦術」は他社から真似られるが、「戦略」は真似ることは出来ない。企業がビジネスを進める際に、「人」、「プロセス」、そして「テクノロジー」の三つがあることを考えてもらいたい。プロセスが確立されてなければ何も出来ない。それを実行する人の能力が重要となる。そして、ある鰍の場合、テクノロジー(PLMソリューション)が効率改善に支援する。そして更にプロセスの改善に結びつく。おそらくそのスパイラルであり、「絶え間無き改善:Continuous Improvement」である。

hito process it 250

 上記は、具体的な推進の方策(所謂、HOW)ではないことはお許し願いたい。如何に、今までの業務の中で、出た生のキーワードの一部を紹介しよう。いずれも実際はこんなことを一つづつ自社の業績改善に結びつけて「超短時間」に方向性を見いだして先に進まねばならならい。

  • ビジネスを考えよ!何で飯を喰っているのか?
  • Productとは製品か、それとも商品か?
  • BOMとは何か?それはどのように発展してきたのか?
  • PLMも単なる設備投資に過ぎない。これで利益貢献出来ると言う裏書きが必要である。
  • QCDはどこから得られるか?どのように保たれているのか?
  • 図面とは何か?図面の定義や書き方はどこからやって来たのか?
  • 品番とは何か?品番の定義やコンテキストはどこからやって来たのか?
  • 紙ベースでも効果の無いビジネスプロセスはITを使っても効果は出ない!
  • 設変とは?エンジニアリングチェンジか?実は。。。。
  • 再利用とは何か?そんなものはPDMツールをもってして実現されるのか?
  • なぜ再利用か?その本質は?なぜQCDに影響するのか?
  • 一気通貫 - それはデジタル化で本当に可能か?単純ではない。
  • 情報共有 - そこには「よかれ」はないか?
  • マネージメントボトルネック;成果の奪い合いはないか?
  • CMIIとは?多くのPDMソリューションはアプリケーションを実装している。
  • 購入出来るベストプラクティスと決して購入の出来ないベストプラクティス
  • デミングサイクルとPLM。時代は変わった!
  • 永遠のテーマ:目的と手段
  • 道具(PDMツールなど)の話は午後11時59分(最後の最後)にセットせよ。
  • 設計部門やIT部門で議論したPLM効果を有言実行でコミット出来るか?
  • 3-3コンセプト

などなど

 上記に単純に記述したが、おそらくその議論を考えると根の深い問題また歴史を背負った課題をクリアしなければならない。まずはPLM投資の正否の鍵はそこある。但し、何を議論するかは企業により異なり、上記をただ全部すればと言う話ではない。(こちらも参照

(江澤 智、2013.6.26 改)


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.