PLMのプラットフォーム化 (A CIMDATA DOSSIER: PLM PLATFORMIZATION)


 PLMは、ビジネスプラットフォームの地位へと急速に近づいており、ある種のケースは達成をしています。プラットフォームとしてのPLM (PLM-as-a-platform) 、またはPLMのプラットフォーム化 (the platformization of PLM) は、製品ライフサイクル全体でのイノベーションへのニーズから端を発し進化してきました。イノベーションに対するニーズは大きくはありませんでしたが、新しい製品を開発し、そのライフサイクルをマネージメントすることへの影響は計り知れないものがあります。稀少資源とグローバル化の組合せが、イノベーションとライフサイクルマネージメントでの大変動の牽引役となっています。イノベーションは、企業の持続可能性に対してこれまでに無い重要なものとなっています;ソリューションプロバイダは、その洞察・識見を中心に各社のPLMプラットフォームのビジネスモデルを構築しています。どの企業も、製品イノベーションプラットフォームの実装と適切な使用をして競争優位性を見逃す訳にはゆきません。

 本トピックスの詳細な情報は、CIMdataの関係書類集 (Dossier) を閲覧ください。

 A CIMDATA DOSSIER: PLM PLATFORMIZATIONのページは作業中のものであります。弊社はコラボレーティブなやりとり (collaborative conversation) をすることを望んでおります - 私たちが本ページにどのようなものを追加すべきか皆さんが考えることを弊社にお知らせください (HERE) 。

 弊社のフリー・リソースにアクセスをするために、また本トピックスのアップデートを受け取るために、サインアップ (HERE) ください。

 A CIMdata Dossier: PLM Platformization (CIMdata Resources) はこちらを参照ください (HERE)


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.