コラボレーション技術(4)電子メール


 電子メールはドキュメントやイメージも添付でき、文章情報の交換を素早く簡単な方法で提供し、日々のコミュニケーションに莫大な効果をもたらした。郵便でのコミュニケーションの遅れやファックス通信での品質の問題がすべて解決された。

 討論は難しく、長文のメッセージを発生させてしまう。討論の状況やそれによる全体の動きや方向性の理解も難しい。電子メールはリアルタイムでコミュニケートする必要のない人々に非同期コラボレーションを提供する。

 企業の電子メールのソリューションでの添付ドキュメント付きの電子メール送付(場所に関係なく)を行う現在の平均的なコスト:

  • 小規模組織は0.38米ドル(約38円、100円/ドル換算)
  • 中規模組織は0.10米ドル(約10円、同上)
  • 大規模組織は0.03米ドル(約3円、同上)
  • 平均は0.17米ドル(約17円、100円/ドル換算)

 年間当たりの全世界の電子メールのメッセージ数:

  • 1995年 980億
  • 1999年 1兆4090億
  • 2000年 2兆1850億
  • 2005年 6兆9190億

 (出典:IDC,1999年6月)

 電子メール、非常に多く使用されているが非同期コミュニケーションのみを提供する。

(江澤 智、2013.5.10 改)


本件についてのご意見はこちらからお送り下さい。

Your local time is  where you live.

© 1995-2017 MetaLinc K.K.