コラボレーティブ製品定義マネージメント(cPDm)について


 ビジネスの遂行のために探すことが困難な製品情報や誤った意志決定を引き起すような。例えばすでに有効期限を過ぎた製品情報では成功は得られない。そのためにコレボーティブなデータ・マネージメント機能は不可欠である。コラボレーティブ製品定義マネージメント(collaborative Product Definition management :cPDm)のコンセプトのポイントは、協業あるいはサプライチェーンの中にある企業間を横断するプロダクト定義のライフサイクルをマネージメントすることである。

Three Lifecycles 500

 cPDmのコンセプトは製品の発展過程(ライフサイクル全般)を示す三つのライフサイクルの至るところですべての製品定義情報をコラボレーティブに共有することである。

 製品定義ライフサイクル(製品の定義=知的な製品)は企業の製品定義を表現する知的財産の作成、コミュニケーション、コントールに責任をもつアクティビティにフォーカスする。このライフサイクルの中で取り扱うものはデザイン/設計、仕様書、技術計算書、解析情報、変更に関する情報、その他の製品定義データとなる。

 製造プロセス(製品の生産=物理的な製品)は、企業の生産活動の遂行に必要な資源、技術、スケジュールを中心にコントロールされる主要なデータを基に生産のライフサイクルを通してマネージされる。

 三番目のライフサイクル(運用の支援=資源)はビジネスの運用面です。要員、資産、会計、その他基本的データについての情報が運用ライフサイクルを通して取り扱われる。

 記述のように分離したライフサイクルではあるがが、実体はそれらが互いに緊密に統合されてなければならない。それらライフサイクルの間の調和、コミュニケーション、そしてコラボレーションの必要性は特に重要なものになる。

 cPDmは企業間で運用するデータとプロセスについて、マネージとコントロールを行う環境と技術を提供するものである。このフレームワークの中で、諸々の技術がビジネス環境の中に存在するプロダクトの知識(Product Knowledge)を改善する能力を提供する。ワークフローやビジネスプロセスが情報流通を行なう論理的なチャネルを提供する。

 コラボレーション・ツールは製品のドキュメンテーションをマネージしたり、ファイル・マネージメントの複雑な部分を取り扱ったり、データ・ボールトへのユーザーのアクセスをコントールするためにcPDmの機能を使用する。レビューのようなコラボレーション・タスクはcPDm環境の中のワークフローの機能を使用して計画や実行が可能である。コラボレーション・セッションの中で、様々決定を行なったことについてのポインター、コメント、注釈、変更、そしてそれら理由などは、cPDm環境により最良のマネージメントがなされる。セッションの履歴を残すためのcPDmの使用はどうだったか、どのように考えデザインを行ったか、製造をしたか、そして改善についてそれら全体の記録&履歴を可能にする。

 コラボレーション・セッションを通しての3Dモデル内のアセンブリーや部品の変更は多くのケースにおいて、製品定義の変更を指すもので、cPDm環境のコンフィグレーション・マネージメント機能との強固な組合せを必要とする。cPDmでマネージしている製品構成とコラボレーティブなレビューによるCADデータへの変更プロセスを統合することで、製品の品質の改善や開発期間の短縮が得られる。cPDmによりマネージメントされるリンクや紐付けは、製品の構成、変更通知、設計仕様書、その他サポート・ドキュメンテーションの間のナビゲーションを可能にする。これらの機能は、コラボレーション・セッションの間に提起された変更の影響を明確にする際、非常に貴重なものである。問題へのソリューションが明確になったならば、適切な変更の通知を行なったり、正式な実装行為を準備するためにcPDmを使用出来る。

 cPDmの能力は企業の知的資産のマネージメントや開発についてコラボレーティブに決定を行う環境を提供することである。コラボレーション・セッションで使用されるデータは、業務の中で使用している固有な、また複数の製品定義アプリケーションから作成されたものであったり、または下請け、サプライヤ、外部の関係者からのものである。多くの企業は彼等の製品情報をマネージするためにPDMシステムを導入して来た。コラボレーションのソリューションは、それら既存のPDMシステムとのインテグレーションが重要である。

(2013.5.10 改)


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.