PLMisGreen:グリーン製品ライフサイクルを実現する


PLMisGreen:グリーン製品ライフサイクルを実現する(CIMdata解説)
PLMisGreen: Enabling a Green Product Lifecycle (CIMdata Commentary)
2011年3月31日

 近年、あらゆる産業の製造業者は、健康、安全、リサイクル性、また材料のトレーサビリティなどの問題を管理・運営するますます厳しく且つ複雑な規制の拡大している項目に取り組まねばなりませんでした。これらの規制に従うことは、新たなビジネスのいつわりのない真実(Mantra)は「応じるか、あるいは“死”」と言うほとんどの業界での現実なのです。

タフな新グリーンレギュレーション&要件

 長年、法規制の遵守は、材料/成分の正確なコンポーネントあるいは原因の特定を明らかにすることをそれら企業に要求する政府の規制を伴う産業界である製薬品、飲食物、医療機器、および航空宇宙会社に主として適用されました。(例えば、調剤の副作用入院患者、食品リコール、または定期旅客機事故などの特定された問題のケースに於いて)

 かなりの焦点が今、「going green(グリーン実践)」と言う世界中の会社にとって環境規制とサステナビリティーの課題に当てられています。ヨーロッパ連合(EU)には、Waste Electrical Electronic Equipment(WEEE)指令に密接に関係づけられた危険物質に関する制限(Restriction of Hazardous Substance:RoHS)を含むいくつかの最も厳しい規制があります。さらに仔細な指令が、EUの歴史の複雑さと同じくらい多くの複合体について説明される849ページからなる規制のリーチ法(Authorization and Restriction of Chemicals:REACH)です。Life Vehicle(ELV)指令は、クルマが最終的に廃棄される際、そこからの廃棄物の量を減少させることを目的とした別の「グリーン」の指令です。米国の多くと共に中国、日本、韓国、また様々な諸国は、これらの規制の多くを採用したり、ある種の場合は同様のものを構築しています。

 これらの規則に従わないということは、長期に渡って企業を悩ます、あるいはブランドを損ねてしまうことにもなる罰金、刑罰,リコール、また悪い評判などの見地で非常に高価なコストになってしまいます。製品の中の抵抗、コンデンサー、また電源ケーブルなどのような一つの部品が危険性物質の範囲を越えるとある国での販売が禁止されるかもしれません。また、コンプライアンスの証明の遅延は、フォームを探し出し、物質レベルの検証、そして認可の要請などをしている間に商品の発送が遅れてしまうか、または停止することになり、可能性として製品が倉庫の中に積み上げられたままになります。 収益性への影響は甚大であり尾を引きずる事にもなります。

 さらにこれを複雑にするのは、「グリーン」の製品を作ることに関する消費者の見方 (View) と意見 (Opinion) です。製品が適切なる規制全てを満たす必要があるばかりでなく、消費者の変わり続ける目で「グリーン」であるべきことと考慮しなけれなならいことです。これはライフサイクルのサステナビリティ (持続性) のためにデザインに新しくて革新的なアプローチを必要とします。これが製品ライフ (製品寿命) の全ての面を理解しなければならない全体論的 (holistic) なデザイン・アプローチであり、それは環境上のライフサイクルに与える影響を最小にするものです、例えば:

  • 製品は、利用可能な状態で最も環境に優しい ()ことをベースに最も少ない量の原料を使うようにデザインされる 
  • 製品と製造のプロセスは、バーチャル・デザイン、シミュレーション、また最適化され、それにより物理的なプロトタイプを排除したり、量を大きく削減する
  • 製品の作業指示書、アセンブリ指示書、操作マニュアルなどは、電子的に提供される、それにより使用する紙を排除したり、量を大きく削減する
  • 可能な限り最も環境に優しい (eco-friendly manner) 方法で、製品を製造して、出荷する
  • 可能な限り最も環境に優しい (eco-friendly manner) 方法で、製品はサービスされ、リサイクルされる

 このアプローチは広い意味での製品ライフサイクルマネージメントの適用を必要とします、それは首尾一貫し矛盾の無い一連のビジネスプロセスを利用する、また製品のグリーン化 (greenness) を最適にフォーカスしたデータの制作 (creation) とマネージメントとなります。

PLMの重要な役割

 いっそうきびしくなる政府の規制を満たす際に、あまりに多くの手作業や開発の最後の段階に実行され解析などに依存するめに危機に瀕しています。より多くの企業にとって、製品ライフサイクルマネージメント(PLM)は、製品のグリーン化を最適化する上で不可欠にものになっています。PLMのテクノロジーとプロセスは、グリーンの規則と要件の増加している項目に対して集める/まとめ る(compile) 、関連づけ、分析、サポート、そして報告することを組織に可能にしています。

 人々が迅速且つ容易に使用できる形態で情報を必要とする際、その情報に対するアクセスを彼らに与えることによって、PLMのデータマネージメント・ソリューションは、さまざまな製品関連のプロセス(コンプライアンスの検証を含む)のためのデータ交換や効率的な作業フローの統一された経路 (conduit ) として機能します。さらに、シミュレーションと解析、CAD (computer-aided design) 、またその他のPLMが実現するテクノロジーが、製品のグリーン化 (greenness) を真に最適化するために必要とするデータの制作 (creation) と最適化能力を提供しています。

 さまざまなコンプラインス・マネージメントソリューションがここ数年間独立系ソフトウェア・ソリューション会社によって開発されています。PLMソリューション・サプライヤーは、これらニーズを満たすために仕事上の関係を確立するか、あるいは彼ら自身のソリューションのどちらかを展開しています。特定の規制へのコンプラインスに対して的を絞った専門化しているPLMソリューションをもって、ユーザーは、部材、デザインの仕様、またパーツ・リストなどを含むさまざまなからの製品内容について容易に/直ちにチェックすることができます。このデータは開発の初期段階に適切な規制要件や製品のグリーン要件全体に対してクロスチェックできます。

 PLMソリューションで一般的に見られるアナリティクスやリポーティングの機能・能力は、適切な個人への法規制の遵守の状態と結果を伝えることの決定や助けによく使用されことで、企業・法人のリスクを最小限にすることになります。そのようなソリューションでは、製品全体だけではなく、個々のコンポーネントへの合格水準に対して物質的な内容が自動的に分析出来るようになります。レポートは、部材・資材な内容、重さ、製造上の廃棄物やエネルギー使用量、パッケージング構成などための製品のグリーンの目標を追跡するために会社で使用される特別な書式・フォーマットのみならず、適切な政府機関の要件に適応するために自動的に生成出来るようになります。ソリューションもさらに物質の構成要素、しきい値、再生利用可能な内容、その他多くに対する比較、表、およびアナリティク・レポートを提供します。

グリーンのためのデザインを行う価値

 産業全体のコミュニティへの朗報は、現在、すべての産業におけるあらゆる規模の会社がプロセスの最終段階で法規制のコンプライアンスをチェックするというよりはむしろ製品開発のあらゆる段階にそのグリーン・コンセプトを統合するという流れの中にPLMを利用出来ます。そのような統合的アプローチによって、製造業者はプロセスを合理化し、最高価な終段階での変更を避け、その上、様々な政府や市場の要件を満たすと共に、グリーン・デザインを改善・改良する代替方法を切り開くことになります。

 これらのソリューションの価値は、市場へのグリーン製品を効果的且つ迅速に、非適合への負要素のコストを回避したり、また環境課題に於ける優良な会社と自身を確立するなど、現在あるいは来るべき年に大きな競争優位を得るために会社が先見的なアプローチ (proactive approach) を採れるということです。製品ライフサイクルマネージメントへの総合的なグリーンのアプローチは、市場に対してグリーン製品をデザイン、生産、そしてデリバリーすることを会社に可能にするだけではなく、製品の消費者に対して知覚された価値を向上させることを企業に助けることも出来、消費者と会社のために関連のライフサイクルコストを引き下げることができます。PLMは正に真のグリーン・イネーブラーなのです。

(文責:江澤 智、2013.5.30 改)


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.